1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

狭い道は正義。「油山(あぶらやま)」バス停

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載34回目は、福岡市城南区にある「油山(あぶらやま)」バス停をご紹介します。

お正月のバス

2023年最初の「バス停から愛」シリーズ記事です。

1月1日から3日の間、西鉄バスの前面には日章旗が飾られます。しかし最近は都市高速を経由する系統が増え、高速走行中に落下すると危険なためか、旗がついていないバスもあります。

本来ならば年末の記事に「新年早々は、日章旗をつけたバスが走りますので注目してください」とでも書けば注目していただけたのでしょうが、年が明けてからの言及になりました。来年はぜひチェックしてみてください。

福岡市城南区・東油山のバス停

新年最初の記事は、この区間から始めます。日章旗をつけたバスを正面から撮るのに、狭い道を走っている姿がいいなあ、と思いまして。明確な理由は言語化できないのですが、隘路を抜ける大きなバスは、当方の萌えポイントです。

最寄りバス停は、油山です。

バス停の後ろには、BLISSという洋菓子店があります。どうでもいい情報として、我が家のクリスマスケーキはここに注文しています。

(この連載が始まる前、「バス停まわりのグルメ情報も」というご依頼が編集さんからあったのですが、周辺の店舗を話題にするのは12か月目で初めてかもしれません。「グルメ情報は私がしなくても、もっと詳しい人がたくさんいるしなあ」という卑屈な思考があるので、今後も内容はバス停に偏りますことをご容赦ください。)

左端に写っているのが油山バス停で、交差点の先、写真の右端には隣の油山団地口バス停も見えます。距離の近い区間です。

ここ、油山→油山団地口のバスはまっすぐ進むのですが、この写真の奥から手前の逆方向に直進するバスは非常に少なく、

片江方向に向かうバスは右折、

桧原方向に向かうバスは左折します。

そして左折した先にあるのが、

こちらの桧原方面の油山バス停です。
位置情報を確認してみましょう。

現在はこんな感じ。冒頭の狭い道を走っている写真は、図の青い部分で撮影しています

実は、現在桧原方面の油山バス停がある場所には、元々道がありませんでした。

当初は狭い道の方にバス停があり、この道のみが、桧原とこの付近をつなぐバス通りだったのです。

そこに、交差点を十字路にする形で新しい道ができ、桧原方面のバス停が移動したのです。しかし都心方面の油山バス停は交差点より手前(南側)にあったため、都心方面のバスのみ旧道を走り続けています

新しい道ができて、バスの経路が移動するのはままあることですが、片道だけ移動して、上下線の経路が別々になるのは珍しいです。

そして再掲になりますが、この区間。
幹線区間から外れたため拡幅されることもなく、中央線もない規格の道路にバスが走る姿は、無条件に素晴らしいのです。

今年もバス路線に対する偏愛を語ってまいります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

基本情報

バス停名:油山(あぶらやま)
・住所:〒814-0155 福岡県福岡市城南区東油山1丁目14[map]
・天神からの行き方一例:
「天神協和ビル前(10) (協和ビル前10 警固町方面)」から普通13番 美術館・六本松 観光道路・油山経由 桧原営業所ゆき に乗車。約37分、380円

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored


🚌合わせて読みたい

「なぜこうなってる?」バスの経路にフォーカスした記事も合わせてどうぞ!


踏切近くでなぜ遠回り?バス停跡から当時を振り返る「井尻駅」バス停



1→2→3の謎。片道乗車では足りない「若久団地(わかひさだんち)」バス停

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP