福岡の6月ニュースまとめ

【福岡の6月の注目ニュースはこちら】九州初上陸の「早朝フェス」開催、〝福岡産サーモン〟が間もなく登場!?など

フクリパで発信した福岡の6月のニュースをまとめてご紹介します。中にはこれから開催されるイベント情報もあるのでぜひチェックしてくださいね。

この記事の目次

ビジネス系のニュース

高速道路の途中でも仕事ができる!九州自動車道古賀SAで「シェアワークスペース」が施行設置中!【福岡県古賀市】

外出先でもオフィスと同じような環境で仕事ができる「シェアワークスペース」の需要を受けて、駅や空港・商業施設などでは、個室型のワーキングスペースの導入が進んでいる中、

九州自動車道 古賀サービスエリア(上り線)にて、518日(木)~727日(木)まで「シェアワークスペースの試行設置」が実施されています。

 

高速道路を利用するビジネスマンにとって、車での移動中や休憩中の空き時間にPC作業やオンライン会議に参加できるので、かなり重宝な存在になること間違いなし!

しかも無料とあっては利用しない手はありません!!ぜひ、活用されてみてくださいね!

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

〝福岡産サーモン〟が間もなく登場!? サーモン陸上養殖が続々スタート!

 寿司ネタとして高い人気を誇るサーモンは、刺し身や焼き鮭、シチュー、ムニエル、スモークサーモンになるなど使い勝手の良い食材です。

日本のみならず、アジアや欧米でも需要拡大中のサーモンについて、日本国内では陸上で養殖していこうという動きが本格化しています。

 

陸上養殖とは、文字通り、陸上に設けた工場で地下水などをろ過しながら循環させて魚介類を養殖していくこと。陸上養殖では、天候に左右されず安定的に生産できるというのが利点となっています。

 

福岡県内においても2023517日、豊前市にある九州電力の火力発電所の敷地内に建設中だったサーモン陸上養殖場が完成

九州電力株式会社、ニチモウ株式会社、西日本プラント工業株式会社、株式会社井戸内サーモンファームが共同出資したフィッシュファームみらい合同会社では、同養殖場で生産した『みらいサーモン』について、2023年夏頃の初出荷を予定しています。

 

さらに、福岡都市圏においてもサーモンの陸上養殖事業の動きが、本格的に始まっています。

株式会社RKB毎日ホールディングス(RKB毎日HD)は2023217日、宗像市と企業立地協定を結んで、『道の駅むなかた』(宗像市江口)の隣接地である約1万8000平方メートルにおいて、サーモンの陸上養殖事業を手掛けていくのだそう

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

桜の名所『西公園』が〝にぎわいのある魅力的な公園〟に生まれ変わる【福岡市中央区】

毎年春、約1300本の桜が咲き誇り、『日本さくら名所100選』にも選ばれている西公園は現在、民間活力も導入しながら、〝にぎわいのある魅力的な公園〟へリニューアルしていく再整備計画が進んでいます。

 

公園全体を『エントランスゾーン』『眺望ゾーン』『にぎわいゾーン』『歴史ゾーン』『彩りの谷ゾーン』『自然林ゾーン』にそれぞれゾーニングして整備。このうち、中央展望広場周辺については、『にぎわいゾーン』にあたると位置付けているのだそう。

 

そして、ゾーン内を民間活力の導入によって飲食施設や展望デッキを整備していく『民間活力導入検討』エリア、大型遊具設置による遊び環境充実を図る『森の遊び広場』エリア、駐車場やトイレを拡張整備する『駐車場・トイレ』エリアの3つに分けて、一体的に取り組んでいく予定なのだとか。

 

整備期間については、おおむね3年を期間とする『短期整備』と、おおむね10年を期間とする『中長期整備』に分けています。

短期整備では、森の遊び広場(大型遊具)や展望デッキの整備、飲食店をはじめとする民間施設の導入、展望台の設置などに取り組んでいくのだそう。

一方、中長期整備においては、もみじの植え増しやライトアップ、ドッグラン、体験学習施設などを整備していく方針です。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

伊予銀行が博多駅前2丁目に8階建て福岡支店ビルを建設中【福岡市博多区】

伊予銀行(愛媛県松山市、三好賢治頭取)は現在、博多駅前2丁目に新たな福岡支店ビルを建設中。

従来あった福岡支店の跡地に建つ新支店ビルは、地上8階建てだ。敷地面積は721.59平方メートル、延床面積4,800平方メートル。20234月に着工して、20246月に完成する予定です。

 

画像提供:伊予銀行

 1971年に完成した旧福岡支店ビルの老朽化に伴う建替工事であり、同行福岡支店は現在、博多駅前3丁目の仮店舗で移転営業中。

新ビルの完成後、同行福岡支店は新ビルへ戻って来る予定です。

 

JR博多駅博多口から徒歩2分の博多駅前2丁目に立地する新ビルでは、地域の賑わい創出や、業務・商業などの都市機能の更なる高度化への貢献を目指しています

このため、低層階は店舗スペースとする一方、高層階は賃貸オフィスを併設したビルとなる予定なのだとか。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

福岡東総合庁舎の跡地において、JR九州を代表とした企業グループが12階建てオフィスビルを建設【福岡市博多区】

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)を代表企業に、福岡地所株式会社と株式会社麻生を構成員とする企業グループが現在、福岡市・博多駅東1丁目で地下1階・地上12階のオフィスビルを建設中。

 

画像提供:JR九州

20243月の完成を目指す同ビルは、敷地2,688平方メートル、延床面積21,535平方メートルという建築規模。

同地に以前建っていた建物は、1983年に完成した福岡県福岡東総合庁舎であり、博多県税事務所や福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センターなどが入居していた。

同庁舎の所有者である福岡県は公民連携(PPP)として、定期借地方式を用いた土地貸付による有効活用を図ることを決めたのだそう。

 

博多駅東エリアにおいて、新たなランドマークとなる同ビルは、デンマーク王立図書館をはじめ世界各地で数多くの作品を手掛けてきた、コペンハーゲンの建築設計事務所『シュミット・ハマー・ラッセン・アーキテクツ』による建築デザイン

今から完成が楽しみですね。

 

▶くわしはこちらの記事をチェック

 

  

エンタメ系のニュース

九州・福岡では初開催!通勤・通学前に踊っちゃおう!「早朝フェス with フルーティス」7月5日(水)開催!【福岡市博多区】

九州・福岡での開催が初となる「早朝フェス」。 博多と天神の中間に位置する、食とエンターテイメントを融合した福岡のカルチャー発信施設「010 BUILDING」が会場となります。

 

今回の「早朝フェス」は75日(水)の朝6時半からスタート。

音楽やダンス、健康的なコンテンツなどがカラフルに彩り、モノトーンな気持ちになりがちな平日の朝の心と身体を目覚めさせてくれます!

 

早朝LIVE &DJや、クンダリーニヨガをベースにダンスと音楽の要素が加わったYOGA、早朝健康診断など、さまざまなイベントが目白押し

 

モノトーンな朝を吹き飛ばすべく、あなたも通勤・通学前に踊って、健康的でアクティブな1日のはじまりを体験してみませんか?

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

福岡市内の西鉄バス停を全て記録した偏愛本『福岡バス停図録』出版記念トークイベント、7月9日(日)に開催!【中央区天神】

フクリパで「バス停から愛」という、マニアックな視点から福岡市のバス停について語る連載を担当しているバス路線探検家の沖浜貴彦さん。『福岡バス停図録』という福岡市に1,000以上ある西鉄のバス停をすべて撮影し収録した偏愛本を出版。

その出版記念として79日にトークショーが開催されることが決定しました。

 

「福岡市に約1,000箇所ある西鉄バスのバス停を集めた図録。バス停名称の書かれた行灯または鉄板の写真と、バス停が立っている風景写真をセットで掲載。各バス停項目にはふりがなや、西鉄公式のバス停コード番号も併せて採用。福岡市の現在の姿を将来に伝え、5年後10年後には更に価値が出る記録と自負しています。」(著者より)

A4サイズ フルカラー218ページ

販売価格:3,300円税込

 

■開催概要■

場所:文喫福岡天神 喫茶スペース 福岡市中央区天神2丁目5−35 岩田屋本店本館 7F

日時:202379日(日)15001630

定員:20

参加費:2,200円(文喫 有料エリア入場料込み)

申込み方法:peatix、店頭、お電話にてお申込みください。

Peatixhttps://bunkitsufukuokabusstop.peatix.com/

 

イベント参加されるみなさまへ

・文喫有料エリアは終日ご利用可能です。

・諸事情により、イベントが中止となる場合がございます。ご了承ください。

・イベント中止の場合のみ払い戻し対応となります。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

福岡・大名に新たな貸会議室・レンタルスタジオ「On your marks」が6/2(金)オープン!立地、価格、利用方法…すべてに未来への期待を込めた、「トライを応援する」スペースが誕生

天神・大名地区のリーシングや不動産管理を数多く手掛ける株式会社リーシングサポートが、不動産業で培ってきた経験を生かし、ファッション、アート、ビジネスなど、多岐にわたる分野で挑戦する方々をサポートするためのレンタル空間をスタートするとのこと。

 

スペースは、大きくわけて3つの使い方ができます。

自分たちの作った作品を展示したり、商品を並べて商談会をしたりといった、不特定多数の人の出入りを想定した「レンタルスタジオ」。撮影などでも使えそうです。

もちろん、貸会議室もあり、さらには利用者が活用できるコミュニティラウンジまで併設されるそう。

多くの施設を見てきたからこその必要十分な空間になりそうです。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

グルメ系のニュース

ブルーボトル コーヒートラックが福岡に帰ってくる!6月26日(月)より警固神社に期間限定出店!【福岡市中央区】

前回の出店から3ヶ月。あの「ブルーボトル コーヒートラック」がまた福岡に帰ってきます!出

店場所は前回同様、福岡市中央区にある「警固神社」。福岡への出店は昨年の大濠公園、今年3月の警固神社に続いて今回が3回目(723()まで)となります。

 

2023年3月出店時の様子

 今回の出店では、新メニューとして夏にぴったりのリフレッシングでフローラルな「オレンジブロッサム ラテ」が登場!さらにトラック限定として「キーチェーンコーヒートラック」が販売されます!

 

ブルーボトルファンならぜひとも手にしたいアイテムです!

ここ福岡にも根強いファンが多い「ブルーボトルコーヒー」を再び楽しめるチャンスです。 警固神社はアクセスも良いので、前回行かれた方も、行きそびれたという方も、ぜひこの機会にブルーボトルコーヒーの世界を堪能してみてくださいね!

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

 

チーズケーキ専門店「KAKA」が大丸福岡天神に新コンセプト店「And KAKA」を6月10日にオープン【中央区大名】

KAKAは、「チーズを味わう濃厚チーズケーキ」をコンセプトに、20173月に福岡市大名にオープン。以来、チーズケーキ好きにはもちろん、全国のスイーツファンから根強い支持を得ています。

 

今回オープンした「And KAKA」は、チーズケーキという枠にとらわれず、素材にこだわった焼き菓子、パティシエの作るケーキ×デニッシュ、ケーキ×和菓子など、

今までのスイーツにはない新商品を発信する場として20226月、広島市中区に1店舗目を構えており、今回の大丸福岡天神店が2店舗目となります。

 

■大丸福岡天神店の限定商品■

パウンドケーキ4種

 

・「食べ比べチーズケーキ」4cmキューブのチーズケーキ4種4個セット 1900(税込)

 

・「パウンドケーキ4種」プレーン、Wショコラ、黒ゴマきなこ、抹茶

各4cmキューブ270円(税込)

4個セット1080円(税込)

16cm1本1000円(税込)

 

その他、焼き菓子のラインナップは20種類以上と豊富に取り揃え。百貨店での焼き菓子は決まった詰め合わせが多いですが、

こちらのお店はお客様がお選び頂いた商品もご予算や、好みに合わせて詰め合わせの対応も可能なのだとか。

 

▶くわしくはこちらの記事をチェック

 

フクリパでは今月もたくさんニュースを更新予定!お楽しみに。

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡グルメ
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP