空き家ポリス Vol.2

本当は教えたくない福岡物件『 川を満喫!Myリバー付き物件』

「空き家ポリスの本当は教えたくない福岡物件」。「住む予定もないのに、おもしろそうな物件を探して見に行く」ことを趣味とする空き家マニアが、福岡の空き家物件を紹介していきます。 第2回は、 川を満喫できる!Myリバー付き物件です。

今回お縄になったのは、川下りで有名な水郷・柳川にある広々とした平屋物件。
福岡県柳川市230万円/4DK/土地253‪㎡のこちら。
 
築50年近くて人間でいえば初老を過ぎたお年頃だけど、ご覧の通りメンテも行き届いて、まだまだバリバリ活躍しそうな一戸建てが200万そこそこ。もういっそFIRE志向の田舎行きたい勢はみんな福岡に来ればいいと思う。
 
ということでいきなり脱線したけど、ここの胸キュンPOINTは金額だけじゃなく、そのロケーション。実は家の目の前に川が流れていて、ご覧のようなウォーターフロント物件なのだ。

人間は太古の昔、水辺で暮らしていたから、水辺に住みたいDNAが僕にも組み込まれていて無条件で惹かれるんだけど、そんなことよりお気付きだろうか。目の前の川にちいさな船が浮かんでいることを。
 
ここは海に近いこともあって海苔の養殖や漁業が盛んな土地柄。だから川に船を係留してるんだけど、船を川から上げたり降ろしたりするため、川べりにスロープが設置されているのだ。


▲矢印部分から川に降りられるようになっている

このスロープを活用しない手はない!!
 
ということで休みの日には家からSUPとかカヤックとか持ち込んで、のんびり川遊びをエンジョイする生活を送りたい。なんなら平日も川に浮かびながら仕事できたら最高じゃないか。というか移住を機に、そういう職を見つけるのも全然あり!


▲堤防沿いの道はこんな抜け感。朝ランやお散歩にも最適。

▲カーブの曲線が美しくてほれぼれ。

こんな川べり一等地にあるロケーションは何にも変えがたいんだけど、家のこともチラッとご紹介。

室内はこんな感じで純和風。縁側・床の間・仏間という座敷3点セットが、昭和の古き良き時代を思い起こさせてじんわり来る。良き。


▲間取りはこんな感じで広々。和室は間仕切り全部なくしてしまいたい…。


▲屋根裏は秘密基地の様相で心踊る。

この階段を使って屋根裏へ登るんだけど、いっそ階段は取っ払って壁をボルダリング用のクライミングウォールにしてしまうのも吉。
 
駅から遠かったりと不便な面もあるけど、リモートワーク推奨の世の中だし、水辺の家で自然をたのしむ田舎暮らしを始めたい方どうぞ。

福岡県柳川市230万円/4DK/土地253‪㎡

>>あわせて読みたい:空き家ポリス連載Vol.1「 街道筋の粋なやつ」はこちら

働きながら始める不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#移住
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
空き家マニア
空き家ポリス
空き家が大好きな空き家マニア。「住む予定もないのに、おもしろそうな物件を探して見に行く」のが趣味。人に説明するのが面倒なので、この行為を「空き家ポリス」と名付けパトロールしてます。福岡のプロダクション、カラクリワークス(https://caracri-works.com)の中の人。 twitterはこちら→ https://twitter.com/_akiyapolice

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP