コテンリレー #014

コテン的プロセスエコノミー徹底解剖

歴史を面白く伝えるPodcast「COTEN RADIO(以下、コテンラジオ)」を配信している株式会社COTEN(以下、コテン)を誰よりも近くで追う「コテンリレー」。今回は、ポスト資本主義に舵を切ったコテンが「プロセスエコノミー」をキーワードに始めた取り組みについて追いかけたいと思います。

コテン的プロセスエコノミーとは?

「プロセスエコノミー」とは、連続起業家のけんすう(古川健介)氏と、書籍『プロセスエコノミー』の著者であるIT批評家の尾原和啓氏が提唱した考え方で、完成した製品やサービスのアウトプットだけではなく、その制作過程を公開し、そこから収益を得ることです。

プロセスを公開することで他と差別化しながらファンをつくり、結果的にその製品・サービスにもファンが集まるというマーケティング手法として昨年話題を呼びました。
 

この『プロセスエコノミー』の著者である尾原氏も、コテンラジオの番外編に出演され、新しい資本主義への実態の変化を感じる人たちがアクセスしたのは記憶に新しいところです。

そしてこちらが、COTEN CREWのみに公開された動画の様子はこちら。


羽田

コテンの試みは、『プロセスを収益化』することではなく、『仲間を増やすこと』が目的です。
具体的な製品やサービスがない状況でコテンが人材や資金を獲得できてきたのは、Vision・Missionや、そこに向かって進む会社のプロセスに共感してもらえたからではないか、と考えています。

僕自身も、番組内で深井が「どうすればラジオが持続可能か」と話していたのを聞き、「こうしたらどうだろうか?」と連絡をしたことがきっかけです。

そしてありがたいことに、今も多くの方々から「自分の知見を使ってもらえないか」といった声が届くんです。
これがコテンの魅力のひとつだと思っています。

 

サーシャ

私も同じくコテンラジオリスナーだったんですが、深井がラジオの中でメタ認知を経た歴史の解釈を、ちょっと皮肉を込めて話してくれるその距離感が「うわー、めっちゃわかる!」となり一気にハマってしまいました。

たぶんこの解像度でコテンラジオに親和性を持ってくれている方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

他にも多くの業務委託やプロボノのメンバーがコテンラジオをきっかけに集ってくれていますね。


 
コテンの事業にはコーポレートサイトに載っている人以外にも多くの方が携わっています。
その中には、外資系コンサルにいながらプロボノとしてコテンの事業に知見を惜しみなく提供している方や、「前職のほうが給料は確実によかったのでは?」と思えるような経歴の方が多々いらっしゃいます。
 
そう、従来の資本主義的価値観では考えられない形で、世界史データベース事業を真剣に考えている人の集まりがコテンであり、同じようにコテンの目指す世界に関わっていきたいと思っている人が、現在「COTEN CREW」になってくれています。

コテン的プロセスエコノミーを推進する、羽田さんとサーシャさん

ちなみに、このコテン的プロセスエコノミーの醍醐味として二人が口をそろえて語ってくれたのが、「共感」でした。
  

羽田

個人差はあると思いますが、いま、物質的な豊かさを一定程度満たしてきたので、社会が余白を持ち始めているのではないかと感じています。

だからこそ、資本主義の実態を変えていくというコテンの試みに対し「共感」が生まれているのだと思うんです。

  

サーシャ

そうですね。今回、プロセスエコノミー的な取り組みにチャレンジすることで、コテンラジオを通じた歴史的なメタ認知にとどまらず、コテンが実行していこうとしている試みに対してもCOTEN CREWが「共犯関係」になっていくといいなと考えています。
 
自分だけではできないことを、深井を切り込み隊長としたコテンという船が航海に飛び出していく。

次々とCOTEN CREWが増えて、大きな輪になっている感じがしていまして、このプロセスエコノミーの試みを通して、さらにこの輪がどんどん大きくなっていくといいなと思っています。


 


羽田

コテンラジオなどで深井もよく口にしていますが、僕たちは様々なことを『実験』していきたいと思っていて、今回の社内会議公開も『実験』のファーストステップです。単に公開して終わりにするのではなく、これからも色々とトライしてみて、COTEN CREWのみなさんと僕たちとで作っていけたらなと思っています。

 

サーシャ

社内会議の動画公開も、やってみたものの結果的にCREWのみなさんに刺さらなかった、ということも十分にあり得ますからね…。実験は続けていきたいです!

>>「コテン的プロセスエコノミー第一弾の結果見えたものとは?」

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

この記事をシェア
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP