都市の再開発に人口増加!注目しておきたい全国トップの成長都市「福岡」のいま

ここ最近のニュースを見ていると、福岡市では次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする記事を目にします。実際に、街中を歩いていても、これまでの街並みが変わっていくことを体感できるほどのスピード感で建設が進んでいます。そのように変化が続いている福岡について開発、人口、今後の不動産市場の視点からその姿を考えます。

開発が続き成長していくこれからの福岡市

今年、2023年3月にいよいよ福岡市営地下鉄七隈線が博多駅まで延伸となります。
新たな地下鉄の駅「櫛田神社前駅」もできますし、さらに便利になることで福岡の賑わいに注目が集まってきています。

福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

すでに2019年に開業した「都ホテル博多」、「THE BLOSSOM HAKATA Premier」、2021年には「天神ビジネスセンター」、昨年2022年には博多スターレーンの跡地に複合オフィスビルの「博多イーストテラス」が誕生しています。

その動きは続いており、2023年1月には「福岡大名ガーデンシティ」が誕生(本格開業は6月を予定)、4月には博多駅前にオフィスビルの「九勧末広通りビル」、8月には中洲に「ザ ロイヤルパーク キャンバス福岡中洲」などの施設が続々とオープンしていく予定です。

この動きは建設費の視点でも大きく、なんと国内21都市の2014年〜2019年の着工建築物工事費(予定額)の伸び率で福岡市が全国トップとなるほど。この期間で福岡市内には29,797棟が建ち、その工事費は2兆3,000億円ほどにものぼります。

さらに仙台市の調査によると、東京、大阪、中京の三大都市圏を除いた7つの政令市の中で、コロナ後のオフィス移転、増設先として福岡がトップとなっているとのことでした。

実際、福岡市では、2021年に企業誘致数が過去最多となっており、コロナ禍での東京一極集中からのリスク分散先として注目されていることもその後押し要因の一つとなっているようです。

人口増加中で、住みたい人も多い都市として全国トップの福岡市

福岡市は都市としての成長に加えて、現在も人口は伸び続けています。

『第21回国勢調査』(2020年10月1日実施)において、福岡市の人口は前回から74,680人増え、4.9%増の1,613,361人となりました。
これは政令指定都市の人口の伸びでいくと、人口増加数、増加率ともに首位です。

この影響は周辺地域にも影響していて、福岡市を中心に近郊9市7町を含めた福岡都市圏の人口も今後10年で、現在の259.5万人から、265万人へとさらなる増加が見込まれています。

国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口においても、福岡市は2035年まで増加がされると予想されており、その人口増加率では、なんと東京23区を超えています。

人口増加中の福岡市に加えて、その周辺都市には九州各県からの流入も続いていて、福岡は九州の中心地として今後も人が集まる環境にあるといえます。

さらに「ねとらぼ」集計のアンケート調査においても、「住んでみたい政令指定都市」と「おいしいお店が多いと思う政令指定都市」の2項目で福岡市が一位に輝いています。
実際の人口の増加状況に加えて、調査においても人気がでていることで、福岡にいいイメージを持つ方が多いことが伺えますね。

不動産市場から考える福岡市の価値

開発が続き、人口も増えていく福岡市ですが、不動産市場としてはどうなのでしょうか?
非常に沢山の開発が進んでいるものの、そこから先がどうなっていくのかは気になるところです。

不動産の価値の基準となる地価の中の「公示地価」・「基準地価」において、福岡は高い上昇率を見せています。

まず、基準地価でみてみると、福岡県内の地価は6〜7年連続(全用途、商業地は7年連続、住宅地と工業地は6年連続)で上昇しています。
都道府県別の全用途における地価上昇率では、3.1%増となった福岡県が2年連続での首位となっています。
その中でも、商業地の地価では、福岡県が上昇率4.0%増で全国トップとなりました。

その要因は福岡市のオフィス需要やマンション需要だと言われています。

商業地の地価変動率ベスト10のうち7ヶ所を福岡市が占めた公示地価の調査結果を見てみると、博多区の祇園町、博多駅南、博多駅東、中央区の渡辺通り、清川、天神、東区の名島がランクインしています。
オフィス街となっているエリア、もしくはマンションの建設が進むエリアを中心に地価が上昇している結果が見えてきます。

福岡の不動産市場に詳しい、佐々木不動産鑑定士事務所の佐々木さんによると、現在の福岡のオフィス空室率は4%で、賃料も比較的高めとなっており、オフィス市場は好況。
マンションも次々に物件が増えてきていますが、同時に人口増加もしている福岡では、マンション市場も引き続き好況といえるとのこと。

不動産市場の目線からも福岡の価値は上昇しているといえます。

物件の開発、人口増加、地価の上昇と成長傾向をみせている福岡市、これからの動向にも注目していきたいところです。

 

なお、不動産投資の視点からみた福岡の状況についてはこちらの記事も詳しく紹介されています。

 

成長都市「福岡」の不動産投資は失敗しにくい?
https://en-funding.en-hd.jp/column/column.html?article_id=37

成長都市福岡1-F

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

将来に向けて投資が必要な時代の到来

ところで、都市の将来とともに気になるのは私達の将来。
将来に向けた準備を考えて、準備していくことは大切です。

将来に向けた準備というと、「投資」がまっさきに浮かんできます。
投資というと、なんだか苦手な意識を持つ方も多いと思います。

日銀の発表した資料によると、家計の金融資産にしめる現預金比率はアメリカだと13%、ヨーロッパでは35%、それに比べて日本は52%となっています。
株・投資信託の比率ではそれが逆転し、アメリカが47%、ヨーロッパが25%、日本が16%となっています。
日本では現預金の比率が半数を超えていて、日本人はあまり投資に積極的でない傾向がでています。
このあたりは感覚的にも理解できそうな気がします。

しかし、「貯蓄から投資へ」の政策方針の影響もあり、多くの方が学び始めています。
2022年4月から高校の授業の中で「資産形成」についても触れられるようになり、もはや投資は高校生も学ぶものとなりました。

将来のためにマンション投資がぴったりな理由

将来を考えた投資の一つとして、マンション投資があります。

さまざまな投資商品がありますが、その中でも実物資産への投資を行うマンション投資は会社員の方を中心に、将来に向けた投資の一つとして人気です。
その対象地として、都市として成長している福岡はマンション投資の視点からも今後の成長可能性が高い地域であるといえます。

会社員こそマンション投資がおすすめ

福岡市を中心に30年に渡りマンションの開発、販売を行う株式会社えんの田中課長に、将来への投資として会社員にマンション投資がぴったりな理由を伺いました。


投資の必要性を多くの方が感じている中で、NISAや株式へ関心を持たれる方、実践される方が増えています。
投資をする際にはリスクを考えて、資産構成のバランスをとることが重要です。
○○だけと、一つにするのではなく、いくつもの投資を組み合わせて資産をバランス良く形成していく、マンション投資もその一つの選択肢だと言えます。



マンション投資がNISAや株式投資と違う点は何でしょうか?


毎月の積立をベースに投資額を増やしていく、NISA等に対して、現役会社員だからこその信用力を活かして、ローンを組むことで、早期にマンションを取得し、それを運用して収益を得るマンション投資は、少ない自己資金で高額な資産を保有できる投資です。
会社員としての信用によって、他人資本を活用し、毎月の安定的な収入源を作れるのは魅力です。

退職後にはローンを支払い終わっていることが多いため、年金や他の投資の利益と合わせたもう一つの大きな収入源となっていきます。



その他にマンション投資をおすすめする理由はありますか?


そうですね、生命保険の代わりになる点でしょうか。
ローンを組んだ場合に加入する団体信用生命保険があれば別途生命保険に入る必要がないんです。
保険料の支払いはローン返済額に含まれます。
そして、万が一のときにマンションを家族に残せることから、現役で働く会社員の方に選ばれるポイントとなっています。

 

マンション投資に福岡を選ぶ理由

続いて、同社の徳田課長代理に、福岡がマンション投資の候補地としておすすめな理由について伺いました。


不動産投資を検討する上で、もっとも大事なポイントは「土地」と「人」です。
「土地」の価値が伸びていきやすいのかの視点で福岡を見ると、福岡の地価は東京と比べると安く、それでいて現在は上昇しています。
安く仕入れて、高く売るのが投資の基本ですので、地価が割安である上に、地価上昇が続いている福岡は”買い”といえますね。



なるほど。「土地」と「人」の「人」の点ではいかがでしょうか?


「人」でみていくとは、”土地、物件への需要があるのか”ということです。
価格が安くても人がいなくて、需要がない土地は価値が高いとはいえません。
その点、福岡は政令市の人口増でNo.1となっていますし、この人口増は現時点で2035年までは続く見込みであると予想されています。
また、人口増加の内訳も特徴的で、投資対象のマンションの入居者となる単身者の割合が高いのはとてもいい状況です。



この両者の点をクリアするのでおすすめということですね。


はい、とはいえ、それだけではなく、対象物件の立地や物件の品質はもちろん大切です。
物件が入居者の方が暮らすのに便利な場所に位置するのか、物件の設備が整っているのか、日々の清掃などの建物管理が適切に行なわれているかはしっかりとチェックする必要があります。
ただ、その後ろ支えとなる「土地」と「人」の伸びがあることも同じくらい重要で、それらが揃うことで、入居率の高さや家賃相場の上昇につながり、マンション投資の利益へと繋がります。

このどちらの点でもよい傾向が見えていることが、投資先としての福岡に魅力があるといえる理由です。

 

えん東京セミナー開催概要

本記事でご紹介した内容をより詳しくお伝えするセミナーが東京都内にて開催されます。
ご興味を持たれた方はぜひご参加ください。

不動産投資セミナー『アジアのリーダー都市「福岡」という選択肢 本気で本物の資産作りを目指す』

・開催日時・・・ 2023年 2月22日(水) 19:00 ~ 20:30(18:30 開場)
         2023年 2月23日(木祝)11:00 ~ 12:30 (10:30 開場)
・開催場所・・・ TKP新宿西口カンファレンスセンター 8階
         〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-10-1 ヨドバシ新宿西口駅前ビル(旧称:MY新宿第二ビル) 8階
・参加費・・・ 無料
・参加申込方法・・・ 株式会社えん公式WEBサイト上の申込フォームより
・スケジュール
 ■第1部  『アジアのリーダー都市「福岡」という選択肢 本気で本物の資産作りを目指す』
  講師:徳田 大輔/ 2月22日(水)、田中 浩史/2月23日(木祝)
 ■第2部  『年間平均99.47%の入居率を誇るエンクレストの魅力とは?』
  講師:浜口 雄士
 ■第3部 個別相談会

⇒2月22日(水)開催分に申し込む
⇒2月23日(木祝)開催分に申し込む

参加特典:参加者全員に限定資料をプレゼント!

・販売中物件パンフレット
・福岡・エンクレストまるわかりebook
・マンガで分かるマンション経営「ある黒田家の場合」

こんなことが学べます

・不動産投資のメリット・仕組みを学べる!
・福岡市の最新開発情報を学べる!
・福岡市の将来性・ポテンシャルを学べる!
・福岡市で不動産投資をする魅力を知ることができる!
・人気投資用マンションブランド「エンクレスト」の魅力を知ることができる!

講師のご紹介

<2月22日(水)>
徳田 大輔(株式会社えん課長代理、宅地建物取引士、ライフ・コンサルタント)
佐賀県出身。2014年株式会社えんに入社。

学生のころからバスケットボールを続け、
U-18日本代表の選考会に選ばれるという実力を持つ体育会系男子。

お客さまの潜在的なニーズをくみ取り
お客さまに合った提案をすることに長けており、
“話し上手は聞き上手”という言葉がまさに当てはまるトップセールスマン。

投資用不動産を見極める「正しい判断基準」を
多くのお客さまへ伝えたいという信念を持ちながら、
定期開催しているセミナーでも講師としてわかりやすく解説を行っている。

<2月23日(木祝)>
田中 浩史(株式会社えん課長、宅地建物取引士、ライフ・コンサルタント
熊本県出身。2012年に株式会社えんに入社。

全国のお客様より年間180件以上のご相談を受け、
家計・生命保険の見直し等、ライフプランニングの大切さを伝えている。

セミナー講師としてマネーセミナーを開催しつつ、
自身も一投資家として、これまで培ってきたノウハウを活かしながら、
ひとりひとりのお客様に合った効率の良いお金の運用方法を
お金に関するトレンドを常に押さえつつご紹介。
多くのお客様の「夢の実現のお手伝い」を行っている。

自身の経験やお客様事例、最新情報を交えた提案内容は
お客様から非常に役に立ったという声も多く、人気を集めている。


合わせて読みたい

政令市指定都市ってなに? 福岡市を例に政令市の持つ魅力を解説する!【福岡県福岡市】
>>https://fukuoka-leapup.jp/city/202002.6

福岡市は2021年度、過去最多の64社を企業誘致、2600人の雇用を創出 !【福岡市 経済観光文化局 創業・立地推進部 企業誘致課】
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202209.807

都心開発に沸く福岡市。過去6年の建設投資額は、伸び率で大都市No.1!
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202111.361

『住んでみたい』『おいしいと思う』政令市ランキング、「福岡市」が二冠に輝く!
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202209.806

政令指定都市の人口増加数・率で連続トップ!福岡市人口増加の要因と戦略とは。
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202109.317

マンション化率で東京23区に次ぐ第2位の福岡市。 住みやすさで定評ある超成長都市の秘密に迫る
>>https://fukuoka-leapup.jp/city/202209.811

【基準地価2022】地価上昇率で2年連続、日本一の福岡県をけん引する福岡市の地価動向
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202210.885

【公示地価2022】 商業地の地価上昇率ベスト10中7地点の〝超成長都市〟 ~福岡市にみる、投資に〝魅力〟的な都市の条件~
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202205.574

天神ビッグバンの次はどうなる?不動産鑑定士の目で見る福岡の不動産市場の可能性
>>https://fukuoka-leapup.jp/biz/202301.1065

関連タグ:
#エンクレスト
#不動産
#不動産クラウドファンディング
#不動産投資
#博多コネクティッド
#天神ビッグバン
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP