自然と都会の絶妙バランス【小笹】の住みやすさ。「エンクレスト ガーデン福岡」誕生で子育て世代注目のまちに

中央区ながら程よく静かで緑あふれる小笹エリア。実は今、団地の建て替えにより、小笹のまちは転換期を迎えています。天神・博多へのアクセスは良好で、都会ならではの利便性は備えつつ、伸び伸びと子育てできる環境が整うバランスの良いまち・小笹。子育て世代なら知っておきたい、小笹エリアの住み心地とはどんなものなのでしょう。新たに誕生する大規模マンション「エンクレスト ガーデン福岡」の魅力とともに、不動産のプロに伺いました。

小笹エリアから博多・天神にバスで1本!都会と自然のいいとこ取り

中央区の小笹エリアと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

中には、パッと思い浮かばないという人もいるかもしれません。でも福岡市植物園があるエリアといえばどうでしょう。

子どものころ、もしくは大人になってから家族で、隣接する福岡市動物園とともに一度は訪れたことがあるという人も多い福岡の定番レジャースポットです。

 

福岡市植物園

 

「福岡市中央区に位置しながらも、豊かな自然に恵まれた小笹エリア。

実は都会と自然のバランスが絶妙で、子育て世代におすすめなんです」と話すのは、不動産投資や分譲マンションの販売を手がける株式会社えんホールディングスの竹内さん。

周辺は閑静な住宅街のイメージがある小笹。

小笹中央公園をはじめ、子どもたちが伸び伸びと体を動かせる公園が点在し、緑に囲まれた街ならではの心地よさにあふれています。

 

「地図では表示されないような、公園の中の抜け道などもあり、薬院や天神ぐらいなら歩いていくこともできるんです」と竹内さん。

ちょっとおでかけというときも、天神・博多へのアクセスはバスで1本なのも嬉しいポイントです。

 

もちろん、日々暮らす上で必要な環境は十分に整っています。

公園のほか、近隣にはスーパーやクリニック、学習塾なども充実。家族で外食できるスポットもたくさんあります。

「はま寿司」「ウエスト」「博多ラーメン膳」「笹うどん」などは、子どもと一緒に楽しむのにぴったりです。

予約必須の人気韓国料理店「韓庵」、小さなお子さんも一緒に入店できる個室付きのフレンチレストラン「seigou610」など、本格派もあり。

最近では、人気カフェ「FUK COFFEE ROASTERY」が出店。ラテアートが美しいコーヒーや焼き菓子などが楽しめます。

 

小笹の住みやすさは、データにも現れています。

令和2年3月に福岡市がまとめた「小笹校区データ集」 によると、小笹校区の住民の持ち家比率は、福岡市や中央区全体と比べて高いのが特徴。

また5年前から居住地に変更がない人の割合も高く、長く住み続ける人が多いエリアであることが分かります。

都会の利便性を享受しながらも、緑あふれる落ち着いた環境で暮らす。

子育て世代の理想ともいえる暮らしが小笹にはあるのです。

これから建て替えが進むということもあって、新しい世代がまちへと転入してくるまさに転換期を迎えている小笹。

どんどんと発展することが期待できる、伸びしろあるエリアなのです。

 

 

「エンクレスト ガーデン福岡」が誕生!公園隣接でロケーションも抜群

そんな小笹エリアで、子育て世代注目のマンションの建築がスタートしました。

それが、「エンクレスト ガーデン福岡」。小笹中央公園の北側に隣接し、プライベートガーデンのように公園とマンションが一体化した造りが特徴です。

さらに、庭園デザイナーとして高く評価される石原和幸さんが敷地内の植栽をプロデュースします。

 

とはいえ、実際に暮らすとなると気になるのが「坂」。

現地に詳しい竹内さんに尋ねてみると、「確かに坂はありますが、最寄りの小笹団地東門前バス停は歩いて2分ほど。

ゆるやかな坂なので、小さなお子さんと一緒でも心配いりません」。

 

 

小笹団地東門バス停からなら、天神・博多にはバス1本、どちらも25分前後です。

さらにバスで6分ほどの地下鉄桜坂駅を利用すれば、天神まで13分、博多までは16分。

街へのアクセスも良好なので、日々の通勤・通学にも便利ですね。

 

小高い場所にあるからこそのメリットもあります。それが、見晴らしの良さです。

 

 

「小高い場所に建つため、特に上層階ではタワーマンションの高層階と変わらないくらいの見晴らしの良さ。

お部屋によっては、福岡タワーやPayPayドームを望むことができるんですよ」と竹内さん。

また公園に面する低層階では、季節ごとに表情を変える公園の木々の姿を楽しむことができます。

 

 

364邸という大規模マンションだからこそできることも。

 

そのひとつが、充実した共用施設です。

 

「共用棟には、住民が自由に使えるライブラリーを備えています。

キッズスペースも備えているので、同世代のお子さまや親御さんたちのコミュニケーションの場としてぴったり。

さらに、テレワークや勉強などができるスペースもあります」。

 

このほか、全戸分以上の自走式平置き駐車場を完備。

さらに長く住まうことを考えて、配管のメンテナンスがしやすい構造として地下ピットを採用しています。

これまでにエンクレストシリーズのマンションを120棟建てた実績がある同社だからこそのこだわりです。

 

近年は、子育てしやすい環境を求めて、あえて都会から離れた場所で暮らすファミリーも増えています。

一方、子どもが成長していくにつれ「習い事や塾は都会が充実していた」「希望する学校が遠く、通学が大変になった」といった声も。

また、子どもが独立後、歳を取った夫婦が車を手放したことで「スーパーや病院へのアクセスが悪くて困る」といったケースも見られます。

 

おうち選びは、一生を左右するものです。家族の環境が変化しても、臨機応変に対応でき、長く暮らせる場所選びが重要。

都会と田舎、それぞれのいいとこ取りできるバランスの良さが魅力の「エンクレスト ガーデン福岡」は、まさにこれからの子育て世代にぴったりの住まいといえそうです。

 

 

 

エンクレスト ガーデン福岡 マンションギャラリー

 

■地下鉄でお越しの方

「六本松」駅2番出口より徒歩3分(220m

 

■バスでお越しの方

54-1番、96番「六本松二丁目」バス停下車徒歩2

214番、810番地「六本松(こんどう美容室)」バス停下車徒歩3

206番、2-168番他「六本松(福銀前)」バス停下車徒歩3

 

■お問い合わせ

0120-44-7760

営業/10:0018:00

定休日/毎週火・水曜(祝日除く)

 

ご来場予約はこちらから

合わせて読みたい

【『情熱大陸』出演!】緑の魔術師!庭園デザイナー石原和幸さんと福岡の関係

 

都市の再開発に人口増加!注目しておきたい全国トップの成長都市「福岡」のいま

 

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

エンクレスト香椎参道

美しい街並みで贅沢な日常を過ごせる「エンクレスト香椎参道」

Sponsored

関連タグ:
#PR
#不動産
#不動産クラウドファンディング
#不動産投資
#移住
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
紙とWEBの編集ライター
戸田 千文
愛媛県出身。広島、東京生活を経て、転勤族の夫とともに2018年夏に福岡暮らしをスタートした。情報誌やレシピ本、WEBコンテンツの企画・制作を通して出会うローカルのおいしいモノ・楽しいコトが大好き。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP