【画像】フクリパ短信

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

福岡空港の旅客施設使用料は国内線・国際線共に国内空港で3番目の安さ

今日、日本には、97の空港があります。このうち、主要な空港では、空港施設の整備・拡充を目的に国内線・国際線の利用者から旅客施設使用料を設定しているケースもあります。日本の主要空港における空港施設使用料について今回、注目していきます。

国内線の旅客施設使用料で110円の福岡空港は3番目の安さ

【『国内線旅客施設使用料』ランキング(大人料金)
1:茨木空港100円、同北九州空港100円、第3位:福岡空港110円、第4:静岡空港140円、第5:熊本空港200円……第10:新千歳空港370円、同羽田空港370円、第12:中部空港440円、同関西空港370円(第1ターミナル)、第14:成田空港450円……。

 

 

国土交通省『空港一覧1.空港(ヘリポート・非公共用飛行場除く)』によると、日本には、97の空港がある。
今日、日本にある97空港の主要な国内線旅客ターミナルビルのうち、国内線において『旅客施設使用料(Passenger Facility Charge)』を設定しているのは、15空港だった。
この15空港において、国内線旅客施設使用料が110円だった福岡空港は、100円だった茨木空港と北九州空港に次いで、日本で3番目に国内線の旅客施設使用料が安い空港だった。

 

 

旅客施設使用料とは、利用者が対象空港発着便の航空券を購入した際に航空運賃と共に支払っている料金である。
支払った旅客施設使用料は、航空会社から空港管理会社に納入される。
そして、各空港の管理会社では、旅客施設使用料を出発・到着ロビーをはじめとする空港施設を整備していくための費用などに充当している。

 

【画像】フクリパ短信

 

 

福岡空港は国際線の旅客施設使用料でも国内3番目の安さ

【『国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料』ランキング(大人料金)
1:茨木空港530円、第2:仙台国際空港700円、第3位:福岡空港980円、第4:那覇空港1,000円、第5:成田国際空港1,040(3ターミナル)……第8:成田国際空港2,130(12ターミナル)、第9:新千歳空港2,610円、第10:中部国際空港(1ターミナル)2,620円、第11:関西国際空港(1ターミナル)2,780円、第12:羽田空港2,950円……。

 

 

日本にある97空港のうち、国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料を設定しているのは、12空港だった。
これら12空港のうち、国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料が980円だった福岡空港は、530円の茨木空港、700円の仙台国際空港に次いで、日本で3番目に安い空港だった。
福岡空港は、国内線・国際線の旅客施設使用料で共に日本の空港で3番目の安さになっている。
一方、福岡空港と共に日本の拠点空港に指定されている新千歳空港、成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港の国内線旅客施設使用料は、370円~450円という価格帯となっている。
また、国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料では、2,130円~2,950(除くLCC向け)だった。

 

 

福岡空港における2023年度の旅客者数は、国内線で対前年度比14%増の1,787万2,155人、国際線で同213%増の706万5,600人だった。
現在、福岡空港では、空港施設の拡充に向けて多額の投資が実施されている。
今後、もしも福岡空港において、国内線・国際線の旅客施設使用料を他の拠点空港並みに改訂すると、年間で150億円前後の収入増を図ることができ、健全な空港経営にも大きく寄与していくものとみられる。
今後の福岡空港の動向について、注目していきたいと考える。

【画像】フクリパ短信

 

 参照サイト

日本航空『国内線旅客施設使用料(PFC)について』
https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/airport/pfc/

 

国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料および国内線旅客施設使用料について
https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/airport/psfc/

 

全日本空輸『国内線旅客施設使用料(PFC)のご案内』
https://www.ana.co.jp/ja/jp/guide/plan/charge/pfc/

 

スカイマーク『【国内線】空港を利用する際に発生する(空港)施設使用料とは何ですか?』
https://faq.skymark.co.jp/app/answers/detail/a_id/1869/

 

あわせて読みたい

福岡空港が生まれ変わり、エアポートシティとして飛躍する ~第2滑走路誕生まで、あと1年~
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202402.24090

 

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#ランキングでみる福岡の実力
#福岡空港
この記事をシェア
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP