空き家ポリス Vol.5

本当は教えたくない福岡の空き家物件『「最果ての絶景キューブ」の家』

「空き家ポリスの本当は教えたくない福岡物件」。「住む予定もないのに、おもしろそうな物件を探して見に行く」ことを趣味とする空き家マニアが、福岡の空き家物件を紹介していきます。 第5回は、「最果ての絶景キューブ」です。


今回お縄になったのは、北九州にある一風変わった戸建物件。

福岡県北九州市398万円/4DK/土地134‪㎡‬‬ のこちら。

見よ!石垣の上にそびえ立つ、堂々とした姿を!
 
こんなにちいさな家を、急勾配の傾斜地に、しかも高い石垣の上にわざわざ建てるとは…。それだけでオーナーの気概を感じるし、異彩を放つキューブ状の造形がかわいくてとても良き。
 
少し引いたアングルはこちら。

ご覧のように、長い長い階段を登ってようやく我が家に到着する作り。

「ああ…毎日こんな階段を登らないといけないのか…」と思うなかれ。

コロナ禍で運動不足が取り沙汰されるなか、この階段は逆にエクササイズになるというか、自宅の敷地内に大型のランニングマシーンがあると思えば儲けものではないか。

この長い階段の利点は、もうひとつある。

なんと、家から階段越しにこの景色が一望できるのだ。
 
実はここ関門海峡のすぐそばで、毎年夏に行われる「関門海峡花火大会」も特等席で見れる立地。

海好き・花火好きにはたまらないロケーションだし、橋を渡ればすぐ山口県の下関なので、気軽にふぐを食べに行くこともできる。

さらには、海の関所・関門海峡らしく、地図の通りフェリーや大型船も多く通るので洋上を走る船が見放題。鉄オタならぬ、船オタの方にもぜひオススメしたい。
 
さてここで疑問なのが、間取りの問題。
 
物件ページには、確かに「間取り:4DK」と書いてあるので、このちいさなキューブハウスに4部屋もあるのか???と思いきや、

間取り図を見ると、こんな感じでした。
 
下から見えていたキューブは一番左側の洋室部分で、3DKの母家が横に控えていたのだ。


▲青矢印部分が今回の物件。キューブの右側には、確かに母家のような平家建てが控えている。

室内の様子も一応紹介しておくと、

母家は和風仕様。まだまだ現役で活躍できそうだし、カーテンに遮られてるけど日当たりの良さがにじみ出てます。

キューブの中はこんな感じ。石膏ボードを貼っただけの超シンプル仕様なので、ここを一等地にすべくDIYに励みたい。薪ストーブなんか入れてもいいかも。

最後にもうひとつ。
 
関門海峡には、人が渡れる「関門トンネル人道」なるものが存在します。しかも、通行料は無料!(※自転車・原付は20円かかります)
 
地図の通り、橋を渡るのに30分もかからないので、週末の晴れた日は本州散歩に興じてはいかがでしょうか。
 
ということで、福岡の最果て・門司にある絶景キューブが、今なら3DKの母家付きでこのお値段。

「海は好きだけど、海沿いはお値段も高いから…」と嘆いている海ファンの皆さま、こういう選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

福岡県北九州市398万円/4DK/土地134‪㎡

* * *

これまでの記事はこちら
▶︎空き家ポリスVol.4 80万で買える和風邸宅
▶空き家ポリス Vol.3 羊の皮をかぶる家
▶空き家ポリス Vol.2 川を満喫!Myリバー付き物件
▶空き家ポリスVol.1 街道筋の粋なやつ

★北九州の記事も合わせてお読みください♪

https://fukuoka-leapup.jp/common/202110.343
https://fukuoka-leapup.jp/entertainment/202202.439

これから必要になってくる投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#移住
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
空き家マニア
空き家ポリス
空き家が大好きな空き家マニア。「住む予定もないのに、おもしろそうな物件を探して見に行く」のが趣味。人に説明するのが面倒なので、この行為を「空き家ポリス」と名付けパトロールしてます。福岡のプロダクション、カラクリワークス(https://caracri-works.com)の中の人。 twitterはこちら→ https://twitter.com/_akiyapolice

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP