【2024年春 開業予定】福岡市西区姪浜駅南エリアに複合商業施設「MEINOHAMA STEPS」が誕生

福岡市西区で街づくり、ものづくり、医療介護、教育、レジャー等の福岡の地域と暮らしに密着した幅広い事業を展開する株式会社サワライズは、2024年春、飲食やインテリア、ヘアサロンといったライフデザインに関わる直営の複合商業施設「MEINOHAMA STEPS(メイノハマ ステップス)(仮称)」を開業することを発表!姪浜エリアのランドマークとして、地域の人から愛されるビルを目指します。

複合施設「MEINOHAMA STEPS」の施設概要


MEINOHAMA STEPSイメージ パース ©SAWARISE
 
福岡市西区姪浜駅より南東方向に約260mの場所に建設される「MEINOHAMA STEPS」。土地区画整理事業により駅前広場、道路や公園といった都市基盤施設の整備が行われた地区であり、福岡市西区の玄関口となっている場所です。
 
ビルは5階建て、敷地面積は約246坪、外壁を取り囲むように配置した階段が特徴的なデザインとなっておりランドマークとしての意匠が凝らされています。
1階フロアには飲食店舗、2階および3階にはインテリアショップ、4階にはスタジオやコミュニティスペース、5階にはヘアサロンといった、施設全体で地域のライフデザインが支援できるようなサービスを展開する予定。
 
姪浜は「福岡市の住みたい人気の街」のひとつに挙げられており、海にも近く”ちょうど良い都会感”からファミリー層を中心に多くの方が住んでいる地域です。
この施設が、さらなる地域の価値向上やより住みたい街に繋げられることが、運営会社のサワライズのひとつの目標なのだそう。
 

2023年3月1日は、工事の安全祈願した地鎮祭を実施

 
3月1日(水)には、施設の建設地で地鎮祭が実施されました。建築施工する内藤工務店や関係会社が参列し、工事の安全を祈願しました。
 
いよいよビルの着工が開始しました。今から完成が待ち遠しいですね!
 
 

運営会社の「株式会社サワライズ」とは?


サワライズは、炭鉱事業の姪濱鑛業株式会社から始まり、1914年(大正3年)に創業、今年で109年目を迎えます。
1950年には医療事業を開設、1962年には姪浜自動車教習所(現在の姪浜ドライビングスクール)を開設し、同年に炭鉱を閉山して以降は、多角経営を強化。
レジャー事業として小戸ゴルフセンターを開設、鉄鋼事業や介護事業など幅広く事業を展開している会社です。

 2020年にはリブランディングを行い、ロゴマークの刷新や企業スローガン「Rise Your Life.」を策定。
さらに、2022年4月にはライフデザインセンターという新たな組織を設立し、これまでの医療/介護や教育といった社会のインフラを担う事業を活かしつつ、「充実感に満ちた暮らしづくり」を目指しています。
暮らしを豊かにする付加価値の創造・発掘として、飲食事業・インテリア・ヘアサロンといった新規事業を推し進めています。

合わせて読みたい

今春開業の九大新町『いとLab+』に〝屋根なしBBQ〟など9店舗の飲食棟が登場【福岡市西区】
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202302.1167

地域医療の新拠点!12月竣工に向けて、建設が進む福岡大学病院新本館(仮称)【福岡市城南区】
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202302.1177
 
 

フクリパ4周年アンケート

【3/22まで】『フクリパ』4周年記念キャンペーン 読者アンケート実施中!

Sponsored

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP