糸島エリアのコーヒースポット

コーヒーと和菓子でほっと一息。前原商店街のコーヒーショップ「SAZANAMi」【福岡県糸島市】

福岡県の中でも特に他県からの移住先として注目されている「糸島市」。海や山などの自然が豊かなことでも知られています。そんな糸島には、海沿いを中心にさまざまな飲食店やカフェが軒を連ねます。今回は、糸島市に訪れたらぜひ立ち寄りたい、コーヒーが楽しめるお店をご紹介します!

前原商店街内に店を構える「SAZANAMi」


筑肥線・筑前前原駅から徒歩10分ほど。昭和の色香が残る前原商店街に2022年7月にオープンしたコーヒー焙煎所兼ショップ「SAZANAMi」。


真鍮の看板が目印

ショップを入ってすぐのところには、革製品専門店の「SCATOLA」(https://fukuoka-leapup.jp/tour/202209.810)が併設された、珍しい形態のコーヒーショップです。

澄んだ空気をまとったような空間


グレーと白を基調とした広く落ち着いた店内で、風が通り抜けるのを感じられるような清々しいつくりになっています。天窓から降り注ぐ日差しの角度で、時間の流れが感じられるところも心地よく、静かに自分の時間を過ごすのにぴったりな場所です。


「SAZANAMiに来て、ほっと一息ついたり数ページ読書をしたり、次にする何かに向かっての切り替えの場所、中継地点になってほしいと思っているんです。だから、4人席はつくっていないんですよ」と店主の浦川さんはいいます。

自家焙煎したコーヒーを提供


浦川さんは約6年間、コーヒーショップで働いたのちに独立。その経験と知識から、“糸島ではここでしか飲めない味わい”のコーヒーを目指して、焙煎しているのだそう。


豆は中深煎りの「Brazil」と中浅煎りの「Rwanda」、中煎りの「Colombia」の3種類。コーヒーを注文するとその場で豆を選ぶことができます。
豆の種類は不定期で入れ替わるので、足を運ぶたびに違う豆にトライしてみるのもオススメです。


アイスカフェラテ(500円)
 
アイスの飲み物は、金魚鉢のような形をしたグラスに注いでいただけます。こちらは、千葉の白子町で吹きガラスを製作されている「左藤吹きガラス工房」さんのもの。飲んだ時の口当たりもよく、手にしっくり馴染むような丸みが特長です。

厳選された雑貨類も販売


そして、テイクアウト用の飲み物には、何と、浦川さんがイラストをその場でササッと描いてくれるんです。実はコーヒーショップと並行してイラストレーターとしても活動している浦川さん。



浦川さんのイラストを、刺繍作家さんがブローチやキーホルダーに仕立てたものも販売されています

店内には、浦川さんのイラストがプリントされたTシャツや、作品集(ZINE)も購入することが可能。


そのほか、コーヒーにまつわるアイテムや「Frangipani Rattans」のラタン製のかごやコースターなども販売されています。

コーヒーのおともに和菓子を


コーヒーショップといえば、ケーキなどの洋菓子を一緒に販売しているところが多いですが、SAZANAMiでは和菓子が販売されています。こちらは実店舗を持たない和菓子屋、「香菓〜かぐのみ〜」の和菓子たちで、季節によって内容は変わるのだそう。
 
コーヒーと和菓子をいただきながら、雑貨のお買い物まで楽しめる。ぜひ“自分だけの時間”を過ごしに、SAZANAMiに訪れてみてはいかがでしょう。
 
【SAZANAMi】
住所:福岡県糸島市前原中央3-9-29
営業時間:11:00〜ラストオーダー17:00
定休日:日曜
HP:https://coffee-sazanami.com/
Instagram:@coffee.sazanami

9-ブランドマンション_202405作成

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

7-会社員の不動産投資02405作成 (2)

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP