自転車を分解せずにバスにそのまま持ち込める貸切バス「CYCLE CARGO」が4月1日より運行スタート!

西日本鉄道株式会社は、自転車を分解せずにバスにそのまま持ち込める貸切バス「CYCLE CARGO」の運行を4月1日よりはじめます。九州では初導入の「サイクリングに特化した車両」となり、愛車とともに九州の山と海を楽しむことができるという、自転車ファンにとってうれしいサービスです。

サイクルツーリズムの機運を高める九州初の「サイクルバス」

近年自転車は、コロナ禍で密を避ける移動手段としての利用だけなく、地球環境にやさしい気軽なアウトドアレクリエーションとしても注目され人気を集めています。

また、自治体によるサイクルツーリズムの推進や、西鉄においては「サイクルトレイン」を導入するなど観光促進に自転車を活用する動きが活発化しています。
2023年度には九州各県でサイクルロードレース「ツール・ド・九州」をはじめとした多くのサイクルイベントが開催される予定となっています。

そんなサイクリング需要の高まりに合わせ、サイクリングイベントなどで幅広く活用できる交通手段を提供するため、既存の貸切バスを改造し、サイクリングに特化した「サイクルバス」が九州で初めて導入されます。

サイクルバス【CYCLE CARGO】について


出典:https://www.nishitetsu.jp/bus/cyclecargo/

CYCLE CARGOは「愛車とともに九州の山と海を楽しむ」をコンセプトに、自転車を分解せずにバス車内にそのまま持ち込める貸切バスです。
車内前方は自転車設置部分として、自転車を分解せずに最大18台持ち込むことが可能。
車内後方が座席部分となり、21名まで乗車することができます。
このようなサイクリングに特化した車両としては、今回が九州初導入となります。

外観イメージ
ビビッドなイエローを基調とした車体には、自転車や九州の自然や街をイメージしてデザインされています。

内観イメージ
前方がサイクルスタンドゾーン、後方が座席スペースになっています。

サイクルバス【CYCLE CARGO】の特徴

自転車を分解せずにそのまま乗車可能!

自転車を分解せず、そのまま自転車と一緒に乗車することができます。
車内にはサイクルスタンドが設置されているので、持ち込んだ自転車をサイクルスタンドに係留するだけ。
旅行中の昼食時や、観光スポットへの立ち寄り、ホテル宿泊時でも、盗難等の心配がなく、安心して自転車を保管できるんです。

広いトランクルームも完備!

広いトランクルームを備えているため、大きな荷物があっても、空港や駅から直接サイクリングツアーに出かけることが可能です。

通常座席からサロン席にレイアウト変更できる!

通常の前向き2人掛けの座席から、座席を改変することで全員が向き合えるサロン席へのレイアウト変更もできるのです。
単に出発地へ移動するだけでなく、車内での移動時間をみんなで楽しみながら、さまざまなサイクリングスポットを巡ることができます!
ちなみに、このサロン席にレイアウト変更できる「サイクルバス」は、西鉄の車両だけなのです!

こんな使い方ができます!

レースなどの選手輸送はもちろん、サイクリストの団体貸切や旅行パックツアー、さらにイベント利用など、さまざまな活用方法に期待できます。

ちなみに博多駅発着で、原鶴温泉に一泊二日するモデルコースはこのようなイメージです。

運行開始は4月1日(土)より!現在予約受付中です!

すでに予約受付は2023年3月8日(水)からスタートしています。
貸切利用は西鉄観光バスの公式サイトから、パッケージツアーは西鉄旅行株式会社の公式サイトから予約できますので、利用してみたい方はぜひご予約をされてみてくださいね!

西鉄観光バス 公式サイト:https://nishitetsu-kankoubus.co.jp/
西鉄旅行株式会社 公式サイト:https://www.nishitetsutravel.jp/

サイクリストにとって、待望の「CYCLE CARGO」。運行開始によりさらなるサイクルツーリズムの発展と、自転車の新たな楽しみが広がりそうですね!

合わせて読みたい


世界で活躍したサイクリスト山田大五朗がプロデュース!福岡を体感するサイクリング
https://fukuoka-leapup.jp/city/202004.43


福岡はなぜバス大国に?西鉄バスの凄いところから2023年注目の話題まで
https://fukuoka-leapup.jp/tour/202302.1158


役割を終えた西鉄バスがアート作品に!バス好きは要チェック「SCRAP ARTプロジェクト」始動!
https://fukuoka-leapup.jp/city/202302.1162

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

関連タグ:
#ビジネス
#新事業
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP