ショッピング以外も楽しめる、福岡の「商業施設」4選

いよいよ夏休み。外に遊びに行くのもいいけれど、この暑さ…本当にいやになっちゃいますよね。ショッピングモールなら暑さの心配もなく楽しめますよ。ということで、今回は、家族みんなで1日中楽しめる「商業施設」をご紹介します!

アスレチックやマルシェまで!魅力満載の「マリノアシティ」


九州最大級のアウトレットモール・マリノアシティ福岡は、福岡市の中心部・天神からバスで約30分で到着でき、ヨットハーバーである西福岡マリーナに隣接。海をのぞむリゾート感満載のロケーションでもあることから、2000年創業時のキャッチコピーが「アーバンリゾートエンターテインメント施設」です。


2004年にアウトレットⅡ棟、2007年にⅢ棟と増床を重ね、今や約160の店舗・施設が並びます。そして、2019年には、国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設「ノボルト」が登場したり、たびたび「マルシェ」が行われていたりと、ショッピング以外の魅力もたくさん。

【マリノアシティ福岡
住所:福岡県福岡市西区小戸2-12-30
電話番号:092-892-8700
HP:https://www.marinoacity.com/
▼くわしくはこちらの記事をチェック

https://fukuoka-leapup.jp/tour/202102.204

まるでひとつのまち?!25年間輝き続ける「キャナルシティ博多」

福岡市の中心部は、商業施設が集積する「天神」、ゲートウェイである「博多駅」といわれますが、キャナルはその間に位置し、カネボウ工場跡地を構想より18年の歳月をかけて開発。1996年にオープンしました。文字通り運河(キャナル)が施設の中心を流れ、商業施設に加え2つのホテル、映画館、劇場、ビジネス棟など7つの建築棟による複合施設は約43,500㎡の壮大な規模を誇ります。
 
こちらもマリノアシティ同様、ショッピングを楽しむだけのスポットではないのです。

例えば、今ではキャナルのシンボルとなった、毎時00分と30分に行われる噴水ショー「ダンシングウォーター」。昼もいいですが、夜のカラフルなライトを浴びながらの噴水ショーも圧巻です!


2001年には、地元・福岡や全国の人気店のラーメンが一堂に集結する「ラーメンスタジアム」も開業するなど、グルメスポットとしての機能も果たしています。
そして、2011年にはファストファッションが勢揃いするイーストビルがオープン。「普段遣いからお土産まで何でも揃う」商業施設として、利用されるようになりました。

【キャナルシティ博多】
住所:福岡県福岡市博多区住吉1-2
電話番号:092-282-2525
HP:https://canalcity.co.jp/

▼くわしくはこちらの記事をチェック

https://fukuoka-leapup.jp/tour/202101.185


野球+エンタメ要素たっぷり!「BOSS E・ZO FUKUOKA」

2020年7月21日にオープンした「BOSS E・ZO FUKUOKA」は、日本初の絶景アトラクションやバーチャルコンテンツ体験、スポーツミュージアムなどが集まり、コロナ対策を取りながら、人気を博しています。福岡 PayPayドームに隣接し、世界に誇る「楽しいbaseballパーク」になることを目指したこの施設。



「王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD」をはじめ、日本初、ビルの屋上に設置されたレールコースター「つりZO」や地上40mから一気に滑り降りる「すべZO」、最高到達点が地上約50mにもなるクライミングウォールの「のぼZO」の絶景アトラクション「絶景3兄弟」、そして、「チームラボフォレスト – SBI証券」など…とにかく年齢問わず楽しめるスポットが満載なんです!
 
【BOSS E・ZO FUKUOKA
住所:福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6
営業時間:9:00~24:00 (土日祝 8:00~24:00)
HP:https://e-zofukuoka.com/

▼くわしくはこちらの記事をチェック

https://fukuoka-leapup.jp/city/202008.111


2022年4月25日開業!九州初の「ららぽーと福岡」

ファッションや食、エンターテインメントといった要素で構成された、ショッピング以外の楽しみも充実した施設「ららぽーと福岡」。JR博多駅から南東方向に約3.5kmの場所にあり、立地よさも魅力のひとつ。


キッザニア福岡イメージ図(画像提供:KCJ GROUP) 


「実物大νガンダム立像」イメージパース図(画像提供:創通・サンライズ)

子どもの職業・社会体験施設「キッザニア」や木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」、Mr.Childrenの桜井和寿とGAKU=MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じてさまざまなコミュニケーションを創造する団体「MIFA」(Music Interact Football for All/ミーファ)が運営するフットボール施設「MIFA Football Park 福岡」や施設正面に立像もお目見えする「ガンダムパーク福岡」など、とにかく様々な目玉施設があり、子供から大人まで1日中楽しめるスポットです!

【ららぽーと福岡】
住所:福岡県福岡市博多区那珂6-23-1
電話番号:092-707-9820
HP:https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/fukuoka/

▼くわしくはこちらの記事をチェック

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202110.355

【番外編】福岡のショッピングモールあるある3選

〜「マークイズ福岡ももち」が広すぎて今どこにいるのかわからなくなる〜
など、山田全自動さんによる、ショッピングモールあるあるはこちらをチェック▼

https://fukuoka-leapup.jp/common/202208.720

どのショッピングモールも家族連れでも楽しめる場所ばかり、しかも1日では足りないほど、楽しむためのスポットや仕掛けが満載なんです!ぜひ夏休みに足を運んでみてくださいね。

★合わせて読みたい

【福岡観光完全ガイド】福岡を遊び尽くす2泊3日のモデルコース決定版 ~糸島から海の中道~


【福岡空港完全ガイド】旅も遊びも!最新施設から周辺スポットまで!福岡空港の楽しみ方

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#商業施設
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP