市役所北別館跡地と隣接地の一体開発で18階建てビルが2026年6月完成予定【福岡市中央区】

福岡市・天神において福岡地所株式会社を代表とするグループが整備する福岡市の『北別館跡地活用事業』は、隣接地で福岡地所が開発する『メディアモール天神(MMT)』跡地と一体的に開発していきます。北別館跡地を管理する福岡市は2022年12月22日、『北別館跡地活用事業 事業計画の変更等について』を発表しました。今後、どのような都心再開発になるのか、概要を紹介します。


(画像提供:福岡地所)

『天神ビジネスセンター』と並び立つビル

今回の一体開発で福岡市役所北別館跡地およびMMT跡地などとの合計4,085.08平方メートルの敷地に地上18階・地下2階建ての複合オフィスビルが誕生する。
高さ88メートルとなる新ビルの延べ床面積は6万3,206平方メートルだ。

新ビルの延べ床面積は、福岡地所が2021年9月に完成させた『天神ビジネスセンター(同6万1,100 平方メートル)』を上回る広さとなる。

計画する新ビルの地下2階~地上5階(9,150平方メートル)に吹き抜け空間や交流スペースをつくり、周囲の地下通路とも接続する。
また、災害時の帰宅困難者ステーションも設ける。

オフィス層のうち、6~7階(5,100平方メートル)は、内装付きオフィスフロアとなる。
8~18階(2万8,500 平方メートル)は、『ハッカブルオフィス』と呼ばれる、床・天井を未施工(=ハッカブル)で引渡す自由度の高いハーフスケルトンオフィス仕様だ。

2023年10月に着工し、2026年6月に完成。同年8月からの運営開始を目指す。

デザイン性の高いガラス張りである新ビルが完成すると、天神ビッグバンの規制緩和第1号である天神ビジネスセンターと共に並び立ち、天神ビッグバンを象徴するビルとなる。

北別館跡跡地活用事業の計画変更で隣接地と一体開発へ

従来、北別館跡地とMMT跡地は別々に開発する予定だった。

北別館跡地活用事業では当初、1976年に完成した地上9階・地下2階の福岡市役所北別館の跡地を対象としていた。

福岡市が関連事務所を再編した結果、北別館跡地の公共利用予定がなく、都心部の一等地に位置して高い資産価値を有するため、福岡市は民間への貸出による『北別館跡地活用事業』を公募した。
そして、福岡地所株式会社を代表とするグループによる地上19階・地下2階建てのオフィスビル建設案が選ばれた。

同グループは、代表企業の福岡地所を筆頭に九州電力株式会社、株式会社九電工、前田建設工業株式会社、株式会社俊設計、株式会社旭工務店、株式会社サン・ライフを構成企業とする。

一方、MMTビルは1979年、東急不動産グループの複合商業施設として開業した。
当初、地上9階・地下3階建ての建物の地階~地上4階に『天神東急プラザ』、5~9階に『天神東急ホテル』が入居していた。
その後、地場不動産会社が取得して商業施設『マルチマート天神(MMT)』となる。
一時期、ベスト電器が福岡本店建替工事中の仮店舗として使用した。

1997年から天神ビブレの別館『天神ビブレ2』となった。
2001年11月に低層階に大手書店『ジュンク堂書店(淳久堂書店)』、高層階に専門学校『ヒューマンアカデミー』などが入居する『メディアモール天神(MMT)』となる。
2016年に福岡地所が、土地・建物を取得していた。

北別館に隣接するMMT跡地との一体開発への事業計画の変更は、福岡地所から福岡市に提出して今回、計画変更が認められた。

一体開発については、『歩行者の安全性向上』や『地下通路接続の拡充』、『都市災害対応力の強化』など利便性やまちの魅力向上につながる点が評価された。
さらに土地貸付料も変更に伴って8%増となる年間2億1,751万円に増額されている。
今後、60年間の定期借地契約を結ぶ予定だ。

【 参照サイト 】
北別館跡地活用事業 事業計画の変更等について
https://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/80460/1/kitabekkan_keikakuhenkou.pdf?20221221175229

物件概要

所 在 地/福岡市中央区天神1丁目76-1
用    途/ハッカブルオフィス、内装付きオフィス、アクセラリウム -ナレッジ・ハブ -リフレッシュ・パーク-コミュニティ・ハブ
事業主体/福岡地所、九州電力、九電工、前田建設工業、俊設計、旭工務店、サン・ライフ
階    数/地下2階 ・地上18階
敷地面積/4,085.08 ㎡
延床面積/6万3,206 ㎡
着    工/2023年10月頃
完    成/2026年06月頃
備   考/福岡市役所北別館跡地とメディアモール天神(MMT)跡地、最高高さ88.20m

 

合わせて読みたい


博多駅から徒歩5分の駅前3丁目に最新鋭の中規模ハイグレードオフィス『九勧末広通りビル』が4月完成予定【福岡市博多区】
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202301.1066


福岡市民会館の建て替えと須崎公園のリニューアルによる「福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備」が進行中【福岡市中央区】
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202212.1027


市役所北別館跡に19階建て・高さ88mの地下1階~地上5階の5層吹き抜けをもつ新ビルが誕生【福岡市中央区】
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202212.994

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

関連タグ:
#ビジネス
#まちと暮らし
#天神ビッグバン
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP