福岡民放局プロデューサーがこっそり教える、福岡非豚骨系ラーメン探訪

博多のラーメン文化は「豚骨」だけじゃない。非豚骨系・予定を立てて行きたい鶏白湯3選

福岡といえば豚骨、豚骨と言えば福岡と、必要十分条件のような知名度となっている「豚骨ラーメン」。しかし最近、福岡では「非豚骨系」なるジャンルがにぎわっている様子。現役の福岡民放局のプロデューサーが、こっそり収集してきた情報を紹介してくれる「福岡民放局プロデューサーがこっそり教える、福岡非豚骨系ラーメン探訪」第四弾は、「予定を立てて行きたい鶏白湯」特集です!ぜひ参考にしてくださいね。

飲んだ帰りにもう一杯。休みの日に思い立って。ラーメン屋さんのいいところは、そんなふうに「ふらっと」立ち寄れるところ。でも、予め都合をつけて「よし、行くぞ!」と気合を入れて食べる一杯もまた格別の味。非豚骨系ラーメン探訪、連載4回目は「予定を立てて行く鶏白湯」をテーマに3店集めてみました。
 
鶏白湯と豚骨、「濁っている」という共通点はあるものの、豚骨とは違う鶏ガラから煮出した鶏白湯のスープは、煮干しや昆布といった私たち日本人のDNAに刻まれたダシとの相性も抜群なのです。

【もも焼きト酒 おがた】土曜日限定! 鶏専門店の本気度が伝わる一杯

 
豪快に網の上で焼かれた鶏もも肉が名物、豊富なドリンクメニューとともにいただく福岡市早良区城西の「もも焼きト酒 おがた」さん。何年か前に夜訪れたときも、外はこの時期ならではのからっ風が吹いていて、焼酎のお湯割りで温まったんだったっけ。
 

 
こちらで、毎週土曜日限定で食べられる「らぁめんランチ」が絶品! との噂を聞いて、行ってきました。
 

 
地下鉄西新駅から徒歩5分、住宅街の一角にある、白い暖簾と提灯が目印。引き戸を開けると、清潔感あふれる店内と白木のカウンター・テーブルが目の前に広がります。
 

 
基本メニューは、
芳醇(醤油) 900円
淡麗(塩) 850円
極(白湯) 1000円
 
どれも、鶏ガラ100%の出汁がベースです。今回は「極」に味玉を追加しました。
 

 
白濁したとろみのあるスープ。そうです、博多名物「水炊き」で鶏ガラを極限まで煮込み、旨味を引き出しているあのスープと同じ。一口飲んだだけで、滋味が脳を刺激し、身体が喜んでいるのがわかります。
 

 
そして麺は、この連載でたびたび登場している「製麺屋慶史」製の全粒粉平打ち多加水麺。ツルっとした喉越しの良さが特徴です。手揉みしてひと手間加えているせいでしょうか、表面に纏うスープの量も絶妙です。
 

 
2種類のチャーシュー。とくに胸肉のしっとり加減と、厚みがかなりあるのに簡単に噛み切れる柔らかさは、鶏専門店の本気度を感じました。
 

 
麺やトッピングを完食した後も、いつまでも掬って飲んでいたいスープ。徐々にその量が減ってくると、レモンの風味が相対的に増してきて、心地よい食後感が得られました。
 

 
ちなみに、澄んだスープの「芳醇」はその名の通り、醤油の香ばしい香りと、昆布や椎茸のエキスが効いていて、こちらもいろんな味を楽しむことができます。
 
 
【もも焼きト酒 おがた】
■TEL:092-851-2840
■住:福岡市早良区城西1-8-20
■営(らぁめんランチ):土曜11:30〜14:00(月によって変わります)
■店舗詳細はこちら 
 

>>2店舗目は【鶏白湯そば まつ尾】火曜日だけオープンする鶏白湯煮干しそば専門店

2-マンガ_202405作成 (2)

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

7-会社員の不動産投資02405作成 (2)

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

あわせて読みたい


過去の非豚骨系記事もどうぞ!

●博多のラーメン文化は「豚骨」だけじゃない。非豚骨系・味噌ラーメン店3選



●博多のラーメン文化は「豚骨」だけじゃない。料理人たちが手掛ける非豚骨系3選




●博多のラーメン文化は「豚骨」だけじゃない。魚介スープの非豚骨系ラーメン店3選

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡グルメ
#福岡ソウルフード
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡民放局プロデューサー
宮岡朋治
情報番組で数多くの飲食店取材をしていたのを契機に外食が趣味に。酒好きが高じて2022年1月「唎酒師」の資格を取得。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP