コテンラジオで人気の「株式会社コテン」メンバーを追う「コテンリレー」まとめ

2022年3月に開催されるJapan Podcast Awardsで殿堂入りが確定した「コテンラジオ」は、実は福岡発のスタートアップ企業が運営していることをご存知ですか?コンテンツとしてのおもしろさだけでなく、会社の取り組みや理念の一つひとつにもNew Typeのビジネスのヒントが詰まっています。

「コテンラジオ」は、株式会社コテン(以下、コテン)の広報活動として2018年に始まった、世界の歴史キュレーションプログラム。
株式会社コテン代表の深井龍之介さん、メンバーの楊睿之(通称:ヤンヤン)さんと株式会社BOOK代表の樋口聖典さんの3名が日本と世界の歴史を面白く、かつディープに、そしてフラットな視点で伝えてくれるインターネットラジオです。

これまでフクリパでは、コテンメンバーのインタビュー記事を何度かお届けしてきました。みなさん、見落としている記事はないでしょうか?本日は満を持して、そのまとめ記事を2つお届けします!
コテンメンバー6人へインタビューしたコテンリレー編と、制作の裏側に密着した裏側潜入編。この記事ではコテンリレー編をまとめています。

>裏側潜入編はこちら

リモートワークが基本?株式会社コテンの働き方を社長に聞いてみた!

 
事業の1つとして「世界史データベースの構築」に挑戦している株式会社コテン。社長の深井さんはこの仕事を「リモートで働くことは必須である仕事だ。」と位置付けており、そこには世界史データベースの構築だからこそ重要な視点があるそうです。


株式会社 コテン代表取締役社長 深井龍之介さん

リモートワークが普及してきたこの時代に求められる、新しい組織マネジメントのあり方とは?リモートワークにおいて組織に必要な要素とスキルは?
ぜひ記事をお読みくださいね。

詳細はこちら:コテンリレー #01理念経営が自律性の高い社員を呼ぶ。リモートが基本な株式会社コテンの働き方を、深井社長に聞いてみた!

「人生は問いを立てて自分と向き合うこと」ヤンヤンさんがコテンで働く理由

コテンラジオにも出演している株式会社コテン広報のヤンヤンこと楊睿之さん。
小学校4年生まで中国で教育を受け、その後、お父様のお仕事の関係で、福岡で過ごすようになったヤンヤンさんは、中国と日本を行き来する中で生き方や働き方についての考えが芽生えたといいます。

僕は違和感と誠実に向き合っていくことが働くことであって、人生を過ごしていくことであると考えています。自分とは何かという問いを立て続けることで道が開けていくような気がしています

”違和感に対する許容範囲が狭い“と話すヤンヤンさんが、違和感と向き合いながら築いてきたキャリアの中における気付き、そして株式会社コテンとの出会いについてお話を聞いてみました。

詳細はこちら:コテンリレー #02「人生は問いを立てて自分と向き合うこと」株式会社コテンのヤンヤンさんがコテンで働く理由に迫る!

「人間の才能をバクハツさせる!」樋口さんの人生の目的に迫る!

3番目にご登場いただいたのは、コテンラジオにも出演している株式会社BOOK代表取締役社長・樋口聖典さん。樋口さんは「人間の才能をバクハツさせたい」といつも口にしているそう。その欲求はどこから来ているのでしょう?そして、才能をバクハツさせるにはどうしたらよいのでしょう? コテンラジオは、そういう場合にも活用できると樋口さんは語ります。

さらに、web制作会社、音楽作家、そしてお笑いの道と、多種多様なキャリアを歩んできた樋口さんのこれまでの人生やコテンとの出逢い、仕事の考え方についてお聞きしました。
コテンラジオが好きな方にはもちろん、まだ聞いたことがないという方にも、生き方や働き方を考えるきっかけになる記事だと思います。

詳細はこちら:コテンリレー #03 人間の才能をバクハツさせる!多種多様なキャリアの中から見出した樋口さんの人生の目的に迫る!

「才能の発動条件を整える」株式会社コテンCGO佐野さんが考える才能の魅力

続いて登場するのは、コテンラジオ番外編にも出演している株式会社コテンCGO・佐野貴さん。

“たかちん“こと佐野貴さん

才能博士とも呼ばれているたかちんさんの役職はCGO(Chief Genius Officer)。“全社員の才能を引き出して、その才能が活かされる状態を作り、会社のパフォーマンスを上げる”というお仕事だと言いますが、この具体的な内容がとても興味深いんです。
9割は“採用と配置”、残りの1割は“才能の発動条件を整える”こと。詳しくはぜひ記事を読んでみてください。たかちんさんの意外な過去からこれまでについてもお聞きしていますよ。

詳細はこちら:コテンリレー #04 才能を見出し発掘することで這い上がった。株式会社コテンCGO・たかちん(佐野貴)さんが考える才能の魅力に迫る!

世界史データベース事業は”人の心に豊かさをもたらす”、その真意とは!?

株式会社コテンの主要プロダクトである「世界史データベース」のプロダクトマネージャーとして活躍中の草野陽夏(ひなつ)さんにもお話を伺いました。


CEO深井龍之介さんの弟子として、コテンに入社した草野さん

草野さんの人生のミッションは『ひとりひとりの心に豊かさと想像力をもたらす』というもの。 “人類が、人類をより深く理解することに貢献する”というコテンのミッションに共通するところがあったことが、コテン入社へ繋がったと言います。 たかちんさん曰く「素直で正直で真っ直ぐな人」という草野さん。お聞きした、人との信頼関係についての言葉は金言でした。

人間関係において、誰からも好きになってもらえるとは思っていなくて、むしろ、人間が分かり合うことはとても難しいと思っています。ただ、分かり合うことは難しくても、歩み寄ることはできるという考えを持っています。龍之介さんも死ぬまでに人間が分かり合えるかどうかなんて分からないけど、分かり合えるまで諦めないことは死ぬまでできるとよく言うんですね

続きはぜひこちらから。
コテンリレー #05コテン・深井さんの愛弟子:草野さん登場!世界史データベース事業は”人の心に豊かさをもたらす”、その真意とは!?

“世界史データベース” はGoogle的存在になる!コテンの事業の可能性に迫る

最後に登場いただいたのは、株式会社コテンの広報・法人担当として活躍する下西伽倻子さん。

実はアメリカからリモートワークされている下西さん

昨年5月に入社した下西さんにとって、株式会社コテンは4社目の会社。とあるきっかけからアメリカでコテンを知り、そのミッションに強く共感したことで入社を決意したそうです。
SE、人事の仕事を経て現在は広報として活躍されるという、いわゆる“普通”を逸脱したキャリアを歩む下西さん。「歴史を学ぶことは、違う誰かの視点・立場を知ることに繋がる」という考えを持つ下西さんが、キャリアについて語っている言葉が印象的でした。

歴史上の偉人たちなんて、普通じゃないキャリアの人たちばっかりですよね。
こうあるべきという強迫観念にとらわれてキャリアを決めるのではなくて、自分のやりたいことやなりたい姿に正直に選択してもいいんじゃないかなと思います。

詳細はこちら:コテンリレー #06 「”世界史データベース”はGoogle的存在になる!」新メンバー・下西伽耶子さんが語るコテンの”可能性”

この他にも、フクリパにはコテンさんの記事がいくつかあるのです。
制作チームの裏側についての記事はこちらからお読みください!


https://fukuoka-leapup.jp/biz/202202.469

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

フクリパ4周年アンケート

【3/22まで】『フクリパ』4周年記念キャンペーン 読者アンケート実施中!

Sponsored

関連タグ:
#スタートアップ
#ビジネス
#創業特区
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP