商店街に若者の遊び場をつくる新たなコンセプトの古着屋「TANEMAKI(タネマキ)」がオープン!【福岡県飯塚市】

全国にショップ展開するアパレルブランド「SPINNS(スピンズ)」のローカルコミュニティ事業部が、2月24日(金)に福岡県飯塚市の「本町商店街」に新しいコンセプトの古着屋「TANEMAKI(タネマキ)」をオープンしました。古き良き商店街の中の「若者の遊び場」として地域活性化にも期待できます。

アパレルブランド「SPINNS(スピンズ)」って?

SPINNSは「ATTITUDE MAKES STYLE!」(主張がスタイルをつくる!)をコンセプトに常に時代のトレンドに沿いながらも、自分達の主張を大切にした“スタイル提案”をし続ける”スタイルマーケット”。
「NEW&VINTAGE STYLE MARKET」という言葉の通り、独自のスタイルを貫いたオリジナル商品に加え、新商品から中古商品までワールドワイドなセレクトによる幅広い商品を取り扱っています。
その品揃えはファッションだけでなく、音楽、アート、など様々な”ユースカルチャー”をスピンズ風にミックスし「ライフスタイル」として提案し続けており、まさにファッション、音楽、アート、人などの様々なユースカルチャーがスピンする(渦巻く)お店です。

SPINNSのローカルな取り組み「TANEMAKI(タネマキ)」とは?

そのSPINNSが2021年よりスタートした新事業「ローカルコミュニティ事業部」。
ローカルコミュニティ事業部で、アパレルショップの少ない地域での出張出店や、高校生・大学生がショップスタッフ体験をすることで地域に興味関心をもってもらう「TANEMAKI(タネマキ)」というワークショッププログラムなどを開催しています。

今回、新しい試みとして以前より定期的に出張出店を開催していた福岡県飯塚市本町商店街に「TANEMAKI」という古着屋をオープンしました。

TANEMAKIのある「本町商店街」とは?

本町商店街は、飯塚市の中心地で飯塚のバスセンターに隣接しています。
全国的にも有名な「嘉穂劇場」からもほど近い商店街であり、永昌会という明治初期より続く開催回数130回を超える飯塚市中心商店街の歳末大売出しもある歴史のある商店街です。

本町商店街は、江戸時代から長崎街道の宿場街の一つとして栄え始めました。
長崎~黒崎間の道程は、 当時唯一の西洋との接点であった出島から新しい技術が伝わった道です。
この街道を通って「砂糖」も広がり、その街道沿いでは全国的にも有名なお菓子が生まれました。そのため、長崎街道は砂糖の道「シュガーロード」とも呼ばれ、日本遺産にも認定されています。

商店街にはからくり時計があり、毎日10時~18時の間には、アナウンスで飯塚の歴史が紹介され、 時計が左右に開き、昔ながらの街並みの中を象、馬に乗った武士や西洋人に模した人形が動く当時の様子を忠実に再現しています。
なお、TBSテレビ「マツコの知らない世界」の「ご当地からくり時計の世界」特集で、飯塚本町商店街の「からくり時計」が紹介されました。

貝原益軒の「続 風土記」では、「西南諸国に往来する宿駅にして人家多く、水陸交通の便よく、交易の利豊かで富人有り」と称しています。 

新しいコンセプトの古着屋「TANEMAKI」について

ショップコンセプト

愛着循環」をテーマに、古着屋と関わることで地域や暮らす人々とのつながりをつくることが目的。
ショップでは古着の販売だけではなく、不要衣類の回収や本の預かりや貸し出しを行っています。
2階スペースは自由に使えるコミュティスペースとして運営を予定しているとのこと。

コンテンツ① 古着の販売・不要衣類の回収

「普段選ばないイロ・カタチの服を着て街を歩いてみる。
少しだけ生活が楽しくなった。」というメッセージの元、古着を販売しています。
新しいファッションスタイルや、普段着ないような服を着て外を歩いてみると、少しドキドキしたり、街のガラスに映る自分をついつい見てしまったり。出会った人に「その服いいね!」って言われるとホッとしたり嬉しかったり。いつもと変わらない日常がちょっと変化して楽しくなる体験を創出します。
生活エリアへ出かける楽しさが地域への興味関心のきっかけになるのではないでしょうか。
また、不要衣類の回収も行い、洋服を通しての地域循環も行っています。

コンテンツ② 本の預かり・貸し出しサービス

読み終わった本をTANEMAKIで預かり、読みたい方に無料で貸し出ししています。
自宅本棚に眠っている本を誰かに読んでもらい、感想をシェアしてもらうことで新しい出会いや発見が見つかる新しい街のコミュニケーション方法を目指しているとのこと。

コンテンツ③ 2階コミュティスペース

2階は誰でも自由に利用できるコミュティスペースとして運営。
学生の勉強や誕生日会、ママ友会などのプチイベントまで多様な目的で使用できます。

代表からのメッセージ

TANEMAKI代表 宮崎 洋輔さん

今回ご縁をいただき、飯塚市にTANEMAKIの1号店となるショップをオープンしました。
商店街課題として耳にすることが多いのが「若者離れ」です。
いかなくなった理由は単に商店街が不便であったり、面白くないのではなく、そこに自分たちの興味関心のある場所や人が少ない「自分たちには関係のない場所」になっているだけなのではないか?と個人的には思います。
なので、このTANEMAKIは若者にとって「私たちの場所だ!」と思ってもらう事を意識して取り組んでいこうと思っています。

古き良き商店街に誕生した若者たちの新しい遊び場。この取り組みが地域の活性化に役立つことを期待します!

TANEMAKI

住所:福岡県飯塚市本町13-2
営業時間:毎週金~日曜日 11:00~18:00
公式サイト:https://tanemaki.space/

【参照サイト】

SPINNS公式サイト https://www.spinns.com/
飯塚本町商店街ホームページ  https://iizuka-honmachi.com/

合わせて読みたい


学生のまち・福岡は都市圏15大学の産学官スクラムで地域活性化を図る
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202302.1178


福岡の吉塚商店街が「吉塚市場リトルアジアマーケット」へ。外国人共生の“まち”で復活!
https://fukuoka-leapup.jp/city/202105.256


福岡発!ビンテージリメイクブランド「TRAINERBOYS」全国展開への挑戦
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202005.71

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#ビジネス
#まちと暮らし
#商店街
この記事をシェア
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP