【画像】天神ビッグバン番付

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

天神ビッグバンで最も高いビルは? 容積率が最大の建物はどれ?

福岡市の都心再開発プロジェクトである『天神ビッグバン』では、更新予定ビルの建替工事も急ピッチで進み、徐々にその輪郭が見えつつあります。2023年12月1日時点で天神ビッグバンボーナスが認定されたビルは8棟です。これらの建物のうち、最も容積率が大きかった建物や最も高いビルは、どれなのでしょうか。

容積率で最大は福ビル街区建替プロジェクト

福岡市Webサイトに掲載されている『天神ビッグバンボーナス』ページでは、認定を受けた8棟のビルが紹介されている。
魅力あるデザイン性に優れたビルにインセンティブを付与するという天神ビッグバンボーナスの認定ビルは、次の通りだ。

 

01.天神ビジネスセンター
02.福岡大名ガーデンシティ
03.(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画
04.福ビル街区建替プロジェクト
05.(仮称)天神一丁目北14番街区ビル
06.(仮称)住友生命福岡ビル・天神西通りビジネスセンター建替計画
07.(仮称)天神1-7計画
08.(仮称)天神ビジネスセンター2期計画

 

 

上記8棟のビルのうち、敷地面積で最大だったのは、福岡大名ガーデンシティの1万1,900平方メートルだった。
その後に福ビル街区建替プロジェクトの8,600平方メートル、(仮称)天神1-7計画の4,640平方メートルが続いた。
一方、延床面積については、福ビル街区建替プロジェクトの14万7,000平方メートル、福岡大名ガーデンシティの91,400平方メートル、(仮称)天神1-7計画の74,020平方メートルが、トップ3の順位となっている。

 

 

なお、参考までに建物の敷地面積に対する申請段階の延べ床面積の割合である容積率におけるトップ3は、福ビル街区建替プロジェクト1709%(仮称)天神1-7計画1595%、天神ビジネスセンター1560%だった。
天神ビッグバンにおいて容積率が最大の建物は、福ビル街区建替プロジェクトとなっている。

 

なお、福岡市Webサイトの『天神ビッグバン』ページによると、天神ビッグバンがスタートした20152月から2023年3月末までに天神ビッグバンエリア内における建築確認申請数は63棟になっている。同じく竣工棟数は、2023年3月末時点で52棟だった。

 

【画像】天神ビッグバン番付

 

 

 

最高は(仮称)住友生命福岡ビル・天神西通りビジネスセンター建替計画の113m

先述の8棟のビルのうち、地上階での階数をみてみると、福岡大名ガーデンシティ25階(仮称)住友生命福岡ビル・天神西通りビジネスセンター建替計画24階、(仮称)天神1-7計画20階が、トップ3の順番だった。
一方、ビルの高さについては、階数と逆転して(仮称)住友生命福岡ビル・天神西通りビジネスセンター建替計画の113メートルがトップに躍り出た。その後に福岡大名ガーデンシティ111メートル、福ビル街区建替プロジェクト97メートルが続く展開となっている。

 

 

国家戦略特区である福岡市では、航空法による高さ制限が緩和されている。
天神ビッグバンのエリア内のうち、天神明治通り地区の東側は約76メートル〜約100メートルに緩和されている。
また、渡辺通り沿い東側にある天神1丁目地区(約2.3ヘクタール)は緩和されて、約80メートル〜約96メートルだ。
一方、天神明治通り地区の西側および旧大名小学校跡地は、約115メートルに緩和されている

 

 

天神ビッグバンに関しては、20219月に天神ビジネスセンターが完成したのを皮切りに福岡大名ガーデンシティが、20233月に完成した。
今後、2024年12月には、(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画、福ビル街区建替プロジェクトが完成する予定だ。
そして、2025年3月に(仮称)天神一丁目北14番街区ビル、同年5月には(仮称)住友生命福岡ビル・天神西通りビジネスセンター建替計画の完成を予定していく。
さらに2026年には、(仮称)天神1-7計画3月、(仮称)天神ビジネスセンター2期計画が、6月に完成する予定となっている。
今後、新たな建物が誕生していく天神の街並みからは、いましばらく目を離せそうにない状況だ。

 

 

天神ビッグバン高さ

 

参照サイト

福岡市Webサイト『天神ビッグバンボーナス』
https://www.city.fukuoka.lg.jp/jutaku-toshi/kaihatsu/shisei/tbb_p2.html#01

 

 

あわせて読みたい

『天神ビッグバン』絵巻:其の一 ~福岡市都心再開発の現在・過去・未来~
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202209.829

 

 

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

不動産投資が学べる漫画など特典プレゼント中

漫画だから分かりやすい。
不動産投資が学べる特典を無料プレゼント。

お申込みは下記から。

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

関連タグ:
#不動産
#天神ビッグバン
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP