おもたせスイーツ

レンジで40秒が美味しい、あんバタたっぷりのどら焼きと大福のお店「れんげ」【福岡市中央区】

ちょっとした手土産にぴったりで、おもたせとして自分自身もいただきたくなるような福岡の注目スイーツをご紹介する「福岡おもたせスイーツ」。今回ご紹介するのは、福岡市中央区警固にある『れんげ』の和スイーツです。

「れんげ」は以前グルメの記事で紹介をした、たい焼きのお店「ひいらぎ」の新店舗

>>記事はこちら:尾尻までぎっしり餡子の詰まった『博多ひいらぎの鯛焼き』

お客さまにも好評なひいらぎの自家製あんこを、「もっと多くの方々に知って欲しい」という思いと、「たい焼き以外でもあんこを食べて欲しい」との思いから、どら焼きと大福のお店「れんげ」のオープンを決めたそうです。


店舗外観。くもりガラスの前にはちょこんとお花が。こじんまりとして、あたたかな雰囲気です

「レンジで40秒」が美味しい、あんことバターたっぷりのどら焼き

お店の商品はどら焼きと大福の2種類です。まずはどら焼きからご紹介していきます。

特徴は何といっても「自家製あん」。北海道産小豆、粗糖、塩のみで炊き上げられた優しい甘味で風味も豊かです。あんこの味を生かすため、皮には卵や乳製品を使用せずに、素朴で軽くしっとりとした仕上がり。『れんげ』独自の味わいや風味になるように作られています。

種類は3つで、1つは期間限定商品です。

・どらやき250円
・バターどらやき「バタドラ」300円
・期間限定商品

1番人気のどら焼きは「バタドラ」。横から見ると、こんな感じです。

バターも思った以上に入っていますが、あんこの量が他のお店に比べて多く感じます。カットしてみても、このボリューム!

主役のあんこは生地と同じ厚さ。バターもたっぷりと入っています。
おすすめの食べ方は、「レンジで40秒」。温めて食べると、甘さが控えめな餡子と溶けたバターがとてもよく合います。生地もふわっとしていて柔らかい。

賞味期限は、お買い上げ日より2日間冷凍保存で1週間以内です。

あんこと梅の『餡梅大福』

お次は大福
パッケージには「餡梅」の文字。そう、梅が入った大福なのです。ありそうでなかった組み合わせだと思いません?

こんな感じで、あんこの真ん中に梅が。梅は はちみつ梅なので、思ったほどすっぱくはなく、優しい味わいです。

自家製こしあんの甘味とはちみつ梅の塩味が混じり合って、“甘さとしょっぱさ”のどちらもを楽しめる大福です。お茶にもよく合い、夏には冷やして食べても美味しいです。

・2個入り 560円
・手土産用6個入り 1,680円

賞味期限は、お買い上げ日より冷蔵庫保存で3日冷凍保存で1か月以内(自然解凍)

おもたせのラッピング

ちょっとしたおもたせに良さそうな、かわいい包み。

そのほか、箱に入れたラッピングもお願いできます。購入商品の数に合わせて、2種類の箱にラッピングが可能。箱と紙袋はそれぞれ50円です(無料の紙袋もあり)。


左から小箱、ショーケース上大箱、右紙袋

定番のどらやきと餡梅大福を合わせて、おもたせにしてみませんか?

店舗情報

れんげ
住所:〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固2丁目13−7[map]
電話番号:070-1354-8694
営業時間:12:00〜無くなり次第終了
定休日:日曜、祝日(不定休あり)
駐車場:無
公式Instagram:@renge_kego
https://www.instagram.com/renge_kego/

 

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

フクリパ4周年アンケート

【3/22まで】『フクリパ』4周年記念キャンペーン 読者アンケート実施中!

Sponsored

☕️ 合わせて読みたい

新感覚の和スイーツ記事も合わせてどうぞ!


アーモンドが香る、コーヒーに合う和菓子。ぶどうのたねの「豆たん」



もっちもちで新感覚の鯛焼き!たいもち屋『ろっぽんぽん』【福岡市中央区六本松】

関連タグ:
#スイーツ
#福岡グルメ
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP