パンオタクが選ぶ福岡パン #002

ポクポクとした、手作り感溢れる素朴さが肝。いくの製パンの「クリームパン」

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただく新連載。2回目の今回は、早良区南庄「いくの製パン」さんのクリームパンです。


こちらが今回紹介するクリームパン。手のひらサイズの、ちょうどよい大きさです。

クリームパンが好き。

パン(小麦製品)が好きなのは言わずもがな、好きな食べ物を羅列する時に、かなりの確率で『小麦➕たまご➕乳製品』である事に気づく。

中でもその『美味足し算』の代表格とも言える『カスタード』の類には目がなく、特にシュークリームやクリームパンが大好きです。

ですがここで、強く申し上げたいのは、
『クリームパンとシュークリームを食べたい時の違いについて』
二者は似て非なるもの也。

あくまでも個人的見解ですが、シュークリームの『クリームパティシェール』と呼ばれるクリームは、『カスタード➕生クリーム』ですので、かなりの確率で『口中で、カスタードと生クリームが五分五分の割合で感じられるような』印象のものが多い気がしています。
よく言えばニュートラル。
あえて嫌な言い方をするならば、
せっかくの個性をお互い薄めあっている。

個人的には、たまごならたまご。乳製品なら乳製品。どちらかに突き抜けてくれている方が、好きだったりします。
(なので、たまご屋さんの〜、牧場の〜、とか銘打つお店で好みのシュークリームに出会う率高し)

対するクリームパンですが、こちらもお店によりますが『保形率の高いカスタードそのもの』をぽってりと包み込んでいらっしゃる場合が多い。
ほわほわの生地を噛み締めて、たまご!な感じのポクポクしたカスタードを満喫するわけです。

ですので、シュークリームでもクリームパンでもどっちでもいいや!という日は無く。

カスタード『飲みたい』とき、且つ、やや乳製品寄りの気分のときはシュークリームで、
カスタード『食べたい』とき、しかも今日はたまご!の気分のときはクリームパン、なのであります。

そんなわたしのお気に入りクリームパンは、早良区南庄にある「いくの製パン」さんのもの。
やはりポクポクとした、手作り感溢れる素朴さが肝。ふわふわし過ぎないフワもっちりな生地も、ぽってりクリームとの相性抜群なのです。


ミルクパンかな?と思わせる、ミルキーで、柔らかく、ほんのり甘みのある生地。

奄美大島のきび砂糖を使用したという自家製クリームは、ぽってりと、たっぷりと。こくがありながら、べったりしていない甘みです。

* * *

いくの製パン
住所: 〒814-0031 福岡県福岡市早良区南庄1丁目1−17 第42 川崎ビル 101号 [map]
定休日:水曜
営業時間:8:00~18:00
電話:092-776-1914
Instagram:https://www.instagram.com/ikuno_seipan/

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#福岡グルメ
#福岡ソウルフード
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP