パンオタクが選ぶ福岡パン

かぶりつくとはみ出す!たっぷりクリームを満喫。パンマルシェMOKUMOKUの「クリームぱん」【福岡県春日市】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。35回目の今回は、福岡県春日市にお店がある パンマルシェMOKUMOKUさんの「クリームぱん」です。

基本は食パン屋さんだから

 

この美味しい白い生地は、きっと、 食パンの白いところ(クラム)と同じ生地なのだろう、 しっとりしてるけど、高加水パンのモチモチとは違う種類のもちもちを感じた。

 

唐突にすみません。 何のことかと言いますと、 ええ、これから暑くなると「こういう記事が増えます!」と宣言していたジャンルです。

 

 「冷やしても美味しいクリームパン!」

 

冷やし、と書かれてなくても、この季節は冷やして食べてしまうことも多いクリームパン。 筆者にとっては、シュークリームと同じ括りなのです。(カスタード大好き)

 

 

クリームパンは、最近はブリオッシュ生地で作られることが多いように感じています。 ブリオッシュ生地とは、バターとお砂糖が入ったお菓子っぽい生地で、各お店の配合によって、ここのはパティスリーみたいだなぁとか、素朴で懐かしい感じだなぁとか、感想が変わってきて、主役とも言えるクリームのみならず、生地を食べ比べるのも楽しみになっています。

 

 

 

パンマルシェMOKUMOKUさんの「クリームぱん」

 

パンマルシェMOKUMOKUさんの生地は、そういう意味では珍しく、食パンっぽいと言いますか、白い柔らかい生地。 食パンを食べた時の、ペターっと伸ばしたら生地の上と下がくっつく、あの感じ。 美味しい豚まんの生地を、少し彷彿とさせるかもしれない。 優しく「発酵」の風味が残り、 じんわりと染み出す系の旨味がある生地なのです。

 

 

そして、クリームもまた、個性的かつ秀逸で。定番のクリームパン、ダブルクリームパン、ピスタチオクリームパン3種を頂きましたが、まーどれもこれも好みど真ん中! ストラーイク!

 

 

まずは基本のカスタード。 手作り感あふれる、少しモコモコした形状が残るカスタードは甘さ控えめ、素朴系のクリームパンが好きな方が喜ぶ感じの。

 

 

ピスタチオクリームも甘さ控えめなので、抹茶のようにも感じるほろ苦さとナッティ感があるのが、しっかりわかります。 お砂糖の甘さだけに頼らず、素材の風味を活かしてくれてるこの感じ。ブラボーとしか言いようがない。

 

 

オタク的ポイントとしましては、 世の中には「ピスタチオクリーム」と名乗りつつも、そんなにピスタチオの味しない、、、?的なモノも散見されます。 そんな中、ちゃんと!ピスタチオの繊細なナッティ感が味わえるこのクリームは、一度 「あえて冷やさず」食べてみてください。 もちろん、その後はリピートしてしまうでしょうから(私もリピ中です)その時は、冷やして冷たい幸せを堪能なさって良いのです。

 

が、このピスタチオ感というのは繊細なので、冷やすと感じ難くなります。 アイスクリームが良い例です。冷たいと甘さがよくわからないけど、溶けたらめっちゃ甘かった、とか。 なので、初回は冷やさず。ふわっとした生地とナッティ感を楽しむ。 2回目以降はアズユーライクで、ひんやり冷やした、しっとり生地とクリームを楽しむのも良し!です(^^)

 

 

そして、どのクリームパンも、 クリームパンLOVERさんなら、願ってやまない

 

<<クリーム沢山入っていて!>>

 

このツボさえも、キチンと押さえられています。 ほんっとーにたっぷりのクリーム! かぶりつくとはみ出す! 嬉しい悲鳴。 シュークリーム買うよりクリームパンだな、ってこれ前も言いましたかね?笑 そう思わせる生地感とクリーム量。

 

 

さらにこれ、個人的に嬉しいポイントなんですが、 フルーツサンドのフルーツ無しバージョン食べたいなぁって思ったことないですか? 普通は無いですかね?苦笑 筆者は常に思っています。

 

美味しい食パンの生地と、たっぷりのクリームだけを満喫したい、、、叶うことがないであろうと思っていた夢を、このクリームパンは叶えてくれているのです。 だって、食パン(みたいに感じる)生地だから、クリームだけサンド、叶っちゃったー♪ と。 人とは、ちとズレたポイントでも、このクリームパンにゾッコンになってしまったのでした、、、(^-^)

 

 

春日市にあるモクモクさんまでは、車で行かないと少々行きづらい立地かもしれませんが、だからこそ、パン好きさんみんなで乗り合わせて、パン屋さん巡りなんていかがでしょうか? 近くに以前ご紹介したmills by Truffle Bakeryさんもあるし、個人的にはクリームパンの聖地になりつつあります♪

 

 

▼mills by Truffle Bakeryさんの記事はこちら

「賞味期限5時間」の理由を想像しながら味わう。mills by Truffle Bakery の「生しぼりクリームパン」【春日市】

 

 

 

店舗情報

パンマルシェMOKUMOKU

住所:〒816-0844 福岡県春日市上白水3丁目41第2 河鍋ビル 103号[map]
営業時間:9:00~17:00
電話番号:092-558-7751
定休日:不定休
駐車場:あり
Instagram:@moku_moku_1

https://www.instagram.com/moku_moku_1/

 

働きながら始める不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

人生100年時代といわれる今、健康で長く働くことを考えるとともに、生涯お金に困らない資産形成プランを立てることがとても大切です。その不安を解消するために、不動産投資を始めてはみてはいかがでしょうか。「何から始めればよいか分からない」「難しそう」「リスクが高そう」といった声が聞こえてきそうですが、実は会社員にこそ不動産投資がおすすめなんです。本記事では会社員に不動産投資がおすすめの理由と、どのような投資の種類があるのかなどをわかりやすく解説します。

Sponsored

成長都市福岡C

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

合わせて読みたい

ポクポクとした、手作り感溢れる素朴さが肝。いくの製パンの「クリームパン」

 

“趣向を凝らした冷やし系”パンを楽しむ夏。パンサクの「冷やしクリームパン」【福岡県糟屋郡篠栗町】

 

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP