働きながら始める不動産投資

【PR】会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

人生100年時代といわれる今、健康で長く働くことを考えるとともに、生涯お金に困らない資産形成プランを立てることがとても大切です。その不安を解消するために、不動産投資を始めてはみてはいかがでしょうか。「何から始めればよいか分からない」「難しそう」「リスクが高そう」といった声が聞こえてきそうですが、実は会社員にこそ不動産投資がおすすめなんです。本記事では会社員に不動産投資がおすすめの理由と、どのような投資の種類があるのかなどをわかりやすく解説します。

会社員が不動産投資に向いている理由

あなたが会社員なら、今から不動産投資を行うメリットがたくさんあります。
会社員だからこそ不動産投資を始めるべき理由を、分かりやすく4つのポイントで解説します。

 

 

銀行からの融資を受けやすい

不動産投資を行う場合、多くの方は金融機関でローンを組んで始めます。
安定して給与を得られる会社員であれば返済する能力があると認められ、融資が受けやすくなります。

 

 特に、年収500万円以上で勤続年数が3年以上の場合は、優良顧客と判断され、より融資を受けやすい傾向にあります。

 

 

本業との両立がしやすい

会社員が仕事をしながら不動産投資を行うと、不動産の維持、管理などに時間を割くことが難しいものです。
しかし管理会社へ依頼すれば、不動産投資にかかる時間はほとんどなく、本業に集中できます。

 

 

年金不足の対策ができる

不動産投資は老後の年金不足の対策として期待できます。
ローン完済後に家賃収入を定期的に獲得でき、将来、年金だけでは不足する金額を不動産投資で補うことが可能です。

 

 

生命保険の代わりになる

金融機関から融資を受け取った場合、団体信用生命保険に加入するため、これが生命保険の代わりになります。

 

団体信用生命保険は、ローン返済中に死亡、もしくは高度障害など不測の事態となった場合に、保険金によって残りのローン支払いがなくなるものです。
そのため、残された家族に債務のない不動産を残せ、不動産収入を得ることも可能です。

 

 

生命保険としての不動産投資についてはこちらの記事が参考になります。

 

生命保険の支払と同じくらいの金額で保険にマンションがついてくる!?20代から考える将来のための不動産投資

 

 

 

不動産投資の代表的な3種類とは?

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産を購入し、運用することで利益を得る仕組みの投資のことをいいます。
どのような種類の不動産投資があるのか、基本の3種類をご紹介します。

 

 

一棟マンション・アパート投資

マンションやアパートを一棟丸ごと購入し、賃貸経営によって家賃収入を得る方法です。

 

満室の場合は利益が大きくなりますが、空室の場合は収入が大きく減ってしまいます。

また一棟丸ごと購入するため初期投資が高額となり、物件金額の20%前後の自己資金が必要です。
ほかに大規模修繕の計画や積立は自身で行わなければならず、維持管理費もかかります。

 

 

区分マンション投資

マンションを1部屋単位で購入し、賃貸経営によって家賃収入を得る方法です。

 

一棟マンション・アパート投資に比べると投資金額も低く、自己資金も少額で始めることができます。
ただし収益は一部屋単位のためそこまで大きくはありません。
区分マンションを複数購入して収益を上げながら、リスクを分散することも可能です。
大規模修繕計画は事業者が計画済みの場合がほとんどです。

 

 

戸建て投資

戸建ての物件を購入し、賃貸経営によって家賃収入を得る方法です。

 

賃貸ニーズが高いとは言えませんが、家族連れの利用が多く、一度入ると入居期間が長いことから、リスクはさほど高くありません。
ただし戸建て投資用の融資というものはあまりなく、ご自身が住んでいた物件を賃貸に出すという方が多いです。
また木造住宅の場合、老朽化により修繕費が高くなってしまうことも珍しくありません。

 

 

 

どれがいいのかわからない!そんな時は、目的によって検討を

どんな不動産投資があるのかわかったものの、自分に適した不動産投資がわからない場合は、目的によって検討するとよいでしょう。

 

生命保険の代わりとして

団体信用生命保険(団信)は生命保険の代わりになるため、すでに加入している生命保険を見直すことができます。
金融機関によって「がん団信」や「三大疾病保証付き団信」、「介護団信」等、さまざまなタイプの団信を取り扱っているため、広範囲で保障内容をカバーすることができるのも魅力といえるでしょう。

 

 

相続税の節税対策として

相続税を抑えるために、資産を現金ではなく、不動産にしておくとよいでしょう。
不動産を相続する場合、相続税は不動産の評価額から計算されますが、不動産評価は実際の取引金額の7割程度が目安(一定の条件を満たせば5割をきることも)。
資産が大きいほど相続税対策として効果的です。

 

ただし、1棟マンション・アパートまたは戸建ては分割しにくいというデメリットがあります。その点、区分マンションは1部屋単位なので、遺産分割に適しているといえます。

 

 

 

最もハードルが低いのは「区分マンション投資」

総合的にみて、結局どれが一番おすすめなのか。結論からいうと、以下の4つの理由から「区分マンション投資」が最も取り組みやすいと言えるかもしれません。

 

・初期費用を抑えられる

・管理の手間が少ない

・大幅な修繕費用が発生しにくい

・流動性が高い

 

 ただし区分マンション投資が最も少額から始められるというものの、それでも1,000万円以上かかることがほとんどです。

 

 

初めての不動産投資で多額な投資をするが不安な方や、初期費用を抑えたい方は、少額から投資できる「不動産クラウドファンディング」という選択肢を視野に入れてはいかがでしょうか。
最近では1万円から投資できる事業者も増えてきました。そのためまとまった資金が必要なく、すぐにでも始められます。

 

 

 

これから必要になってくる投資2

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

博多駅南FIT

博多エリアまで9分、全161室の大型デザイナーズマンションで不動産投資はじめてみませんか?

Sponsored

不動産投資が学べる漫画など特典プレゼント中

漫画だから分かりやすい。
不動産投資が学べる特典を無料プレゼント。

お申込みは下記から。

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

関連タグ:
#エンクレスト
#不動産
#不動産クラウドファンディング
#不動産投資
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP