福岡の人こそ、知って着て楽しんで「Made in Fukuokaのファッションブランド」

実は福岡はファッションの街?! 福岡の人こそ知ってほしいMade in Fukuokaのファッションブランド

実は、福岡発のファッションブランドがたくさん存在することをご存知ですか?全国から一目置かれ確かな技術で服作りをする老舗、他にないユニークさを見せるカジュアルブランドなど実にさまざま。今回、福岡のファッション事情について探ろうと、福岡発のブランドを中心にセレクトしている「April」オーナーの秦寛史さんに、福岡のファッションについてうかがうとともに、魅力的なブランドをご紹介いただきました。福岡の人こそ「Made in Fukuoka」のファッションを知って、着て、楽しんでみませんか? 世代も体型も関係なく、地元愛でふわりと着こなせるかもしれませんよ。

福岡のファッションブランド事情

街を歩けば、たくさんのお洒落な方たちとすれ違う福岡。しかし、意外と知られていないのが、福岡にアパレルメーカーが幾つも存在することです。

 

平成28年経済センサスより

 

 

福岡市内には約450社の繊維・衣服卸売業の企業があり、全国の政令指定都市で第5位。

また、コロナ禍前には、福岡に春を告げるイベントとまでいわれていた、「ファッションの街・福岡」を街中で楽しむイベント『Fashion Week Fukuoka』が行われ、2018年には9日間で述べ540,000人を動員(Fukuoka Factsより)するなど、ファッションとの親和性が高いんです。

 

福岡アジアファッション拠点推進会議▶https://products-kyushu.com/works/160/

 

そんな福岡発のファッションブランドやメーカーについて熟知しているのが、セレクトショップ『April(エイプリル)』オーナー・秦寛史さん。

 

「福岡の人こそ、知って着て楽しんで「Made in Fukuokaのファッションブランド」」https://fukuoka-leapup.jp/writer/81連載のブランドセレクトにもご協力いただきました。

 

 

セレクトショップ「April」オーナー・秦寛史さんが語る福岡のファッション事情

 

約30年、福岡でファッションの仕事に携わってきた秦寛史さん。

インポートセレクトショップの販売・バイヤーを経て独立し、現在は天神で福岡発のブランドなどを扱う『April(エイプリル)』のオーナーです。

 

Aprilの開業前はバイヤーとして約10年、パリ、ミラノ、NYのコレクションへ足を運んだ経験もある秦さん。なぜ福岡発のブランドに注目するようになったのでしょうか。

 

『April(エイプリル)』オーナー秦寛史さん。2014年にスタートした「福岡Tシャツマーケット」(https://fukuoka-tee.jp)の仕掛人でもあります

 

「若いころの私にとって、海外で活躍しているデザイナー=神のような存在でした。だから、バイヤーとして海外を飛び回れることが本当に楽しくて仕方なかったです。

だけど何年も通えば、当然ながら皆同じ人間だと分かります。次第に、日本の業界やメディアが彼らを神格化しているように見えて、違和感を持つようになりました。

と同時に、地元・福岡の人たちの服づくりに対する姿勢が、真摯で格好いいことに気が付いたのです。

遠い国の有名デザイナーの服も素敵ですが、同じ街に暮らす人が作る服を着るのも面白い、応援したいと思うようになりました。

 

ちょうどそのころファストファッションが流行。どこの街でも同じショップ、同じスタイル。それが当たり前のなかで、『福岡ってちょっと違うよね』と言われたらとても誇らしいし面白いなと思っています

 

 

福岡ブランドで、スタイルや文化のある街へ

そんな秦さんに、福岡らしいファッションについてうかがいました。

「その街らしいスタイルや文化といっても意図して作れるものではないと思いますが、食であれば地元の野菜や魚などを選ぼうと手に取る人は多いですよね。

同じように『せっかく着るなら福岡のブランドを』という意識が広がり、その積み重ねが、結果的に福岡のスタイルになり得るかもしれません」

 

 

福岡の人に知って着て楽しんでほしい、福岡ファッションブランド

1着でエレガントに決まる、大切にしたいクローゼットの「遺産」『Herencia(ヘレンチア)』

大人の女性をターゲットに、男性から理想の女性へ贈るようなエレガントスタイルを提案。

https://fukuoka-leapup.jp/serial/202302.1088

 

「あなたと一緒に生きる服」をテーマに、オートクチュールの手法から生まれるLallia Mùラリアムー)』

福岡の老舗的な存在のアパレルメーカーから誕生した、働く女性のリアルクローズ。

https://fukuoka-leapup.jp/serial/202303.1190

 

「お洋服が大好き!」な女性たちの手からキラキラ生まれる古いアイテムの新しい魅力『RehersalL(リハーズオール)』

デザインして縫い、染め、古着をリメイク。「可愛い」を詰め込んだアップサイクル。

https://fukuoka-leapup.jp/serial/202303.1222

 

ファッションで人とつながり幸せを共有したい。毎日に“ちょうどいい”服『RILATO(リラート)』

シンプルなデザインと素材にこだわった、着心地のいい大人カジュアル。

https://fukuoka-leapup.jp/serial/202306.7111

 

時と人の手が艶と風合いを醸す、長く大切にしたいレザーアイテム『saranam(サラナン)』

「他の作り手からリスペクトの声を聞く」と秦さんもいう真摯なものづくりブランド。

https://fukuoka-leapup.jp/serial/202307.10585

 

ファッションが好きでものづくりをしている人たちは皆さんピュア、だから一緒に仕事をして気落ちがいいと秦さんは言います。

 

今回ご紹介した5つの他にも、福岡にはまだまだ魅力的なブランドがあります。お店で気になる服に巡り合ったら、「どこのブランドですか?」と聞いてみてください。もしかしたら、福岡ブランドかもしれません。

 

 

April店舗情報

『April(エイプリル)』VIORO店 (天神VIORO地下2階)

 

『April(エイプリル)』

HP:https://colorfield.co.jp

Instagram:april.fuk

電話:080-7981-5543

 

(VIORO店)

住所:福岡市中央区天神2丁目10-3

VIORO地下2

 

(ソラリアプラザ店)

住所:福岡市中央区天神2丁目2-43

ソラリアプラザ3

 

合わせて読みたい

九州初上陸!警固の上人橋通りに原宿発の制服ブランド「CONOMi」の店舗がオープン!【福岡市中央区】

https://fukuoka-leapup.jp/city/202304.3586

 

商店街に若者の遊び場をつくる新たなコンセプトの古着屋「TANEMAKI(タネマキ)」がオープン!【福岡県飯塚市】

https://fukuoka-leapup.jp/city/202303.1202

 

これから必要になってくる投資2

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

成長都市福岡C

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

成長都市福岡不動産資料請求

関連タグ:
#まちと暮らし
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者・ライター
永田 知子
大牟田市生まれ、福岡大学人文学部文化学科卒。リクルート『九州じゃらん』創刊、東京にてwebサイト『AllAbout』ローンチなど経験。主に旅行、ファッション、グルメ、企業サイトのプロデュースを担当。フリーとなって帰福し、JR九州『プリーズ』(休刊中)、大学パンフレット、広報誌など制作。フラが趣味で博多どんたく演舞台にも出演。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP