福岡市東区香椎・千早エリアの個性派カフェ4選

福岡市東区の中心地であり、福岡市の副都心にも位置付けられる「香椎・千早エリア」。古い歴史を持つ一方で、ここ数年の間に一気に再開発が進み、新しい街として日々変貌を遂げています。そんな「香椎・千早エリア」に点在する個性派カフェ4店舗をご紹介します!

歴史あふれる街でありながら、再開発も進む香椎・千早エリア

福岡市東区の要所であり、福岡市の副都心としての機能を持ち合わせる香椎・千早エリア
JRと西鉄が併走しているというアクセスの良さもあり、住みやすい街としても知られています。
香椎・千早エリアを要する東区は、福岡市7区の中では最大の329,203人もの人口を誇っています(※2023年2月1日現在)。
香椎のシンボルとも言える「香椎宮」をはじめ、少し足を伸ばせば「マリンワールド海の中道」「海の中道海浜公園」「志賀島」といったレジャースポットが近いのも特長です。

フクリパでは「きむ兄」さんによるコラム「福岡エリア別探訪記」でも取り上げていただきました。


https://fukuoka-leapup.jp/city/202301.1064

今回はそんな香椎・千早エリアにスポットを当て、点在する個性派カフェやコーヒーショップをピックアップしてみました。香椎・千早エリアの散策がてら、ぜひ立ち寄ってみていただきたいです!

完熟バナナのエスプレッソバナナシェイクが人気!香椎川沿いにある小さなコーヒーショップ「珈琲小林」

JR香椎駅から徒歩10分ほどにある「珈琲小林」。香椎川沿いを歩いていると、小さな木の立て看板が目に入ります。ビルの一角がコーヒーショップになっていて、黒一色のクールな外観。お店の前にはベンチがあり、気持ちが良い季節には、道向かいの香椎川の歩道に咲く木々を眺めながらコーヒータイムが楽しめます。

店主・小林謙吾さんは、かつてこの場所にあった「ミマツ・スペシャルティー・コーヒーロースター」のスタッフとして働いていたお方。その後お店は閉店してしまいましたが、ビルの家主さんからお声がけをいただき、お店を譲り受ける形で2020年5月に「珈琲小林」を開業されました。
自慢のコーヒーは、有名な「コーヒーカウンティ」の豆を使用しているそうです。

コーヒー屋ながらも一番人気は「エスプレッソバナナシェイク」。使用するバナナは、仕入れてから完熟するまで店内で保管し、完熟して甘みが最高潮に達したら、仕込みを行ったのちに冷凍庫に入れ、ガチガチに凍らせて作るんだそうです。
その美味しさがSNSで話題となり、お客さんの7割がこのエスプレッソバナナシェイクを選ぶんだそうですよ!

ちなみに、隣接する香椎川はお花見スポットとしても人気。春になると川沿いに美しい桜の花が咲き誇るので、コーヒー片手にプチお花見も楽しめますよ。

リバーサイドカフェで、あたたかい小林さんの人柄と美味しいコーヒを存分に堪能してみては?

▶くわしくはこちらの記事をチェック

珈琲小林

住所:福岡市東区香椎駅前2-2-6
営業時間:12:00〜21:00
電話番号:なし
定休日:火曜日・不定休
Instagram:https://www.instagram.com/coffeekobayashi/

老舗コーヒー会社の3代目が営む「ミマツコーヒー本店」至福のコーヒーと粗挽きそば粉のガレットを味わう

次にご紹介する「ミマツコーヒー本店」は、なんとJR香椎駅からわずか徒歩2分。早足で歩いたら徒歩1分で到着するという、正真正銘の「駅チカカフェ」。
創業は戦後間もない1946年という、福岡を代表する老舗コーヒー卸の会社「美松珈琲貿易株式会社」が運営するカフェで、三代目の雲田将央さんがオーナーを努めています。

こちらがオーナーの雲田将央さん。雲田さんは「SCAAカッピングジャッジ(世界的に権威のあるアメリカスペシャルティコーヒー協会の審査員)」「Qグレーダー(国内で数少ないコーヒー鑑定士)」といった、国内でも有数の資格を持っている、まさに日本のコーヒー界のスペシャリストなのです!

そんな雲田さんに淹れていただいたカフェラテ(500円)。鮮やかなブルーのカップにリーフのラテアートが美しい一品。コーヒーのスペシャリストが淹れてくれただけに、もちろん味も格別!
ちなみにお好みのフレーバーシロップが追加できます。その数なんと20種類!

フード系も充実しており、中でも看板メニューのガレットは「粗挽きのそば粉を100%使用している」のが特長。粗挽きを使う理由としては、普通のそば粉より粗挽きの方がそばの味をしっかり感じられるからなんだそうですよ。

駅チカでアクセスも抜群な上、夜10時まで営業しているので、夜中にコーヒーを飲みたくなった時にふらっと行けるのもポイント高し。
コーヒースペシャリストのカフェで、至福のコーヒーと美味しいガレットをどうぞお楽しみあれ。

▶くわしくはこちらの記事をチェック

ミマツコーヒー本店

住所:福岡市東区香椎駅前1-14-19 浜男ビル1F
営業時間:10:00〜22:00
電話番号:092-410-2393
定休日:不定休
Instagram:https://www.instagram.com/mimatsucoffee/

エアロプレス式のコーヒーと見た目も楽しいクロッフルがベストマッチの「#FU_CAFE(フゥカフェ)」

次にご紹介するのは、JR千早駅の西口から徒歩5分の場所にある「#FU_CAFE(フゥカフェ)」。
店内はアメリカンなヴィンテージの看板やカラフルな椅子でコーディネートされ、かわいらしい雰囲気に仕上がっています。
お一人様向けのコンセント付きテーブルやWi-Fiも完備されており、ちょっとしたお仕事や勉強ができるところもありがたい存在です。

別名"小さなお庭カフェ"とも呼ばれていて、その理由が、床に人工芝が敷き詰められていて、入り口ドアからカウンター席にかけて板張りの小道があるという点。さらに一角には噴水スペースもあるので、カフェなのにまるで別世界に迷い込んだような錯覚すら感じてしまいます。

オーナーの田﨑大樹さんはスターバックスのご出身。合格率10%と言われる難易度の高いスターバックスの社内試験に合格した人だけが名乗れる「ブラックエプロンバリスタ(スターバックス認定のコーヒーマスター)」という経歴の持ち主。
コーヒーは糸島市にある有名なコーヒーロースター「COFFEE UNIDOS」の豆を使用し、ペーパードリップに比べて短時間で抽出できる上、コーヒー豆の個性を感じやすく、味がぶれにくい「エアロプレス式」で抽出しています。

おすすめスイーツの「クロッフル(税込430円)」はエアロプレス抽出のコーヒーとも相性抜群。
クロッフルとは韓国生まれのサクサク&もちもち食感が楽しめる新感覚のワッフルのこと。スティックが刺されているので、片手で食べれる手軽さと華やかな見た目が写真映えするということで、近年SNSで話題になっているスイーツです。

店内にはかわいいスポットがたくさんあるので、クロッフル片手に撮影するのも良さそうですね!

▶くわしくはこちらの記事をチェック

#FU_CAFE(フゥカフェ

住所:福岡市東区千早4−22−37
営業時間:11:00〜20:00
電話番号:092-405-0818
定休日:火曜日+不定休
公式サイト:https://www.fu-cafe1216.com/
Instagram:https://www.instagram.com/fu.cafe1216/

香椎参道に店を構えて20年、「香椎参道 Nanの木」。地元住民に圧倒的な支持を受ける自家焙煎コーヒーを味わう

福岡を代表する神社であり、東区の名所でもある香椎宮。境内に向かう参道の両脇には160本もの楠の並木が連なり、緑のトンネルを形成しています。
そんな参道沿いの木漏れ日が差し込む一角で、馨しい香りを放っているのが、「香椎参道 Nanの木」です。
元々は、先代社長が1987年に創業した「珈琲豆屋」が前身。当初はコーヒー豆の宅配事業を専門に行っていましたが、カフェ業態として2002年にオープンしたという歴史があるそうです。
壁面には「店主のコーヒーへの熱き思い」が飾られており、先代社長によるコーヒーに対する情熱がひしひしと感じられます。

広々とした店内は、物販エリアとカフェスペースに分かれていて、物販エリアではコーヒー豆やコーヒー器具をはじめ、自家製パンや焼き菓子、珍しい調味料など様々な食料品が販売されています。来店者は平日で1日平均150人週末になるとなんと1日平均200〜250人ものお客さんが訪れるんだそうです!

店内と別棟に焙煎所があり、その焙煎量たるやなんと月間3トンにもなるんだとか!
壁面には大きなキャニスターに入ったコーヒー豆がズラリと並んでおり、様々な産地とお好みの焙煎度合いの豆を購入できます。コーヒー豆はスペシャルティコーヒーと有機栽培コーヒーを採用しているのと、鮮度管理が徹底されているのが特長です。
なお、焙煎から時間が経過した豆はお得に購入できるというお得なサービスもあるんです。

11:00〜14:00までオーダーできるランチプレートの中でも一番人気なのが「Nanの木ホットサンド(税込850円)」。ホットサンドのパンは無添加の自家製パンが使用され、サラダやオムレツなど副菜も充実。ヘルシーなので特に女性に好評なんだそうです。
さらにプラス税込300円でおかわり可能な「本日のブレンドコーヒー」がオプションできます。

長年に渡り、地域住民や香椎宮への参拝客の立ち寄り処として連日賑わい続けている「Nanの木」。香椎エリアのカフェ巡りなら、ぜひ抑えておきたいところです。

▶くわしくはこちらの記事をチェック

香椎参道 Nanの木

住所:福岡市東区香椎1-3-31 香椎参道沿い
営業時間:10:00~18:00
電話番号:092-201-2201
定休日:木曜日
※木曜が祝日の場合は翌金曜日が店休日です
公式サイト:https://coffeemameya.com/
Instagram:https://www.instagram.com/nannokicoffee/

いかがでしたでしょうか。歴史ある老舗店からSNSで話題のカフェまで、様々なスタイルのお店が点在する香椎・千早エリア。全て駅から徒歩圏内なので、街歩きを楽しみながらカフェ巡りを楽しんでいただきたいと思います!

合わせて読みたい


オンラインもLGBTQも受け入れる香椎宮(福岡市東区)。「Eカシヒノミヤ」を通して改めて知る、神社の「在り方」。
https://fukuoka-leapup.jp/entertainment/202008.104


進化が止まらない!海の中道海浜公園エリアの完全ガイド記事5選
https://fukuoka-leapup.jp/city/202205.598


香椎が舞台の松本清張の代表作 映画「点と線」。完全犯罪は、なぜ破綻したのか?
https://fukuoka-leapup.jp/entertainment/202012.174

これから必要になってくる投資2

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

働きながら始める不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#スイーツ
#福岡グルメ
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP