【画像】画像提供:福岡市

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

福岡市は住みたい街(自治体)ランキングで四連覇となる第1位【2023年版】

土地活用や賃貸経営を手掛ける大東建託株式会社(東京都港区、竹内啓社長)では毎年、街や住まいに関するさまざまなランキングを発表しています。『住みここち&住みたい街ランキング2023<全国版>』(2023年8月23日発表)のうち、『住みたい街ランキング<自治体>』での第1位は、福岡市でした。福岡市の第1位は、今回で4年連続となります。

住みたい街ランキング<自治体>の第1位は初回から4年連続で福岡市

【画像01】住みたい自治体

出所「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2023<全国版>」

1位福岡市(得票率0.70%)、第2位那覇市(同0.60%)、第3位横浜市(同0.42%)、第4位仙台市(同0.32%)、第5位大阪市(同0.24%━━━━
大東建託が毎年、発表している『いい部屋ネット 街の住みここちランキング』のうち、2020年からスタートした『住みたい街(自治体)ランキング<全国版>』において、福岡市は初回から4年連続で第1位となり、四連覇を成し遂げた。

 

 

『いい部屋ネット 街の住みここちランキング2023』は、全国および一部海外に居住する20歳以上の男女18万5,549人からインターネット経由で調査票を回収して集計した。
このうち、『住みたい街ランキング<全国版>』では、複数の自治体候補の中から選択した投票数を集計して作成している。
なお現在、住んでいる都道府県・都市圏は、投票の対象外となっている。

 

 

住みたい街ランキングで第1位になった福岡市について、大東建託の賃貸未来研究所では、次のように評価している。

 

賃貸未来研究所

福岡県の県庁所在地である福岡市は、天神をはじめとする大きな繁華街が複数あり、商業施設や飲食店が充実しています。
また、九州最大のターミナル駅である博多駅があるほか、福岡空港は市内中心部から5キロ圏内の場所にあるため、日本国内のみならず海外へのアクセスも良い便利な街です。

 

 

一方、回答者からのコメントとしては、下記のような声が寄せられていた。
「大学生の頃住んだときに自転車で色々と移動していて、アクセスが良く、治安が良かったから」(女性・31歳・未婚・アルバイト)
食べ物が美味しく物価も高くないイメージ、方言が可愛い、海が近い、便利そうだから」(女性・45歳・未婚・事務職)
「以前住んでいて、なんでも揃っていて暮らしやすかった」(女性・36歳・既婚・専業主婦)
利便性が高く、おしゃれなイメージだから」(女性・25歳・未婚・営業職)
買い物、仕事、遊びか充実していそうだから」(男性・57歳・未婚・製造・現場作業職)

 

 

街の住みここちランキングで福岡市中央区がトップ5入り

【画像02】住みここち自治体

出所「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2023<全国版>」

大東建託が同日、発表した『いい部屋ネット 街の住みここちランキング2023<全国版>』において、福岡市中央区が偏差値72.5・評点74.6で第5位となり、ベスト5入りを果たしている。
同ランキングの第1位は東京都中央区であり、大東建託の賃貸未来研究所では、「銀座や日本橋といった有名な商業中心地がある一方、月島や人形町など下町風情も残る」と分析する。

 

 

一方、第2位は、昨年まで2年連続で1位だった愛知県長久手市となっており、「住宅地や商業施設が多く立ち並び、自然も多い、名古屋市に隣接しているベッドタウン」とのことだった。
また、第3位には、昨年第11位だった兵庫県芦屋市が大幅に順位を上げて、トップ3入りとなっている。

 

参照サイト 

「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2023<全国版>
https://www.eheya.net/sumicoco/2023/area/zenkoku/

 

住みたい街(自治体)トップは、4年連続で福岡県福岡市
https://www.eheya.net/sumicoco/2023/ranking/zenkoku/sumitai_area.html

 

 

あわせて読みたい

『世界の都市総合力ランキング』2022年版を発表!国内ランクインは東京3位、大阪37位、福岡42位の3都市

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202301.1068

 

『日本の都市特性評価2023』でのトップ5は大阪市、横浜市、名古屋市、福岡市、京都市

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202307.10634

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#データでみる福岡
#ランキングでみる福岡の実力
#人口増加
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP