【10月14日から導入開始】福岡県田川市でコミュニティ通貨「まちのコイン(コール)」

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市)が提供するコミュニティ通貨(電⼦地域通貨)サービス「まちのコイン」が、福岡県田川市に2022年10月14日(金)より導入されること発表。「まちのコイン」(通貨名:コール)とはどういうものなのか?わかりやすく解説します。

「まちのコイン」とは?

コミュニティ通貨サービス「まちのコイン」は、ひと・まち・地球にうれしい体験で地域をつなげるコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービスです。本通貨を活用することで、 地域内外の人のつながりをつくり、 良好な地域コミュニティ形成が期待できます。地域ごとにそれぞれ異なるテーマと通貨名を持っています。田川市の「まちのコイン」のテーマは「炭(すみ)から住(すみ)まで深堀りしたくなるまち」で、通貨名は「コール」。

テーマにある2つの「すみ」は、「炭」で田川の歴史を、「住」で田川の現在を表し、田川の魅力を市内外の多くの人に隅々まで深掘りしてもらいたいとの想いが込められています。また、「深堀り」とは、炭坑節でも「掘って掘って」と唄われているように、田川に馴染みのあることばで、つながりが「深くなる」こと、「たくさん」の繋がりが見つかることの2つの意味がかけられています。

通貨名の「コール」は、石炭(COAL)と、住民同士がコール(CALL)=呼び合う(つながり合う)ことを願ってつけられました。アイコンは田川市のシンボルである二本煙突と石炭をイメージしています。
 

「コール」のサービスは下記のような、テーマに沿った体験を提供していきます。

 <例>
「もらう」
 スポット名:株式会社 佐野疊屋
「職人さんのお手伝いをして1000コールもらおう」

「つかう」
スポット名:月咲SEED
「300コールで炭坑節の踊り方を教えます!」

 
【田川市 「まちのコイン(コール)」 概要】
開始時期:2022年10月14日(金)
利用地域:福岡県田川市内
利用方法:「まちのコイン」アプリをAppStoreまたはGoogle Playからダウンロード、 地域選択で「田川市」を選択
通貨名:「コール」
URL:https://coin.machino.co/regions/tagawa

コミュニティ通貨サービス「まちのコイン」の特長

「まちのコイン」は、2019年9月に神奈川県「SDGsつながりポイント事業」で採択されて以来、福岡県八女市などこれまでに20の地域で活用されています。「まちのコイン」は、「地域社会資本」である地域のコミュニティとの繋がりを促進する、仲間づくりのためのコミュニティ通貨です。人と人とが繋がることで、その地域をもっと好きになり、地域の社会課題の解決や地域経済の活性に貢献することを目指してします。

【仕組み】

「まちのコイン」アプリをダウンロードし、QRコードを介して、ユーザーがポイントを獲得、利用できます。ユーザーは地域活動などに参加するとポイントを獲得し、獲得したポイントは加盟店等で利用することができます。
※円に換金することはできません。田川市では90日で利用できなくなります。
 

「まちのコイン(コール)」導入の目的とは?

地域コミュニティの活性化

明治から昭和にかけて、炭坑で働くべく全国から多くの人が集まり賑わった田川市のコミュニティは、特に横のつながりが強く「情」に熱い特徴がありました。「川筋気質」とも呼ばれるこの気質は、後の世代にも受け継がれ、これまで地域の相互扶助や家族同士の助け合いなど様々な場面で支え合いが機能してきました。しかし、人口減少、少子高齢化の急激な進行や、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大により、祭りやイベント、地域活動などの開催や交流機会が減少し、コミュニティの希薄化が懸念されています。

さらに、市外の人が帰省・観光に訪れる機会も減り、交流・関係人口も落ち込んでいます。そこで、「まちのコイン」を介して、地域の伝統行事や、まちおこし、地域の美化活動やフードロス削減等のSDGsを目的とした活動などの参加や興味を促すことで、まちに愛着を感じ、自分たちの地域のため、未来のために行動する人やコミュニティが増えることを目指しています。
 

移住・定住の促進

田川市では近年、転入者より転出者が上回ることが続き、特に若い世代の転出超過が顕著です(*1)。そのような状況にあっても、現在の生活環境を維持発展させ、住民一人ひとりが自らにあった暮らし方を実現できるよう、田川市は「移住・定住」を重点施策として位置付けた上で、誰もが住みやすい、暮らしやすいまちに向けて取り組んでいます。

移住者が「まちのコイン」を介して、田川市内のこれまで関わりのなかったローカルなお店や人、団体と気軽につながれる機会の創出が可能になります。都市部とは異なる田川固有の魅力を見出し、年齢や職種、出身などを超えた交流を促します。多様なバックグラウンドを持つ主体がそれぞれの垣根を越えたつながりを深め、まちを「共創」できる地域の姿になることを期待しています。


*1 出典:第6次田川市総合計画
https://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/kiji0037157/3_7157_26204_up_gew52iy1.pdf

まちのコインは、参加頻度でボーナスポイントが付与されたり、ポイントが増えるとレベルアップしたりと、ゲームのように楽しみながら地域活動に参加することができます。
地域以外の人も利用可能なので、ぜひ田川市以外にお住まいの方も、田川市に訪れる際には使ってみてくださいね。

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

成長都市福岡1-F

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
#観光ビジネス
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP