福岡の推しパン5

福岡のパンマニア「pantiki」が提案!福岡の推しパン⑤

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせたパンマニアの「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンたちを、厳選してご紹介!パン好きさんは、必見ですよ!

クリスマスに食べたい、”ダメな大人”なパン。ラ・ブーランジェリー・ド・ハリマヤの「ベラベッカ」【福岡県北九州市】

 『ダメな大人の格好良さに、惹かれる』

例えば、二日酔いの探偵さんがバーに居るシーンとかね。
あと、めっちゃイケメン(絶世の美女でも可)が、ナポリタン食べて白いシャツにケチャップ飛んで。強がりながらもホントはめっちゃ落ち込んでるとかね。

 

『出来る大人がみせる、ちょっとした自堕落』とか、垣間見せる庶民感って、うんうん、そうね、なんかエロティックというか、セクシーですね。(セクシー系は、当コラムではなかなか出てこなかったワードですね 笑)

 

そして皆さま、実は、エロティックなパンってのが、ございますよ。

エロティックというと誤解も六階もありそうなので、言い換えるならば『アロマティック』とでも申しましょうか。

 

たっぷりと洋酒に漬け込んだ具材たち。それは大ぶりのドライフルーツなのですが、洋梨だったり、無花果だったり、時にはりんご、なんてのも、、、。

それらに加えて、ナッツやレーズンも入り、もはやパンの生地はそれらを繋ぐ『つなぎ』程度の存在で。お蕎麦でいうなら二八、いや外一か。

 

そんな具材たちが織りなす、エロティックかつ、アロマティックな香りと風味と、芳醇な後口。それらを赤ワインと共に楽しみたい、、、

それが、『ヴェラヴェッカ』というパン(発酵菓子)です。

 

これを作るパン屋さん、まだまだ福岡には少ないのです。どちらかというと、パティスリーの方が、まだ作っていらっしゃる方かもしれません。

 

ヴェラヴェッカは、シュトレンの『具材だけをギュウ~っとまとめました』的ないでたちと、味わい。ですので、『シュトレンの外側苦手』な方や、お酒を召し上がる方にも好評なクリスマス菓子なのです。

 

そんな稀有な存在であるヴェラヴェッカ。
筆者イチオシは、ラ・ブーランジェリー・ド・ハリマヤさんのもの。

まずは、まだ認知度の低いこの発酵菓子を『作るぞ!』という意気込みからアプリシエイトしたい。

 

だって、これって、原価率、そーとーなものと思われます。ほぼ具、ですからね。売れ残ったときの心理的ダメージに加えて金銭的ダメージ、かなりボディに効いてくると思うのですよ。

 

ねっとりとした口当たりの中に、ナッツのコリっとした食感が小気味良く、心地よく、、、アロマティックかつエロティックな味わい。

ぜひクリスマスのプランにひとつ加えてみてくださいね。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

ベラベッカ 店舗情報

住所:福岡県北九州市若松区高須東3丁目13−11[map]
営業時間:10:00〜売り切れ次第終了
定休日:毎週水・木曜日(不定休あり)
駐車場:あり
電話:093-741-2525
Instagram:@boulangerieharimaya(https://www.instagram.com/boulangerieharimaya/)
オンラインショップ:https://harimaya2015.thebase.in/

 

 

感動レベルで”自然な味”。スーパーマーケットマキイの「塩パン・木いちご」【福岡市中央区】

ケーキを選ぶときの優先順位って
ありませんか?
わたしは、あります!
が、変わった嗜好なのか、差し入れなどで頂くケーキを選ぶ時も、あまり他の人と被ることがなかった幼少期、いや、今もか?

みんな大好きいちごのケーキ、わたしはそんなに好きじゃなかったんです。

 

大人になった今も、いちごのホニャララ、というお菓子やパンには手が伸びない。
それは、幼い時の理由に加えて、どうしても、いちごのムースやチョコレート等の『いちごの加工品』は、人工的な味・香りに感じてしまうのです。

 

でも、信頼のスーパーマーケット『マキイ』さんでこのパンを見かけた時は、つい手に取ってしまいました。

 

まずは、見た目がとっても好みの『白いふんわりパン』であったこと。しかもこちら、塩パン、と書いてありました。塩が効いてるなんて、まさに好みのど真ん中。

 

そして、次なる理由は、なんと言っても『マキイさんのパンだから』という安心感があったから、です。

 

安心・安全・こだわりの食材を扱うことで有名なスーパー、マキイさん。そのベーカリーやパティスリーでは、基本的にマキイさんで販売されている商品を使っていらっしゃる。もしくは、販売されていなくとも、その確かな選品眼により、原材料は選ばれているのです。

 

そんなマキイスイーツ&パンは、甘さも控えめで、自然と体が受け入れる味。違和感のない味と、おいしさなのです。

その期待通り、こちらのいちごのバタークリームのお味ときたら、、、

 

いやもう、感動レベルで『自然な味』でした。ちゃんと、いちご。
人工的な印象、ゼロ。そして、バターも良いバターなのでしょう、重ったるいことはなく、爽やかなコクと口溶け。

 

ふんわり白い塩パンも、程よくふわふわ、でも素朴な、モソリとした感じが少しする、これがほんとうに良い!違和感あるほどふわふわじゃなくて、ちゃんとパン、『パンらしい』なぁと。

 

これはぜひぜひ、焼かずに生食して欲しい。人工的では無い苺の風味もさることながら、溶けていないバターでも、こんなに爽やかに『噛み締められる』こと、知って欲しいです。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

スーパーマーケットマキイ 店舗情報

住所:福岡県福岡市中央区平尾5丁目19−1
営業時間:24時間
定休日:年中無休
駐車場:あり
電話:092-522-7000
Instagram:@makii.store(https://www.instagram.com/makii.store/)

 

 

キレイな切り込みが生み出す絶妙な食感。iruaruの「パンブリエ」【福岡県久留米市】

カットした方が美味しいものと、かぶりついた方が美味しいものってあるよね。というハナシ。

そのままガブリ!の最たるは、ハンバーガーでしょう。

 

そして、その対局にある、『カットして、一口ずつ口に運んで食べる方が美味しい』もの。

まず浮かぶのは、フレンチやイタリアンの美しいひと皿です。そのいでたちを愛でることなく、箸で摘んでガブリ!とひと口で食べられた暁には、シェフ、泣いちゃうかもしれませんよ。

 

では、パンはどうでしょう?

基本的には、大型パンはスライスして、そのスライスを口に運びます。

ですがこれは、『カットしたひと口ぶん』を口に運ぶというイメージとは違いますよね。小型のパンで、カットしてしみじみと味わいたいもの、、、。

 

筆者にとってのそんなパン、いろいろ浮かんだんですが、今回ご紹介するのが、フランスの伝統的なパン「パンブリエ」です。

キレイな切り込みが入った見た目も魅力的なパン。

ヴィエノワズリー系(めっちゃ端折って説明すると、バターや砂糖がリッチ目な配合のお菓子寄りのパンたち)の中ではブリオッシュの方が知名度がありますが、ブリオッシュほど菓子寄りではなく、『程よくパン感を残しつつ適度にバターやお砂糖も感じる』のがパンブリエ。

例えるならば、パン界の『イングリッシュスコーン』でしょうか?

 

軽食にも、オヤツにもなる。
単体でもトッピング有りでもイケる。

そんな振り幅の広さが、スコーンとパンブリエの共通点かもしれません。

でも、福岡でパンブリエ置いてるお店って、あまり無いんですよ。

オヤツパン的な位置付けのみならず、朝ごパンでもいける、シンプルな味わいのパンです。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

iruaru 店舗情報

住所:福岡県久留米市東櫛原2035半田ビル102号室
営業時間:9:00〜18:00(売り切れ次第終了)
定休日:月・火曜日
駐車場:あり
電話:0942-48-0165
Instagram:@iruaru.kushiwara(https://www.instagram.com/iruaru.kushiwara/)

 

 

昔懐かしい、あのヤドカリ型のパン。月の峠の「コロネ」【福岡県朝倉市】

マジカル◯ナナ♪

バナナと言ったら黄色!
黄色と言ったら、、、

というクイズ番組がありましたね。(ウンジュウネンマエノオハナシ)

 

なぜそんな懐かしいことを思い出したかというと、ふと目にした『好きなパンランキング』で、なんと4位に『チョココロネ』が入っていたからです。

と、言われてもまだ、バナナと言ったら、、、との繋がりがわかりませんよね、はい、すみません。

 

話しはまだまだ続きがありまして。
チョココロネという、最近あまり見かけないパンがランキング入りしていた事実に驚いたのと共に、ある人との会話を思い出したから、です。

 

とある喫茶店にて。
時々お見かけする、知的な青年紳士。歳の頃は40才前後とお見受けする。コーヒーに詳しく、時折、その喫茶店のマスターともコーヒー談議に花を咲かせていらっしゃる。

そんな青年紳士と、ふとしたきっかけで『好きなパンは何ですか』という話をする機会があり、彼が発した言葉というのが『コロネ』だったのです。

 

と、一瞬頬がゆるみそうになったのを必死に堪えた私の脳裏に浮かんでいたのは、紛れもなく『チョココロネ』でした。ヤドカリのカニさん部分がチョコになったような形状の(例え方が下手)あの懐かしい菓子パンです。

『わーそうなんですか?なんだか意外性があって良いですねー』と言うと

『意外ですか?後からクリームを入れてくれるので、まわりがサクサクしてるのが好きなんです』と笑顔で仰る、、、

ん??

チョココロネのクリームあと詰め?周りがサクサク、、、?

そこで漸く気づきます。彼が言っているのはチョココロネではない。コロネ(もしくはクローネ)という名前で、店頭に細長いパイ生地だけが置いてあり、『ご注文後にカスタードクリームをお詰めします♪』と書いてある、あれ、なのだと。

 

逆に気になってきたのは、あの、ヤドカリさんの形のコロネ。若い人はもう、知らないのかなぁ?ということ。

たしかに、今でもあのコロネを置いているお店は、そう多くはないのです。

 

朝倉市秋月にある『月の峠』さんは、カレーパンが有名ですが、今でもあの形状のコロネを販売してくださっている、貴重なお店のひとつ

天然酵母のふわもちっとした生地に、たっぷりのクリーム♪ しかも、中のクリームはキャラメル、チョコ、抹茶、、、etc と季節ごとに変わるので、訪れた日は何だろう?という楽しみも!

 

そして件の青年紳士との会話ですが、あれはパンという括りに入るのかな?

クリーム後詰めのパイは、ケーキ屋さんによくあるサービスなのでは?と思ったりもしたけれど、話の腰を折りそうだと思い、それらの発言は飲み込んだのでした、、、笑

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

福岡 パン屋 月の峠

住所:福岡県朝倉市 秋月380 秋月眼鏡橋前
営業時間:【平日】12時開店〜17時30分 /【土日・祭日】11時開店〜17時
定休日:不定休
駐車場:あり
電話:0946-25-1115
HP:https://www.tsukino-toge.com/
Instagram:@tsukinotouge(https://www.instagram.com/tsukinotouge/)

 

 

ギャップがズルい…。山道の中に突然現れる、わかさ農園の「りんごのパイ」【福岡市西区】

寡黙な人って羨ましい

そう思う時。

基本的によく喋る。且つ、そういうキャラとして周知されてしまっている。そんな私が、黙っている、もしくはあまり積極的に会話に入ってこなかったりすると、『なんか、怒ってますか?』とか、『元気ないね?』と心配されたりします。

 

実際はそんなことはなく、話題についていけないだけとか(食べ物以外の情報にはてんで疎い)、眠いとか(←失礼)大したことない理由だったりするわけですが、気を遣わせてしまって申し訳ないなぁと思います。

 

それに引き換え、元々寡黙とか、塩対応とか、そういうイメージが強い人だと、ちょっと微笑んだだけで、相手がめっちゃ喜んだり、少し優しくしただけで、ほんとは良い人なのねー!と言われたり。

、、、なんかズルい(嫉妬 笑)

 

そんな嫉妬は置いときまして、そういう『ギャップ』

パンやお菓子の世界にも、あるかもなぁって思いました。      

 

見るからに美味しそうなパンは、無意識に、味へのハードルが上がってしまっている。逆に、見た目が地味~な、シンプルパンたちはその点、有利なのかもしれない。

ですが今回は、さらにその逆!?(なんだかめっちゃわかりづらいぞ)

派手そうに見えて地味、滋味。もっとパッフーン!と爆発するような派手なおいしさを想像していたら、じんわり噛み締めたくなるような、滋味深く、おくゆかしい美味しさだったという。

 

わかさ農園さんのりんごのパイは、全粒粉のクロワッサン生地に、長野のりんごが並べられた見た目も可愛らしいヒトシナ♪

佇まいから想像していたのは良い意味で『お母さんの手づくり♪ホッコリ甘~いアポーパイ』的なもの。

 

ですがですが!

食べてみると、ザックリザクザクの全粒粉の生地は、少し塩を効かせた『粉を味わってちょうだいな!』の本格派

 

フィリングも、甘~くクタクタに煮詰めるのではなく、りんごの甘味も活かしたさっぱり目の仕上がりになっているので、粉の甘味もりんごの素材感も味わえる、『ガチで硬派な仕上がり』となっております。

購入したパンは奥の喫茶でも頂けるので、ドライブ途中の『パン休憩』に、ついつい立ち寄りたくなるのでした(^-^)

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

わかさ農園

住所:福岡県福岡市西区吉武812-11 金武日向峠、県道49号線 
営業時間:10:00 ~18:00(喫茶は11:30 〜)
定休日:月〜金曜日(土、日のみ営業)
駐車場:あり
電話:092-811-4524
Instagram:@wakasa_farm(https://www.instagram.com/wakasa_farm/)

 

合わせて読みたい

福岡のパンマニア「pantiki」が提案!福岡の推しパン①
https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202209.844

 

福岡のパンマニア「pantiki」が提案!福岡の推しパン②
https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202210.855

 

福岡のパンマニア「pantiki」が提案!福岡の推しパン③
https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202211.968

 

福岡のパンマニア「pantiki」が提案!福岡の推しパン④

https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202302.1145

 

 

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP