【画像】画像提供:新天町商店街

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

2030年度開業を目指し、福岡パルコ~新天町ビル~西鉄福岡駅ビル~新天町商店街一体でプロジェクトを推進

福岡市都心部である天神エリアに位置する福岡パルコ~新天町ビル~西鉄福岡駅ビル~新天町商店街が、複数街区にまたがった連鎖的で段階的な再開発プロジェクトに向けて、動き始めています。今回、(仮)天神二丁目南ブロック駅前東西街区プロジェクトについて取り上げていきます。

(仮)天神二丁目南ブロック駅前東西街区プロジェクトの事業概要

【画像】画像提供:新天町商店街

画像:(仮)天神二丁目南ブロック駅前東西街区プロジェクト資料より

 

駅と直結する利便性を活かした「ひとを中心とした、歩いて出かけたくなるまち」の実現に向けて━━━。
福岡市の都心再開発『天神ビッグバン』の起点である天神四つ角。
その西南部に位置する福岡パルコ本館・新館(東街区)~新天町ビル(同)~西鉄福岡駅ビル(同)~新天町商店街(西街区)の一帯エリア約2万2,000平方メートルが、都心再開発に向けて動き出す。

 

 

同エリア内に立地する新天町商店街商業協同組合、株式会社新天町商店街公社、株式会社パルコ、西日本鉄道株式会社、株式会社三井住友銀行の5者は、『天神二丁目南ブロック駅前東西街区都市計画推進協議会』を設立
そして、同協議会では、(仮)天神二丁目南ブロック駅前東西街区プロジェクトについて検討してきた。
同プロジェクトでは、現状細分化されている街区を再編し、敷地を一体化していくことで大街区化を図っていく。
そして現状、歩行者と自動車が交錯する交通環境の改善を図ると共に駅前での滞留や賑わい・憩い空間不足の解消を目指す。

 

 

安心・安全な歩行者ネットワークの構築と賑わいのあるまちづくりを実現していくために東西街区が〝共働〟で整備し、複数街区にまたがった段階的で連鎖的なプロジェクトの実現を目指す。
天神二丁目南ブロック駅前東西街区都市計画推進協議会では202211月、天神ビッグバンボーナスの取得に向けて福岡市への計画概要書を提出しており、その際に発表した資料には、次のように記載されていた。

 

天神二丁目南ブロック駅前東西街区都市計画推進協議会

敷地が一体化し大街区化されることで、大規模な敷地を活かした施設の導入や老朽化している建物の更なる耐震性の向上に取り組み、賑わい・活気を感じながら安心・安全に買い物・通行できる空間を整備するとともに、歴史を継承しつつ未来に向けた商店街・商業施設を低層部に形成し、天神の中心地としての立地ポテンシャルを活かした、新しい文化・芸術を感じられる複合施設を目指します。

なお、開業時期をはじめとするスケジュールについては今後、変更になる可能性があるとする。

 

 

戦後の焼け野原の中から復興した新天町商店街

【画像】新天町商店街

 

「福岡市の再建はまず商店街建設から」━━━。
福岡大空襲で焼け野原となった福岡・博多の地において西日本新聞社は終戦後、郷土再建活動案の一つとして西鉄福岡駅付近での商店街建設案を打ち出した。

 

 

1945年1222日、戦後復興の第一弾として、新天町商店街(西日本公正商店街)の起工式が開催された。
当時、天神四つ角の西南部は旧福岡高等女学校の敷地があり、土地と建物を組合が所有・管理する方式で新しい商店街が誕生した。
その商店街の名称として、「新しい天神町を創る」という思いから新天町と命名されたという。

 

 

19468月に一部店舗がオープンして同年1015日に全店揃って、戦後初となる本格的な商店街である新天町商店街の落成式典と創業祭を開催した。
「博多の花道」のキャッチフレーズでスタートした新天町商店街は1948年、『新天ステー新天音頭』のレコードが完成した。
さらに19497月、博多祇園山笠の飾り山笠が、初めて博多部以外で新天町商店街に登場した。
そして、19509月には、新天町商店街に西日本で初となるガラスアーケードが完成して、「晴れても降っても新天町」というキャッチフレーズも誕生した。
また、新天ステージでは、ラジオ放送によるNHKのど自慢の中継も行われたこともある。

 

 

今日、アーケード付き商店街の新天町商店街は、北通りと南通りの2通りと新天町地下『ファーボ』(Favo)で構成されている。
新天町商店街全体の敷地面積は、約8,300平方メートル。商店街自体は、東部(地下1階・地上5階建て)、中央部(3階建て)、西部(同)の3棟の建物で構成されており、延床面積は約25,900平方メートルとなっている。

 

 

参照サイト

(仮)天神⼆丁⽬南ブロック駅前東⻄街区プロジェクト〜駅と直結する利便性を活かした「ひとを中⼼とした、歩いて出かけたくなるまち」の実現に向けて〜
https://www.nishitetsu.co.jp/ja/news/news-20221130-2/main/0/link/22_077.pdf

新天町商店街Webサイト『新天町物語』
http://www.shintencho.or.jp/story.html

 

 

あわせて読みたい

商店街は〝20世紀の発明品〟だった!? 〝商都〟博多・福岡の商店街を見てみる
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202309.15625

 

 

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#商業施設
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP