福岡「最新中洲屋台3軒ガイド2023」中洲エリアに新規オープン

福岡市の「第4回屋台公募」にて選定された屋台13軒。長浜7軒・天神3軒・中洲3軒、2023年6月と7月に続々オープン。その中から今回は、西日本最大級の繁華街・中洲エリアの新しい屋台3軒をご紹介します。

福岡市・中洲エリアにオープンした新しい屋台3軒

中洲屋台

 

福岡市の屋台は天神・中洲・長浜と3エリアに分かれ、100軒を超える屋台が現在営業しています。

 

中でも「中洲エリア」の屋台は、西日本最大級の繁華街中洲周辺に位置し、観光客に人気の屋台街。

 

那珂川沿いに軒を連ねる屋台の光景は、全国のTV番組でも頻繁に紹介される場所です。豚骨ラーメンや焼き鳥、餃子など王道な福岡名物グルメが揃っています。

 

今回は、中洲エリアの屋台に注目し、20236月と7月に新規オープンした新しい屋台3軒をご紹介していきます。

 

中洲新規屋台マップ

 

1. これぞザ・屋台!福岡名物グルメが勢ぞろい「えんまんや」/博多区中洲

中洲屋台えんまんや

 

那珂川沿いにずらりと軒を連ねる中洲屋台(清流公園内)に新しく仲間入りした「えんまんや」。

 

地元食材にこだわった、豚骨ラーメン・焼きラーメン・羽根付き餃子など福岡名物グルメがラインナップされたザ・屋台が体験できます。

 

中洲屋台えんまんや大将

 

「中洲エリアの屋台は忙しいというイメージがあるので、もっと会話を楽しんでゆっくり食事をしてほしい」という想いから、店主の古家(ふるや)さん自ら並ぶお客さんに声をかけたり、メニューの説明をしたり、接客を店主が行う親切な屋台。

 

中洲屋台えんまんや焼きラーメン

 

オススメの焼きラーメン 1,000円は、博多ラーメンならではの細麺と地元食材の野菜が、とんこつスープに絡んで旨い!の一言。

 

中洲屋台えんまんや明太玉子焼

 

豚骨スープを混ぜた卵に巻かれたフワッフワな豚骨明太玉子焼き 800円など、福岡名物グルメにも一工夫。

 

中洲屋台えんまんや豚骨ラーメン

 

定番のパリパリ羽根付きギョーザや博多豚骨ラーメンもあり。一期一会をモットーに、みんなで“円満”な空間が楽しめる屋台です。お気軽に!

 

—–おすすめメニュー
福岡名物グルメのオールスターズ!
・博多ラーメン 750
・ネギラーメン850
・チャーシューメン 950
・焼ラーメン 1,000
・焼き明太子 700
・つまみ焼チャーシュー 800
・羽根付き焼ギョーザ 700
・豚骨炊きギョーザ 800
・豚骨明太玉子焼き 800
・あまおうレモンサワー 600
・あまおうスカッシュ 400円 など

 

【えんまんや】
■福岡市博多区中洲1-8清流公園内

 

 

2. 最年少のフレッシュ屋台!「博多屋台 繋々(つなつな)」/博多区中洲中島町

中洲屋台つなつな

 

地下鉄中洲川端駅の北側、中洲中島町にある、ひときわ賑やかな声が聞こえてくる屋台が「博多屋台 繋々(つなつな)」。

 

和牛もつ焼きやもつ煮込みなど、新鮮な福岡の食材を使った料理と豊富な種類のお酒を楽しめるアットホームな屋台。

 

中洲屋台つなつな大将

 

「まだ屋台に行ったことがない若い方でも入りやすいように」という想いから、福岡の屋台、最年少店主 小川さんが営む屋台。屋台初心者一人でも入りやすい雰囲気が魅力。

 

中洲屋台つなつな和牛もつ焼き

 

和牛もつ焼き1,300円は、プリっぷりのもつやセンマイがたっぷり入ってボリューム満点。

 

中洲屋台つなつな和牛もつ煮込み

 

和牛もつ煮込みは、ご自慢の一品。じっくり煮込まれて味が染み込んだもつで、まずは一杯。

 

中洲屋台つなつな山芋鉄板明太子

 

山芋鉄板明太子入りやとん平焼きは、若い人にも人気メニュー。一人で行っても楽しめるような、人と人が繋がる空間を提供する屋台です。

 

—–おすすめメニュー
福岡ならではのメニュー多数!
・和牛もつ焼き 1,300円
・和牛もつ煮込み 700円
・和牛もつ焼きちゃんぽん 1,100円
・焼きかしわおにぎり茶漬け 600円
・だし巻き卵 明太入り 700円
・山芋鉄板 明太入り 700円
・炊き餃子 750円
・焼き明太 700円
・とん平焼き 900円 など

 

【博多屋台 繋々(つなつな)】
■住所: 福岡市博多区中洲中島町1
■最新情報など詳細はインスタグラム@hakatayatai_tsunatsunaより
https://www.instagram.com/hakatayatai_tsunatsuna/

 

 

3. 季節で一番美味しいもので“攻める屋台”「ウルトラC」/博多区中洲中島町

こちらも地下鉄中洲川端駅の北側、中洲中島町にある屋台「ウルトラC(シー)」。

 

中洲屋台ウルトラC

 

キラキラ光る「ウルトラC」の看板に、入る前からワクワクが止まらない屋台。メニューは、九州産の野菜や肉、素材そのものの美味しさを楽しめる串カツがメイン。

 

中洲屋台ウルトラC大将

 

「その季節で一番美味しい野菜を使った串カツで、いつ来ても季節を感じてもらえる屋台を」という想いで、店主の日笠(ひがさ)さんが前職の飲食経験で一番旨いと思った料理が並ぶ。

 

中洲屋台ウルトラC串カツ

 

薄い衣で軽やかな口当たりの串カツ。おまかせ3本盛り合わせ700円(写真は2人前)。ナス、アスパラなどの野菜の他、雲仙ハムなどお肉も味わえます。メニュー内容は季節によって異なります

 

中洲屋台ウルトラCとうもろこしの唐揚げ

 

一品料理も季節の野菜を使ったメニューが揃う。素揚げや茹でなど、最低限の味付けで素材の味を活かしたメニューもたくさん。

 

中洲屋台ウルトラC茹でアスパラ

 

最高の美味しさ、屋台のウルトラCを目指して中洲エリアへ。

 

—–おすすめメニュー
素材の旨味を最大限に活かした串カツメニュー!
・豚バラ 300円
・雲仙ハム 400円
・牛ホルモン 300円
・ねぎま 300円
・大きなカニかま 300円
・イカ 250円
・ナス 200円
・アスパラ 250円
・うずら 250円 など
一品メニューも素材を活かしたメニュー!
・茹でアスパラ 450円
・トウモロコシの唐揚げ 550円
・かまぼこバター 500円
・ニラたま 450円
・和牛もつ煮込み 700円
・おいしいソースの素ヤキソバ 500円 など

 

【ウルトラC (シー)】
■住所: 福岡市博多区中洲中島町1
■最新情報など詳細はインスタグラム@ultrac2023より
https://www.instagram.com/ultrac2023/

観光客・地元民にもおすすめ!中洲エリアの新屋台

今回は、中洲エリアの新規オープンの屋台に注目しご紹介しました。

 

中洲エリアの屋台は、観光客の方が多いイメージもありますが、今回ご紹介した中洲中島町の屋台は、同じ中洲エリアでも少しゆっくり飲むことができます。観光客にも地元の方にもおすすめです。

 

どこにいったらいいか?分からない初心者の方は、下記屋台マップを活用してぜひ!(※メニューや料金は取材当時のものです。)

 

▼福岡市屋台マップ
https://yokanavi.com/yatai/

 

 

あわせて読みたい「2023福岡新規オープン屋台」記事

▼福岡市「新しい屋台13軒完全ガイド長浜・天神・中洲2023」
>>https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202309.15049

▼長浜屋台街の最新屋台ガイド2023
>>https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202306.7336
長浜屋台街2023オープン
▼天神エリアの最新屋台ガイド2023
>>https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202308.13553
天神屋台2023オープン

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#福岡グルメ
#福岡ソウルフード
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP