福岡民放局プロデューサーがこっそり教える、福岡非豚骨系ラーメン探訪

博多のラーメン文化は「豚骨」だけじゃない。料理人たちが手掛ける非豚骨系3選

福岡といえば豚骨、豚骨と言えば福岡と、必要十分条件のような知名度となっている「豚骨ラーメン」。しかし最近、福岡では「非豚骨系」なるジャンルがにぎわっている様子。今回は、現役の福岡民放局のプロデューサーが、こっそり収集してきた情報を紹介してくれます。

フクリパ読者の皆さん、はじめまして。福岡の民放で番組制作をしている傍ら、SNSで外食日記を書いていたら編集部から声をかけていただき、このたび不定期ですが記事を書くことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。
 

博多はラーメンに対する階層が深い

さて、テーマは「福岡非豚骨系ラーメン探訪」。

九州以外の方にとっては、ラーメンといえば福岡イコール豚骨でしょう。たしかに老舗ラーメン店や、天神・中洲に点在する屋台のラーメンはほぼ豚骨。福岡人にとって、「〆はラーメン」はもちろん、「ランチにラーメン」も「小腹が空いたらラーメン」も日常です。

しかしここ2〜3年以内に新たにオープンしているラーメン店は、意外にも醤油や鶏白湯、味噌ラーメンを売りにしているところが少なくないんです。その理由を過去に取材したとあるラーメン店の店主はこう教えてくれました。
 
「今は、新規で豚骨ラーメンの店を出す方が厳しいです。豚骨ラーメンは既存店が凄すぎて」
 
既に有名な豚骨ラーメン店には根強いファンがついていて、それを崩すのは至難の技だとか。豚骨以外のラーメンなら個性を出しやすい、ということなのでしょう。

さらに今回ご紹介する3店舗に至っては、どの店も「ラーメン以外のジャンルの料理人が手がける」非豚骨系です。

フレンチの名店出身の料理人、老舗や大使館で料理長を務めたシェフ、和食の名店を渡り歩いてきた料理人と、凄腕たちがラーメンにかけた想いからも、博多のラーメンの階層の深さが伺えます。

では早速、ラーメン天国であるからこそ、多様なラーメンカルチャーが育ちつつある博多の一面をお届けしましょう。
  
 
 

【めんとスープ Ando Noodle Gastronomic】 「アジアのベストレストラン50」を連続受賞しているフレンチの名店出身の料理人が作ったラーメン店

 
福岡市西中洲の「La Maison de la Nature Goh」。独自の世界観が織りなすフレンチのコース料理がいただける名店中の名店です。そこで料理人をしていた安藤寛さんが独立し、2022年4月14日、福岡市早良区野芥に開いたのがラーメン店「めんとスープAndo Noodle Gastronomic」。大きな看板もなく至ってシンプルな店構え。初めて訪れたときはうっかり通り過ぎそうになりました。
 

 
 さて、肝心なメニューはというと
 
中華そば 900円
オマールエビラーメン 1,200円
オマールブルーラーメン 時価
 
となっております。
 
 
※ホタルイカと蕗の薹の焼きそばは、現在は提供されていません 

今回は中華そば。お盆に載せて運ばれてきた器にびっくり。なんと蓋がついています。蓋を開けて立ち上る湯気に鼻を近づけると、醤油の香ばしい香りが鼻腔を抜け、一気に食欲が増します。
 

 

 
中身の見た目は至ってシンプルですが、箸置きの役割もしている小皿には、海苔が折り重なるように置かれています。「海苔の間にはレモンピールを挟んでミルフィーユ状にしています。食べている途中で入れて、味変を楽しんでください」安藤さんが不敵な笑みを浮かべながら案内してくれます。
 

 
食べ進めて海苔を投入すると、味変どころか別物!レモンの酸味がスーッと爽やかな、洋食でいただく和風スープのような奥深さ。これ、もしかしたら最初から投入して存分に味わってもいいかもしれません。
 
さらに、食べている途中にオプションで追加した「トリュフ玉子」が運ばれてきました。
 

 
なんと!玉子に注射器が刺さってる!
 
シリンダー内には謎の黄色い液体。どうやらこれがトリュフオイルらしく、卵黄内に注入してからスープに投入する心憎い演出が施されています。ちなみに、お店のインスタには「#麻薬卵」という怪しいハッシュタグが付けられていました。
 

 
ところで、メニューでさらっと紹介した「オマールブルーラーメン 時価」というのが気になっているあなたは、ぜひご自身の目で確かめてください。ちなみにこの日、「時価」は6,000円でした。
 
 
【めんとスープAndo Noodle Gastronomic】
■住: 福岡市早良区野芥3-14-17
■営: 12:00〜15:00/18:00〜21:00(Lo20:30)日曜日のみ12:00〜15:00
■休: 木曜日
■店舗詳細はこちらhttps://www.instagram.com/mentosoupe/

>>2店舗目は「淡麗らぁ麺明鏡志水」

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡民放局プロデューサー
宮岡朋治
情報番組で数多くの飲食店取材をしていたのを契機に外食が趣味に。酒好きが高じて2022年1月「唎酒師」の資格を取得。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP