パンオタクが選ぶ福岡パン

バターとレーズンの生地が生み出す、甘じょっぱい余韻。ぶどうぱん専門店 ぶどぱん の「塩ぶどぱん」【福岡県久留米市】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。38回目の今回は、福岡県久留米市にあるぶどうぱん専門店 ぶどぱんさんの「塩ぶどぱん」です。

攻めてる人が好きです

それは、攻撃的という意味にはあらず。

私が出会う、私の好きな「攻めてる人」は、飲食店やパン屋さんのシェフに多いです。 それは、食べものの組み合わせとか、味付けで感じる「攻めてる感」、 例えば「シナモン風味」と書かれていて、チラッと香るくらいしかシナモンを感じられない時。 うーん、、、このくらいかぁ、、と残念に思ってしまうことは無いですか? 私はめっちゃあります。残念、、、と思うくらいなら、いっそのこと「うわっ、キッつー!!」と思うくらいシナモン効かせてくれた方が、嬉しいです。心の声を文章化するなら「キッつー♪(ハートマーク)」って感じですかね。

 

もちろん作り手さんも、こんなマニアにだけ受ければ良いわけではなく、多くの人に受け入れられる、「万人受けする商品」を作った方が、売り上げも良くなるでしょうし、苦情!? も来ないでしょう。だからこそ、そこで敢えて「攻めてくれる」シェフやお店には、感謝の意と敬意を表します。

 

 

 

商品も立地もニッチな専門店

そんなお店が、久留米にありました。なななななーんと!ニッチな! 「ぶどうパン専門店」。その名も、ぶどぱんさん。 立地的には、最寄のバス停からも1キロ以上、JR久留米大学駅からは1.5キロほどありそうなので、お車で行かれた方が便利かも。 何でまたこんなニッチな場所でご商売を、、、と、ニンマリしながら想像。

 

まずは、ぶどうパンが大好きでいらっしゃる、これは間違いないでしょう。あとは、ぶどうパンの可能性。これに一目も二目も置かれているのだと。かく言う私も、ぶどうパンの素晴らしさには、最近目覚めておりまして。普通に食べても美味しいし。あとは、いろいろトッピングしたり、サンドイッチにしたりしても、実はとても美味しい。懐の深いパンなのです。

 

ポイントは、塩気のあるものと合わせた時に生まれるハーモニー。具材の塩気と、干し葡萄が絡んだ 「甘じょっぱさ」が生み出す「旨味と深み」です。私は、自分でサンドイッチを作る時に、ぶどう食パンを使う時があります。干し葡萄の甘さ&フルーティーさからくる酸味が、ピクルスのような存在になってくれるんですよー。

 

実際、ぶどぱんさんにはカレーパンもあり、そちらも頂きましたが、 干し葡萄の甘味&ほんのり酸味が、福神漬けやラッキョウのような、ピクルス代わりになり、とっても美味しかったです。

 

 

そして今回ご紹介するのが、勝手にイチオシ!のぶどうパンde塩パン! その名も「塩ぶどぱん」。元々塩パンって、好きなんです。世の中的にも人気ですよね。焼き戻すと表面がカリッとして、中からバターがじゅわっと出てきて。そしてクロワッサンにはない「内層のもっちり感」も、塩パンが人気の秘密かと。

 

そんな塩パンをぶどうぱんで作ったら、、、想像してみましょう、、、そうです! レーズンバター!! あの北海道銘菓、マルセ◯バターサンドを食べたかのような、甘じょっぱい余韻。バターとレーズンが織り成した、それらの旨味の塊が染み込んだ生地を、むっちりと噛み締める。ああ、この口福&幸福感たるや。通常の塩パンよりも、倍増? いや、それ以上の幸せ効果をもたらしてくれています。

 

 

ぶどうパンloverさんのみならず、えー?ほんとうに美味しいの? と訝しんでいる方にも是非行ってほしい。そして、ぶどうパンの懐の深さと美味しさを、再確認して頂きたいです、、、(^^)

 

 

 

レーズンがたっぷりの「ぶどぱんのぶどうぱん マシマシ」

 

お店ではブドウを使ったドリンクも販売

 

キュートなキャラクターは、お店のオーナーがデザインしたオリジナルなんだそう!

 

 

店舗情報

ぶどうぱん専門店 ぶ ど ぱ ん

住所:〒839-0809 福岡県久留米市東合川2丁目3−38[map]
営業時間:

[平日]10:00〜16:00

[土日祝]10:00〜18:00

電話番号:0942-65-3201
定休日:水曜日
Instagram:@budobudo_pan

https://www.instagram.com/budobudo_pan/

 

1-成長都市福岡_202405作成 (2)

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡1-F

合わせて読みたい

 

黒糖にこだわって100年以上!「久留米黒棒本舗」のプルプルのお饅頭【福岡市南区】

 

大人気の無人スイーツ販売所「いつでもスイーツ」が8月26日(土)、福岡市城南区・久留米市に2店舗同時オープン!

 

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP