1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

海のすぐそばの終点。「龍の宮」バス停

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載55回目は、福岡市西区にある「龍の宮」バス停をご紹介します。

今回は能古島からお届け

 

愛宕浜の能古渡船場から、福岡市営渡船に乗って、

 

 

約10分で到着できる離島、能古島

 

 

観光客の大多数は、こちらの

 

 

渡船場バス停から、

 

 

アイランドパークに向けて、バスに乗られるのではないかと思います。

 

 

バスの定期便は、船の到着に合わせて1時間に1本ほどですが、アイランドパークの向日葵やコスモスが見頃になると、乗客の増加に対応して臨時便がたくさん走ります。アイランドパークの駐車場に3台も4台もバスが集結することも。

 

 

 

観光地・アイランドパークと逆方面へ

 

アイランドパークに行った場合、商店が並ぶ脇にあるこのバス停は、戻ってきた際に降車場所として使うだけなのですが、

 

 

こちら終点ではなく、反対側の龍の宮方面に行けるのです。

 

 

 

隣のバス停は、漁協前。

 

 

 

以前はアイランドパーク方面からの便の大半が渡船場終点で、龍の宮ゆきが1日に数本しかなかった時期もありましたが、現在はほぼ1時間に1本の運行ですので、気軽に乗車できます。

 

 

 

アイランドパークの帰りに、ちょっと足を延ばしてみませんか。

 

 

終点の龍の宮は、

 

 

海のすぐそばです。

 

渡船場前~漁協前~浜崎~龍の宮と短区間ですので、帰りは歩いても渡船場まで戻れますから、

 

 

敢えて折返しのバスに乗らず、対岸のドームやシーホークとの姿を眺めるのもお勧めです。

 

 

 

基本情報

バス停名:龍の宮(りゅうのみや)

・住所:〒819-0012 福岡県福岡市西区能古[map]

・姪浜からの行き方:

【STEP1】「姪浜旅客待合所」から福岡市営渡船 能古島ゆきに乗船。約10分、230円
【STEP2】「渡船場前 (龍の宮方向)」から普通 龍の宮ゆき に乗車。約4分、170円

 

成長都市福岡1-F

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡1-F

合わせて読みたい

バス停のすぐそばに愛がある「能古渡船場(のことせんば)」

 

志賀島に行くときに金印ドッグ食べがち。福岡の離島あるある3選

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP