全国的にも珍しい市指定文化財を活用した宿泊施設「みなも 鏡田蔵」が4/28(金)にオープン!【福岡県うきは市】

福岡県うきは市の筑後吉井に、2022年7月に開業した分散型古民家宿「みなも」。その新客室として、市指定文化財を活用した「みなも 鏡田蔵」が4月28日(金)にオープンします。市指定文化財を宿泊施設として活用するのは全国的にも珍しく、これからの地域活性化の新しいスタイルとして期待できそうです。

分散型古民家宿「みなも」とは?

白壁土蔵造りの建物群と水路で構成された風情ある町並みが残る、国の重要伝統的建造物群保存地区(以下、重伝建)である「筑後吉井」に点在する、複数の古民家を活用した宿泊施設です。

2022年7月に2棟5室の客室がオープンしました。

 

このたび、新客室としてオープンするのは、古民家活用を軸とした地域活性化事業を推進する「株式会社tsumugi」が、令和3年度より指定管理者として管理を行う「鏡田屋敷」の蔵を改修したもの。全国的にも珍しい市指定文化財を活用した宿泊施設なのです。

 

「みなも」のある「筑後吉井」について

福岡県の南東部に位置するうきは市。九州一の大河である「筑後川」と、全長20数kmに及ぶ「耳納連山」に囲まれた風光明媚な街です。

年中獲れる果物や野菜、畜産などの豊かな食資源、そして市内ほぼ全域で地下水を利用して生活するほどの良質で豊富な水に恵まれており、市内には2件の重伝建があるほか、当地固有の歴史・文化資源が多数残っています。

 

「みなも」の位置する「筑後吉井」は、福岡県で初めて国の重伝建に選定され、江戸〜大正期の150件以上の白壁土蔵造や木造の町屋・屋敷が建ち並んでおり、江戸期に開削された水路と調和した町並みが人気のエリアです。

近年は、個性的な店舗の創業が相次いでおり、市内有数の観光地にもなっています。

 

新客室「みなも 鏡田蔵 301」について

築160年の「鏡田屋敷」の主屋

 

鏡田屋敷は、文久3年(1863年)に郡役所の官舎として建てられ、その後明治期に一部増築されたといわれています。

家屋の周囲が、庭園・蔵・塀で囲まれ、筑後吉井の中で現存する唯一の屋敷型建造物で、通常は無料公開されている施設です。

 

正面の「鏡田屋敷」主屋右手にあるのが、今回オープンする新客室「みなも 鏡田蔵」

 

今回改修を行った蔵は、物置として使われておりましたが、「うきはの恵みに酔う」をコンセプトに、1階には宿泊客が利用できるセルフバーを、2階には居室及び寝室を据えた、1棟貸しの客室として生まれ変わります。

 

2022年11月には、うきはの水と素材を楽しむイベント「BARうきは」を実施

 

「水の力に支えられた、うきはのいとなみに浸る」をコンセプトにしている「みなも」の各客室には、湧水や在来茶、麺などの「水」と関係性の深い、うきはの産品が揃えられています。

客室では、うきはの恵まれた「水」をはじめ、生産者の想いと土地の力に育まれた果物やお茶などのうきはの素材を、お酒とともに愉しめます。

時季によって変わる素材と、素材に合わせたお酒が客室のバーに用意され、宿泊者自身がバーテンダーとなってカクテルを作る体験ができます。

客室のバーは、福岡・中洲の名店「Bar Higuchi」が監修。”うきはの恵”を心地よい酔いの中で味わうことができ、「大切な人をおもてなしするひととき」が提供されます。

 

1棟貸しな上、専用のバーまで用意されている宿泊施設は、特別なシーンで役立ちそうですよね。しかも、市指定文化財に泊まるのは、かなり貴重な経験になりそうです!

 

 

「みなも」には他にも、タイプやシーンで選べる様々な客室が用意されています。

詳しい情報や宿泊予約は、下記予約サイトをご確認されてみてください。

 

「みなも」施設情報

■所在地:福岡県うきは市吉井町1302(フロント棟所在地)

■電話番号:0943-76-9882 (9:00〜18:30)

■施設構成:3棟6室 (各室にトイレ・バスルームあり、朝食会場別)

◎みなも 鏡田蔵(1棟貸し、バー付き)

 301:65平米、大人2名定員

◎みなも 碓井邸 (フロント+客室4室)

 101:67.916平米、大人3名定員(メゾネット)

 102:95.083平米、大人4名定員(庭つき)

 103:66.946平米、大人4名定員(メゾネット)

 104:55.45平米、大人2名定員(プライベートサウナ付)

◎みなも 堀江邸 (1棟貸し)

 201:125.63平米、大人4名定員

※小学生以下のお子様連れの場合は各種予約サイトをご覧ください。

 

■アクセス

・大分自動車道「朝倉IC」「杷木IC」より車で約15分

・福岡市内/福岡空港から車で約60分

・JR九州新幹線「久留米駅」乗換、

 JR久大本線「筑後吉井駅」より徒歩約10分。

 

公式Facebook:https://www.facebook.com/minamo.stay.ukiha

公式Instagram:https://www.instagram.com/minamo.stay.ukiha/

 

■予約サイト一覧

公式サイト :https://itonami-ukiha.jp/stay/

一休.com :https://www.ikyu.com/vacation/00051503/

Yahoo!トラベル:https://travel.yahoo.co.jp/00051503/?ppc=2&rc=1

楽天トラベル:https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hinfo/184190/

Airbnb:https://www.airbnb.jp/rooms/785191475071252788

Booking.com:https://www.booking.com/hotel/jp/minamo.ja.html

 

 

 

参考サイト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000103254.html

 

合わせて読みたい

 

ポストコロナ時代へ舵を切った、 日本、そして福岡のホテル・旅館事情

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202303.1252

 

 

うきはの人気店が福岡市内にオープン。『miel(ミエル)千早店』の新鮮なフルーツタルトはいかが?

https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202301.901

 

 

「ばあちゃん食堂」を運営するうきはの宝代表・大熊充さんに聞く!高齢者と地域でビジネスを成功させるコツと秘訣

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202111.372



20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP