コテンリレー #014

コテン的プロセスエコノミー徹底解剖

歴史を面白く伝えるPodcast「COTEN RADIO(以下、コテンラジオ)」を配信している株式会社COTEN(以下、コテン)を誰よりも近くで追う「コテンリレー」。今回は、ポスト資本主義に舵を切ったコテンが「プロセスエコノミー」をキーワードに始めた取り組みについて追いかけたいと思います。

コテン的プロセスエコノミー第一弾の結果見えたものとは?

さて、こうして大公開された「コテン的プロセスエコノミー」第一弾。
「公開しました」で終わってしまうとプロセスエコノミーにならないので、エピソードへの個人COTEN CREWの反応も共有してもらいました。

COTENのVision・Missionへの印象の変化について

最も多かった回答は「少し変わった」が38.7%で、「解像度があがった」というコメントが大半を占めました。コテンラジオを始めとするコテンの発信からVision・Missionの内容は理解していたが、この度の動画公開によってVision・Missionがより鮮明になった、という方が多かったようです。
 
<コメント抜粋>
・解像度が上がった。今までは想いや最終ゴールの面から理解していたが、それに加えて具体的なプロセスや手法についても話していたのでわかりやすかった。
・一緒に検討したような気分になり、Mission/Visionへの共感が高まった
・私自身も「メタ認知は必ずしも人を幸せにするものではない」という疑問を持っていましたが、この点は質問があって言及してくれていたので理解が深まりました。
・反論や疑問に対して、一つ一つ議論したり、今後の課題としたりと、いろいろな側面からビジョン、ミッションを考えることができて理解が深まったと思う。ビジョン・ミッションが作られて行く過程はなかなか知る機会がないので、そこを知れたことでより身近に感じられるようになったと思う。
 
また、他の選択肢を選んだ方々のコメントにも同様のものが多く見られ、変化の度合いは個々で差があれどほとんどのCOTEN CREWが「コテンが日頃から発信している内容通りである」と感じている様子が見て取れました。

株式会社COTENへの印象の変化について

コテンへの印象については、34.3%が「あまり変わらなかった」と回答。Vision・Missionへの印象と同じく、今までのコテンの発信から抱いていた印象と大きな相違なかった様子。とはいえ「コテン」という会社の内情は垣間見えたようです。
 
<コメント抜粋>
・こちらが想像していたような議論のされ方であったが、想像以上に解釈の曖昧さをよしとしない社風である事を感じた。
・印象は変わりませんが、株式会社cotenが何を目指していてどう考えているのかは前より理解ができたような気がします。
・社長に対して、砕けた言葉で皆が話している姿はとても素晴らしいと思った。そこに違和感がなかったし、皆自然体なのだなと思った。
・COTENがどのように運営されているかの一端にふれることができ新鮮でした。

アンケートの結果をみて、お二人に感想を聞いてみました。
 


羽田

COTEN CREWの方々は、コテンを本当によく理解してくださっていると日頃から社内でも話題にのぼりますが、それが如実にわかる結果になったようにと思います。コテンラジオを始めとする各Podcastやプレスリリース、SNSなどを通じて発信し続けてきたことが今に繋がっているのだと感じられた結果でした。

その一方で『よくわからなかった』『謎なまま』といったコメントもあり、今回の動画公開単体では、コテン的プロセスエコノミーの効果はまだ判断できません。
深井もよく口にしているように、コテンは何事も実験していく会社なので、更なる実験を続けていきたいと思います。

 

サーシャ

コテンラジオのファンになってくださっている方々がたくさんいらっしゃり、とても嬉しく思っています。

今後はより私たちのVision・Missionの達成を一緒に目指していける形にできたらと思っているので、もっと会社としての発信を増やしていきたいですね。

コテンラジオが好きで応援してくださっている方々に、もっとコテンという会社のことも理解していただけるように、伝えていきたいと思っています。
プロセスを開示していくことで、よりCOTEN CREWの方々を巻き込めるようなチャレンジができたらと思います。

* * *

今回のプロジェクト結果の中で、大半の方がこの動画を見る前と後で印象が「変わってない」または「より理解が深まった」と回答していることが特徴的でした。
VisionやMissionの達成に向けたプロセスエコノミー的な試みとしての動画公開でしたが、COTEN CREWになったタイミングで、一定程度の理解を得られており、大きなズレが出るなかったことは特筆に値すべきことではないかと思います。
 
この結果を踏まえ、企業がプロセスエコノミー的な試みを行っていくうえで、今後どのようなコンテンツがしっくりくるのかを検証する意味でも、COTEN CREWへの情報発信は今後も注目したいところです。

▶「コテンラジオ」を応援したい!という方は、ぜひ「COTEN CREW(サポーター)」に登録を!
▶コテンリレーの更新情報をFacebookで知りたい方はこちら!
▶過去のコテンリレー記事はこちら

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

フクリパ4周年アンケート

【3/22まで】『フクリパ』4周年記念キャンペーン 読者アンケート実施中!

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP