パンオタクが選ぶ福岡パン

想像力を掻き立てる、優しくも力強いパンたち。カモミロベーカリーの「カンパーニュ」と「パンドミ」【福岡県大牟田市】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。39回目の今回は、福岡県大牟田市にあるカモミロベーカリーさんの「カンパーニュ」と「パンドミ」です。

それ単体で食べさせるパンと、何かに寄り添わせることを意図していると感じるパンがある。

カモミロベーカリーさんのパンは、まさに後者で。

 

塩味とか、控えめなんですよ。バター(有塩)トースト前提なのかな、とか。お料理に合わせて食べて欲しい、と思って作られたのかな?そう感じながら、頂く。

 

それは、「パンの味そのもの」だけがそうさせるわけでは、無い。店主さんの雰囲気、お店が、パンが醸し出す、柔らかい空気感が、なーんとなく優しくて、でも食べると力強くて

 

ヨーロッパとか、そういうパンが主食の国の、素朴なランチや夕餉(ゆうげ)では、こういうパンを囲んで、一日の出来事を振り返る会話が交わされているのかもしれないな、と、そんな想像さえも膨らんでくる。お母さんが、優しく、温かい眼差しを向けながらポトフを出してくれたりしてね、、、

 

 

 

「力強さ」も感じさせてくれるパン

カモミロベーカリーさんは、大牟田市にある小さなパン屋さんです。大牟田駅からも近いので、ショートトリップがてら立ち寄りやすい場所にあるのもありがたい。女性店主さんは、とても柔らかいモノゴシで、白を基調とした店内の雰囲気も優しいんですよとても。

 

だけど、ね。パンを食べると意表を突かれます。芯の強さを感じさせる、おっとこまえー!なパンたち

 

カンパーニュph

 

カンパーニュは程よい酸味が心地よく、塩味は控えめ。みっしり詰まっているのではなく、プルッモチッとしたクラム(内生地)と、軽めでも味わいが濃いクラスト(外皮)。

 

パンドミph

 

パンドミも同じく、塩味は控えめで、酸味と食感が主役のような印象を受けます。ミミは薄めでパリンッと弾けるよう、クラムはしーっとり、ムチムチ。耳とクラムの対比というか、軽やか〜!からの、むちーっと噛み締める感じがクセになる。

 

 

そしてやはり、ミミの甘味(味)が濃い。 どちらも冒頭で申しました通り、バターに合うというか、むしろバターに合わせて作られたのかしらん?と思ってしまうほど優しい塩梅、味わい。でも、ふわふわスカスカの「優しさ」ではなく、みっちりと詰まった「力強さ」も感じさせてくれるパン。それが、カモミロさんのパン。

 

料理人の方にも重宝されるんじゃないかなぁ、愛されるんじゃないかなぁと思います。これにはアレが合うんじゃないか?コレも良いんじゃないか?と、想像力を掻き立ててくれるんですよね、こちらのパンは。

 

 

もちろん、リュスティックにホコホコの大納言がたっぷりのパンや、小型のオヤツパン等もありますので、お食事に添えるパンと、帰り道にパクッと食べちゃうパン。お好みに合わせて選ぶことが可能ですよ。

 

つまりは、ついつい買い過ぎ注意、なわけですね笑

 

 

 

店舗情報

カモミロベーカリー

住所:〒836-0046 福岡県大牟田市本町2丁目4−7[map]

営業時間:10:00〜18:00

電話番号:0944-32-8697

定休日:日、月、火曜日

Instagram:@camomillo_bakery

https://www.instagram.com/camomillo_bakery/

 

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

成長都市福岡1-F

合わせて読みたい

バターとレーズンの生地が生み出す、甘じょっぱい余韻。ぶどうぱん専門店 ぶどぱん の「塩ぶどぱん」【福岡県久留米市】

 

両方とも買ってよかった、”滋味な白”と”本格カレー”。パンストック天神店の「白ストック」と「ピタパンカラヒ」

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP