福岡の人こそ、知って着て楽しんで「Made in Fukuokaのファッションブランド」

【福岡発のファッションブランド】「あなたと一緒に生きる服」をテーマに、オートクチュールの手法から生まれる『Lallia Mù(ラリアムー)』

ファッションブランドやアパレルメーカーと聞くと、なんとなく「=東京」のイメージがないでしょうか。実は福岡市内にも、ファッションブランドを発信する企業がいくつもあります。今までそれとは知らないうちに、福岡ブランドのお洋服を手にしていた方も多いかもしれませんね。そこで「福岡発のファッションブランド」をしっかり知っていただきたく、今シーズンの注目アイテムとともにご紹介。全5回にわたり、5ブランドをご紹介したいと思います。第二回目となる今回は、「あなたと一緒に生きる服」 をコンセプトに掲げるファッションブランド『Lallia Mù(ラリアムー)』です。

意外と多い?!福岡発のファッションブランド

街を歩けば、たくさんのお洒落な方たちとすれ違う福岡。
しかし、意外と知られていないのが、福岡にアパレルメーカーが幾つも存在することです。
 

平成28年経済センサスより
 
福岡市内には約450社の繊維・衣服卸売業の企業があり、全国の政令指定都市で第5位。
 
また、コロナ禍前には、福岡に春を告げるイベントとまでいわれていた、「ファッションの街・福岡」を街中で楽しむイベント『Fashion Week Fukuoka』が行われ、2018年には9日間で述べ540,000人を動員(Fukuoka Factsより)するなど、ファッションとの親和性が高いんです
福岡アジアファッション拠点推進会議▶https://products-kyushu.com/works/160/
 
中には業界で一目置かれるほどの確かな技術で服作りをする老舗、新しい手法で企画・販売するユニークなカジュアルブランドなどあり、実にさまざまです。さらにはそんな福岡のファッションを福岡の人に着てほしいと、意欲的にセレクトするショップもあります。
 
さぁ、「Made in Fukuoka」のファッションを知って、着て、楽しんでみませんか。年齢も体型も関係ありません。福岡人の明るい地元愛で、軽やかにお試しあれ。
 

お客さまと同じ目線でつくる。博多のものづくりブランド、『Lallia Mù』

櫛田神社も近く、昔ながらの博多の風情を残す店屋町。その一角に1985年創業の株式会社ハルズアミがあります。
福岡のアパレル業界では老舗という同社から2020年に誕生したのが『Lallia Mù(ラリアムー)』です。

国内でも数少ないという立体裁断を得意とするデザイナーと、10人ほどの女性たちによって作られる服はなんと年間約360型。年末年始などを除いて1日に約1着、生み出されている計算になります。
 
立体裁断とは、ボディに布を当ててピンを打った仮縫いの服から型紙を作るオートクチュールの手法。高い技術と手間を要し、体のラインや動きにフィットして包まれているような着心地が特徴。Lallia Mùの服はすべてこの手法で作られています。

「私たちはものづくりの会社です。半分オフィス、半分工場というスタイルは、今や珍しいかもしれません」とブランドディレクターの永野アミさん。
母であるデザイナー・永野はる子さんとともに、20代〜50代の女性スタッフをリードしています。そのスタッフ全員が女性であるのもブランドの強みだといいます。
「お客さまと同じ目線で着心地や実用性をチェックできます。そして素直に可愛い、こんな服が着たいという感性を大切にしています」
 

左)「Lallia Mù」ブランドディレクターの永野アミさん。右)立体裁断を得意とするデザイナー、永野はる子さん
 
ブランドコピー「あなたと一緒に生きる服」は、女性の日々に寄り添いたいという思いから付けられました。多くの女性が30代ごろから感じる仕事や家庭、健康、年齢を重ねて変化する体型への悩み。
同時に、着たいものが分からなくなる…という声も増えます。東京でファッションの仕事をしていたアミさんもその一人でした。帰福を決意し、キャリアの転換期にあった母とともに『Lallia Mù』を立ち上げました。
 
母娘のタッグから生まれた服は、いわばエイジレス・ウェア。
異素材組み合わせなどデザインで視線を誘導してコンプレックスを解消させ、着る人の高揚感をも意識しています。
「70代の女性がデザインしているとお伝えすると、特に初めてのお客さまは興味を持ってくださいます。Lallia Mù』と出会い、またファッションが楽しくなったと言われることも
 
アミさんにはときどき読み返す大切なお手紙があります。
「がんで闘病中の70代のお客さまから頂きました。生きる気力が落ちていた時お友達と旅行へ行くことになったのですが、やはりおしゃれをして出かけたいと『Lallia Mù』のコートを選んでくださいました。お友達に可愛い、似合うと褒められ、もっとおしゃれをしようと思ったら生きる力が湧いたそうです」
 
ブランドを立ち上げたばかりの不安な頃で、涙が出るほどうれしかったといいます。「これからもブレることなく『あなたと一緒に生きる服』を表現していきたい。福岡で長く続けきたデザイナーズブランドである誇りを持って、私たちはこの街で服づくりを続けていきます」
 

『Lallia Mù』アミさんが感じる福岡ファッションと2023春のおすすめアイテム

ブランドディレクターのアミさんに福岡のファッションについて、どんなふうに感じているか聞きました。
「福岡はストリートファッションなど、カジュアルファッションが強い印象があります。若い人たちに活気があるということだと思います」。
その中で、カジュアルからオフィスシーンまで大人の女性のライフスタイルに寄り添う『Lallia Mù』は、福岡発のブランドの中で目立つ存在と言えるかもしれませんね。
 
さて『Lallia Mù』2023年春のコレクションから、おすすめの6アイテムをご紹介します。
今すぐまといたくなるスタイリッシュなものばかりですよ! さらに今後も続々と新しいアイテムが登場予定。オンラインショップもぜひチェックしてみてください。


ボリュームスリーブシャツチュニック(21,450円/税込)
たっぷりとボリュームのある袖、縦に入ったハシゴレースが爽やかなコットン100%のシャツチュニック。袖の内側にボタンが付いており、長さやボリュームが調整できる。どんなシルエットのパンツとも相性が良く、ポケット付きで実用性も抜群。
 

ラペルカラーサッカーコート(31,900円/税込)
凹凸のあるサラリとしたサッカー素材で、軽さが心地よい一枚仕立ての春コート。フォーマルから大人カジュアルまでさまざまなシーンで着回せます。取り外し可能な共布のウエストベルトは内側から通せばフレアライン、外側からキュッと巻くとウエストコンシャスになりシルエットを楽しめます。


バイカラーメッシュプリーツスカート(26,400円/税込)
異素材のバイカラーが目を引くプリーツスカート。裾はメッシュ素材で軽やかな透け感があり、変則的に切り替えられたデザインプリーツも印象的。ヒールの高さを選ばず、カジュアルにもエレガントにも着こなせます。ウエストは総ゴム仕様でストレスフリーです。


ツイードベストジャケット(31,900円/税込)
トレンドのツイードアイテムを、春らしいカラーのベストでデイリースタイルに。数種類の糸を組み合わせたミックスツイードは、クラシックにもカジュアルにも着こなせ、スタイリングの主役になります。絶妙なミドル丈でデニムなどパンツはもちろん、ワンピースとも好相性。


ボタニカルプリントパンツ(20,900円/税込)
カラーコントラストが美しい“映え”ボトム。シンプルなトップスと合わせると装いをクラスアップできます。高めのウエスト位置とラップ調のベルトが腰回りをすっきりと見せ、センタープレスでさらに上品な印象も。新しい季節、新しい環境へ向かうとき、気持ちを華やかに高めてくれるパンツです。
 

ボーダーフレアプルオーバー(18,150円/税込)
『Lallia Mù』特注のサーフニット素材を使用。サラッとした鹿子調のコットン100%で、湿度の高い日も快適に過ごせます。袖口はリブ仕様でブラウジングでき、ゆとりある身幅とほどよい着丈でパンツスタイルにマッチ。適度なハリ感でカジュアルすぎず、大人の女性のリアルクローズとしてブランド人気のアイテムです。
 
【Lallia Mù
https://lallia-mu.com
Instagram:@lallia_mu(https://www.instagram.com/lallia_mu/)
株式会社ハルズアミ
会社住所:福岡市博多区店屋町4-21
お問い合わせ先:092-291-7180
メール:info@lallia-mu.jp
 

『Lallia Mù』SPECIAL POP UP SHOPが開催!

ブランド初となる単独POP UP SHOPを、『WITH THE STYLE FUKUOKA』イベントスペースで開催。写真のアイテムほか春の新作が勢揃いし、夏アイテムの試着もできる2日間です。

日程:2023年3月4日(土)、5日(日)
場所:『WITH THE STYLE FUKUOKA』イベントスペース
住所:福岡市博多区博多駅南1-9-18
詳細はHP、Instagramをチェック!
 

福岡市内の『Lallia Mù』取扱店

【Regent's f.e.】
住所:福岡市中央区天神2丁目2-43 ソラリアプラザ3F
電話番号:092-733-7277
Instagram:@regentsfehttps://www.instagram.com/regentsfe/

合わせて読みたい

【福岡発のファッションブランド】1着でエレガントに決まる、大切にしたいクローゼットの“遺産”『Herencia(ヘレンチア)』
https://fukuoka-leapup.jp/serial/202302.1088

〈-by RYOJI OBATA〉の服は、シンプルだけど何か違う。その服が、TVドラマで女優たちを輝かす
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202004.48

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#福岡発ブランド
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者・ライター
永田 知子
大牟田市生まれ、福岡大学人文学部文化学科卒。リクルート『九州じゃらん』創刊、東京にてwebサイト『AllAbout』ローンチなど経験。主に旅行、ファッション、グルメ、企業サイトのプロデュースを担当。フリーとなって帰福し、JR九州『プリーズ』(休刊中)、大学パンフレット、広報誌など制作。フラが趣味で博多どんたく演舞台にも出演。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP