【画像】ヒューリック@フクリパ

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

天神2丁目の明治通り沿いに高さ92mのホテル・オフィス・商業の複合ビル【福岡市中央区】

福岡市・天神の幹線道路である明治通り沿いでは、高さ92mのホテル・オフィス・商業の複合ビルの建設が進んでいます。2024年12月の完成を予定している『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』の概要について今回、みていきましょう。

ホテル・オフィス・商業の3用途を建築デザインで表現・演出

【画像】ヒューリック@フクリパ

画像提供:ヒューリック

2024年12月、福岡市・天神2丁目の明治通り沿い南側、福岡パルコ新館の西隣に地下3階・地上19階建てのホテル・オフィス・商業の複合ビルが誕生━━。
不動産会社のヒューリック株式会社(東京都中央区)は現在、ヒューリック福岡ビル(旧福岡富士ビル)の建替工事を進めている。

 

 

1960年1月に福岡富士ビルとして完成したヒューリック福岡ビルは、地下1階・地上9階だった。
今回、福岡市から天神ビッグバンボーナスの認定を受けた『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』では、約1,450平方メートルの敷地面積に地上19階・地下3階で高さ約92m、延床面積で約2860平方メートルの複合ビルを建設中だ。

 

『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』では、オフィスへの自然換気システムの導入や空中階への庭園設置などによる『感染症対応シティ』に向けた取り組みをおこなっている。
また、四季折々に花の咲く植栽を低層部や中層部に設ける計画だ。
一方、九州産の木材を立体広場の軒天井や、ホテルのロビー階、オフィスのエントランスに採用して、CO2の固定化による環境負荷の低減を図っていく。
さらに建物屋上には、太陽光発電設備を設置する。

 

 

『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』の建築デザインでは、ホテル、オフィス、商業の異なる3用途の積層について、照明計画などで表出・演出させることで街に印象的な景観を生み出していくとする。
また、外壁パネルには、帯状に幾何学的な模様が連なるパターンを設け、陰影によって建物の表情を変えていくことで新たな街のシンボルにしていくという。

 

 

天神地区の入口にふさわしい、新たな賑わいの〝GATE〟誕生

【画像】ヒューリック@フクリパ

画像提供:ヒューリック

『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』は地上において、福岡市の幹線道路である明治通りと、新天町商店街から続くメルヘン通りとの交差部に位置する。
また、地下では、福岡市地下鉄の天神駅コンコースの最寄り地点に立体広場を設置する。

 

そして、各交通機関と施設を立体的に結び、新たな地区ネットワークを構築していくことで賑わいあふれる立体広場を〝街区の入口〟としていくそうだ。
『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』では、建物コンセプトを〝THE GATE〟としており、天神地区への入口にふさわしい、新たな賑わい拠点の〝GATE〟にする考えだ。

 

 

ヒューリックの100%出資子会社には、『THE GATE HOTEL by HULIC』ブランドなどのホテル運営を手掛けるヒューリックホテルマネジメント株式会社(東京都中央区)がある。
『(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画』においても『THE GATE HOTEL by HULIC』ブランドのホテル入居が見込まれる。

 

 

ヒューリックは19573月、富士銀行(現みずほ銀行)の店舗管理業務などを目的に日本橋興業株式会社として設立した。
同社の創業50周年にあたる20071月、社名をヒューリック株式会社に改めている。

 

参照サイト

『~福岡「天神」地区に新たなランドマークとなる複合施設を創造~「(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画」の概要について 地下鉄「天神」駅との接続による回遊性向上、福岡市が進める「感染症対応シティ」をさらに加速』
https://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/56219/1/221003_newsrelease_hulic.pdf?20230807113739

 

ヒューリックホテルマネジメント株式会社
https://gate-hotels.com/

 

 

物件概要

所 在 地/ 福岡市中央区天神2849
   / オフィスビル, 商業施設, ホテル
事業主体/ ヒューリック株式会社
   / 地下 3 階・地上 19
敷地面積/ 1,450
延床面積/ 20,860
   / 202412月(予定)
   / 建物高さ 約 92m

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#不動産
#商業施設
#天神ビッグバン
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP