香椎花園前

1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

懐かしの「香椎花園前」は今【福岡市東区】

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載74回目は、福岡市東区にある「香椎花園前(かしいかえんまえ)」バス停をご紹介します。

今回は、懐かしく感じる方も少なくないであろう”あの場所”からお届け

 

今回は、香椎花園前を。

 

 

これは、遊園地である「かしいかえん」の入口だった門です。上の丸いところに、「かしいかえん」とひらがなが一文字ずつ並んでいました。香椎花園で画像検索するとたくさん出てきます。興味のある方はどうぞ。

 

かしいかえんは2021年12月に閉園し、すでに2年以上が経過しましたが、

 

 

バス停のみならず、

 

 

西鉄貝塚線の駅も、変わらず香椎花園前駅です。

 

 

香椎花園前駅の所在地は、東区香住ヶ丘6丁目だそうで、ならばバス停を改称するなら「香住ヶ丘六丁目」が妥当なのでしょうか。しかし「香椎花園前」と言われれば「ああ、あそこね」とピンときますが、「香住ヶ丘六丁目」と言われても「はて?」となりがちですので、難しいところです。

 

 

ちなみに、駅や駅前のバス停付近は6丁目ですが、香椎花園そのものの敷地は7丁目なので、名前としてどっちが適切なのかも意見が分かれるかも。

 

 

かしいかえん自体は閉園しましたが、「かしいかえん駅前」もまだランドマークとして機能しているようなので、バス停名も駅名も当分の間そのままかもしれませんね。

 

 

 

ここからは「路線」に注目

と改称について言及しましたが、まだ終わりません。ここから先は、路線マニア沼の時間です。

 

 

すでに3回目の掲載となるこの板、牧の鼻の左側に隠されているのは、天神だと思われます。以前は天神までの直通路線がありました。

 

 

今は近郊の牧の鼻を循環する系統と、千早駅までの系統だけになりました。

 

 

西鉄貝塚線に乗ると、

 

 

貝塚駅で乗り換える必要はありますが、

 

 

地下鉄経由で天神にも行けるので、都心方面はそちらをご利用ください、ということでしょうか。じゃあ千早駅にも西鉄電車で行けばいいじゃん、というツッコミは無しで。

 

 

青い線が、牧の鼻循環線です。香椎花園前を出発し、香椎花園前に戻ってきます。

 

黄色の線が、千早駅→香椎花園で、赤色が香椎花園→千早駅です。おわかりいただけますでしょうか、駅前の経路が違います。こういうのが大好物なので、誰に需要があるのか分かりませんが、伝えておかねばなりません(キリッ

 

 

昼過ぎまでの便は、牧の鼻を循環したあと、連続して千早駅ゆきになります。

 

 

牧の鼻循環は1周が8分なのも、時刻表から読み取れます。00分に出発した牧の鼻方面が、08分に戻ってきて千早駅ゆきになります、とドヤ顔で解説していたら気づきました、日祝日は7分設定なんですね。渋滞するような場所でもない印象ですが、平日土曜と日祝日で所要時間が違うの、細かいです。

 

午前は、街に出る人のために、香椎花園→牧の鼻→香椎花園→千早駅が直通、

午後は、街から帰る人のために、千早駅→香椎花園→牧の鼻→香椎花園と系統が変更されます。

 

すぐに知っていることをひけらかしたくなる生き物なので、ご容赦ください。

 

 

マニアの戯言はさておき、

 

 

駅前ロータリーにバスがおもむろにやってきて、

 

 

静かに走り去っていくのは、眺めても乗ってもよいものですよ。←これこそがマニアの戯言?

 

 

 

基本情報

バス停名:香椎花園前(かしいかえんまえ)

・住所:〒813-0003 福岡県福岡市東区香住ヶ丘6丁目1[map]

・天神からの行き方例:

【STEP1】福岡市地下鉄「天神駅」から空港線に乗車、「貝塚駅」で下車。
【STEP2】「貝塚駅」から西鉄貝塚線に乗車し、「香椎花園前駅」で下車後、徒歩1分。

全体所要時間約27分、420円。

 

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

合わせて読みたい

 

西鉄バスで唯一の、恋。「水田天満宮恋木神社前」バス停【福岡県筑後市】

 

名前が変わる、景色も変わる。「バス停の改称」から見るまちの変化

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP