1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

天神からいちばん近い海。「那の津四丁目」バス停

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載56回目は、福岡市中央区にある「那の津四丁目」バス停をご紹介します。

  1. まずはバス停周りに注目

 

「那の津四丁目」バス停。

 

 

バス停の先に、広くまっすぐな道が続きます。

 

 

バス停の反対側に車庫があるため、バスがほぼ直角に右折するのも見どころです。

 

 

片側三車線の横断姿に萌える筆者。

 

 

車庫には路線車だけでなく、高速車両とか、

 

 

西鉄以外の会社のバスも待機しています。これもチェックポイントです。

 

 

特徴的なラッピング広告のバスも。

 

 

いよいよ海の方へ

 

と、マニアは今回の記事で海を話題にしようとしたのに、バス関連でいろいろと目移りをして、なかなか海にたどり着きません。

 

 

「危い、海」

 

埠頭は船が着岸するため、高いガードレールなどは設けられていませんから、車で突っ込んでしまわないよう、注意喚起がされていますが、

 

 

奥には海の中道や志賀島も見えて、気軽に訪れられる佳景です。

 

 

 

こちらは「那の津四丁目」行きのバスが出ている「天神北」バス停の時刻表。

本数もたくさんありますし、ちょっと海を眺めに行きませんか。

 

(お勧めしておいてなんですが、意中の方とバスで訪問しバス観察をするのは、やめたほうがいいかもしれません、個人的な意見として。)

 

 

 

基本情報

バス停名:那の津四丁目(なのつよんちょうめ)

・住所:〒810-0071 福岡県福岡市中央区那の津4丁目9[map]

・天神からの行き方:

「天神北(3:フタタ前) (那の津方面)」から普通 W3 那の津四丁目ゆき に乗車。約5分、190円。

 

8-入居率99%_202405作成

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

1-成長都市福岡_202405作成 (2)

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

成長都市福岡1-F

合わせて読みたい

夏の間だけバス停が現れ、聖地と化す「サンシャインプール前」

 

海のすぐそばの終点。「龍の宮」バス停

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP