ローカルグルメからお土産まで。商店街の新たな魅力に出会う新プロジェクト【福岡市】

福岡市内には地元住民に愛されるディープな商店街がたくさん!店主との掛け合いや食べ歩きなど、散策するたびに新しい出会いや発見があります。グルメからお買い物まで、まだまだ知られていない商店街の隠れた魅力を発信する、新たな取り組みがスタートします。

歩いて楽しい!商店街の日常そのものが、旅の目的地に

代々続く老舗店や、若い店主が新たに営む店など、新旧のお店が軒を連ねる商店街。ローカルな雰囲気も魅力で、通りから一本脇道を入ると、細い路地に行列店があったり、名店が存在していたりと、福岡市民であってもまだまだ知らない未開拓の場所が多数あります。店主との何気ない会話や、そこにしかないローカルフードやお土産など、地元ならではのディープな楽しみ方ができるのは商店街ならでは。海外へ行くと市民の台所でもある市場やマルシェを覗いてみたくなるように、福岡市内に点在する商店街は、旅の目的のひとつとして大きな可能性を秘めています。

 

>>あわせて読みたい「福岡市に日本最古の商店街がある?! 商都博多・福岡の商店街を読み解く」

 

 

 

福岡市内の商店街がおもしろい!

福岡市内には約130か所もの商店街があることをご存知ですか?アクセスしやすく、商店と地域の人々が独自のコミニュニティを形成する商店街は、いわばその街の顔。商店街といえばアーケードを思い浮かべる方も多いと思いますが、エリア内にお店が点在した商店街など、立地環境や歴史などにより、その形態は様々。福岡を代表する川端商店街や柳橋連合市場などのほかにも、魅力的な商店街がたくさんあります。そんな福岡市内各地の商店街が手を取り合い、福岡のさらなる魅力発信をすべく新しいチャレンジを開始しました。

 

 

まずは、「福岡城さくらまつり」をはじめとした各地で開催されるさくらまつりにあわせて、大濠公園周辺の6つの商店街が各商店街の特徴を生かし同時開催するイベントをご紹介します。

 

 

 

 

福岡の人気エリア!大濠公園周辺の6つの商店街で開催

福岡市民のオアシスであり、観光スポットでもある大濠公園周辺にある6つの商店街で、それぞれイベントを開催。大濠公園から徒歩圏内で行けるエリアが多く、気軽に散策できます。

 

【キックオフイベント参加商店街】

・唐人町エリア(唐人町商店街連合会)

・西公園・大手門エリア(西公園商工連盟)

・港エリア(大手門商店街、みなと銀座商店街振興組合)

・六本松エリア(六本松商店連合会、西陵の街・六本松421会)

 

6つの商店街が特色を生かした企画でお出迎え

初の試みとなるイベント開催に向けて、昨年の夏以降、6つの商店街が集まり、複数回に渡ってワークショップを実施。来場された方に楽しんでいただけるよう、それぞれの商店街の特色を生かしながら、訪れた方との交流をイメージして準備を進めてきました。目的がなくても、ふらりと散歩するだけで新しい出会いや発見があるかも?
大濠公園周辺地域でおこなわれるさくらまつりと同時開催なので、お花見前の買い出しはもちろん、お花見後には商店街のはしごもぜひ楽しんでください!

 

【各商店街のイベント概要】

 

唐人町エリア(唐人町商店街連合会)

 

日程:2024324(日)・30日(土) 

時間:11002000

会場:唐人町商店街、奄美大島物産館・まんでぃ前

内容:①ウエルカムドリンク(唐人町にゆかりのある『ヤクルト』ほか)
   店舗連携によるサービスの提供、誘導看板仮設置、くつろぎベンチの設置
参加方法:①ウエルカムドリンク→現地での簡単なアンケートへの回答者に進呈(数量限定・先着順)

 

 

<唐人町商店街>

400年以上の歴史を持つアーケード商店街。PayPayドームにも近く、シーズン期間中はパブリックビューイングや優勝セールで盛り上がり、多くの野球ファンにも愛されています。商店街内には“劇団ショーマンシップ”が拠点を置く『甘棠館Show劇場』があり、多くの福岡の文化人も利用。昔ながらの惣菜店や甘味処も人気です。

 

 

西公園・大手門エリア(西公園商工連盟)

 

日程:2024324(日)~30日(土)

会場:西公園・大手門エリアの各店舗

内容:エリア内店舗をめぐるスタンプラリー

特典:エリア内飲食店で使える割引クーポン配布

参加方法:西公園さくらめぐり会場及び福岡城さくらまつり会場にて配布されるフライヤーを持参の上来場

 

 

<西公園商店街><大手門商店街>

大濠公園から西公園までを繋ぐ「西公園さくら参道」沿い一帯に広がる西公園商店街。行列のできるパスタ店やパティスリー、昔ながらの銭湯などがあり、桜の名所である西公園には光雲神社があります。また舞鶴公園から最も近い大手門商店街にも、地域住民が足繁く通う個店や地域密着型のスーパーなどがあり、新たな店が続々と登場しています。

 

 

港エリア(大手門商店街、みなと銀座商店街振興組合)

 

日程:2024324日(日)

時間:10001500

会場:カモメ広場(防災倉庫前スペース)

内容:①アートスポット巡り ②アートワークショップ ③アーティストによるライブペインティング

特典:アートスポットを巡っていただいた方に、地域のお店で使えるクーポン券と特製キーホルダーの配布

参加方法:①アートスポット巡り:各所のアートスポットを撮影しSNSに投稿。アートスポットの場所は会場や各施設、店舗にて配布 ②アートワークショップ ③ライブペインティング:会場にて受付・参加費無料

 

 

 <みなと銀座商店街>

荒津大橋や造船所を望む港に隣接する「みなと銀座商店街」。老舗のパン屋やお弁当屋、ライブハウスなどがあり、港近くの「かもめ広場」では毎月第2・第4日曜日にイベントを開催しています。古いビルの壁面をキャンパスに見立てた巨大ウォールアートは必見!夜にはライトアップされます。

 

 

六本松エリア(六本松商店連合会、西陵の街・六本松421会)

 

日程:2024330日(土) 

時間:10001500 

   ※雨天時は31日(日)に延期

会場:サクラまつり梅光宴会場

内容:草香江校区のヒーロー「超戦士草香江ヒーロー グラスサイダー」の特製ウエルカムドリンク「六本松グラスサイダー」の配布

 

<六本松商店街><青陵の街・六本松421>

福岡市中央区では最も多い店舗数の「アーケードを持たない商店街」。新しいお店から古き良き昭和レトロな居酒屋まで、個性溢れるお店が点在しています。草ケ江校区で圧倒的な知名度を誇る超ローカルな日本初のご校区ヒーロー「グラスサイダー」は、この街を見守る人気者。また、3月からは六本松地域のお店のご主人にスポットを当てたポッドキャストを配信予定です。街歩きガイドとして、個性あふれるお店巡りに活用できるかも!

 

※各商店街のイベント内容は変更となる可能性がございます

 

 

★商店街イベントの詳細は、公式インスタグラム「ふくおか商店街」からチェック!

https://www.instagram.com/fuk_shotengai?igsh=OXR3Nzl0c29vejlh

 

春を彩る桜も鑑賞!今週末のお出かけは商店街へ

今回のキックオフイベントは、桜の季節に合わせて開催されます。各地で開催されるさくらまつりとセットで春のおでかけを満喫しませんか。今後ほかの商店街でもさまざまな取り組みを開催予定とのこと。これからの商店街の動きにも注目です!

 

※桜の開花状況により変更になる場合があります

 

福岡城さくらまつり

あわせてチェック!>>「福岡城さくらまつりが開催。約1,000本の桜と舞鶴公園内各所がライトアップ!期間中『幻の天守閣』も登場!327日〜4月7日」

 

 

・「第7回 サクラまつり梅光宴」

 

・「西公園さくらまつり」

 

 

 

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

合わせて読みたい

博多の下町商店街!川端通商店街あるある4選

 

福岡を代表する川端通商店街が大盛況の理由

 

福岡の吉塚商店街が「吉塚市場リトルアジアマーケット」へ。外国人共生の“まち”で復活!

 

九州一の商都・天神はどうやってできたのか。キーとなった「都心界」とは?

 

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP