日本初上映の作品も。10/21〜Asian Film Joint 2022開催!〈場〉に宿る時間や文化をテーマに、アジアの新旧映画を14本上映。

映画を通じて福岡とアジアの関わりを継続・発展させていくことを目的に、映画の上映企画やフォーラムを開催するプロジェクト「Asian Film Joint」が今年も開催されます。第2回となる今回のテーマは「場に宿るもの」。福岡市フィルムアーカイヴと併設する映像ホール・シネラをメイン会場に、7本の日本初上映+2本の九州初上映を含む計8プログラム・14本のアジア映画を上映します。

この記事の目次

Asian Film Jointとは


開催概要


上映プログラム


プログラム① 〈風景〉に宿るもの|飯岡幸子 


プログラム② 王国(あるいはその家について)|草野なつか


プログラム③ 都市開発と映画|タイ


プログラム④ 都市開発と映画|シンガポール


プログラム⑤ 関係しなおし | グエン・チン・ティ


プログラム⑥ ポスト・アジアフォーカス2022|神保慶政


プログラム⑦ フィルムアーカイヴ


プログラム⑧  フィルムアーカイヴ | 特別上映


【イベント企画】世界視聴覚遺産の日 特別イベント


【関連プログラム】アジア・シネマ・アンソロジー × Asian Film Joint 2022


AsianFilmJoint 2022 セレクト


飯岡幸子 セレクト


草野なつか セレクト


福岡市フィルムアーカイヴについて


主宰:三好さんからのコメント


関連タグ:
#福岡映画
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

フクリパ編集部
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

TOP