歴史から生まれる「福岡」の魅力

福岡を代表する川端通商店街が大盛況の理由

「福岡の商店街といえば、川端と新天町!」地元・福岡人ならそう思い浮かべる人も多いでしょう。特に川端通商店街は、博多の祭りの舞台でもあり、観光スポットとしてもなじみの深い商店街。実は、賑わいを創出するべく、さまざまなことにトライしているのです。今回はその成功の裏にある想いと取組をレポートします。

この記事の目次

博多を代表する老舗の商店街「川端通商店街」とは


常に賑わいがある「川端通商店街」の秘訣はライバル関係にある?


Q:93カ国約2800名、そのうち海外1700名の研究者が、博多の魅力、地元の人とのふれあいを体験し、満足度も非常に高いものに。決定や準備など大変ではなかったですか。


Q:2015年からは、ソフトバンクホークスのパブリックビューイングを商店街で行いました。


Q:外国人旅行者向け施策も一気にすすめられました。


Q:2017年からは「川端夜祭」をスタート。商店街全体が縁日のように賑わいました。


Q:今年2021年3月からプレミアム付商品券「博多よかぺい」を販売されていますね。キャッシュレス、そして誘客促進の取組として手応えはいかがですか。


これからの川端通商店街


【取材を終えて】


関連タグ:
#福岡観光
#商店街
#観光ビジネス
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

帆足 千恵
 編集者
帆足 千恵
福岡のタウン情報誌の編集者として1990年代から海外30カ国、60エリアを取材し、世界の旅行情報を発信。2001年より外国人旅行者向けの編集制作や企画、調査、マーケティング、プロモーションを行い、九州インバウンドのパイオニア的な存在。2020年4月 海外旅行情報サイトを公開予定。

TOP