おもたせスイーツ

20年以上に渡り福岡人に愛される「治七(じひち)のクリームパン」。ふわふわ&しっとり食感は一度食べたらやみつきに!【福岡市西区今宿】

「福岡おもたせスイーツ」企画で今回ご紹介するのは、20年以上に渡り福岡人に愛される西区・今宿「治七のクリームパン」さん。個性的な店名なのでご存知の方もきっと多いはず。独特のふわふわ食感と素朴なクリームが特長で、糸島方面のドライブスポットとしても人気です。 今回はそんな「治七のクリームパン」さんを取材してきました。

西区・今宿の山あいにひっそりと佇む隠れ家のようなクリームパン屋さん。


創業は1999年。店名の「治七」とは店主・野坂さんのご先祖様のお名前で、先祖代々受け継がれてきたこの土地で商売をするにあたり、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて名前を拝借したんだとか。
国道からさほど遠くない住宅地にありながら、あたりは驚くほど静かです。


国道202号線「今宿谷交差点」または「今宿大塚交差点」から南側の路地に入ると案内看板が出ています。
看板を見落とすと辿り着くのが難しいので要チェック!

豊富な種類のクリームパンは製法と素材にこだわりが。


クリームパンはプレーン・ココア・紅茶・ラムレーズンなど常時12種類前後がラインナップされており、そのうち1〜2種類は季節限定のクリームパン。
お値段は1個税込160円より。
ちなみに人気ベスト3はプレーン・季節限定・ピスタチオの順なんだそうです。


こだわりは素材と製法。
「安心・安全で体に良いもの」をモットーに、小麦粉は糸島産のものを使用し、防腐剤や保存料は一切使っていないそう。

最大の特長である「ふわふわ食感」の秘訣は、生地を長時間発酵させて作っているから。
また、作りたてをすぐ個包装しているので、翌日食べてもしっとり感が続くのです。
ちなみに1日2回焼き上げていて、一番種類が揃っているのは10:30と14:00とのことです。


敷地内にはロッジ風のスペースが2箇所設けられており、ここでイートインすることもできます。
木々に囲まれた自然の中で食べるクリームパンは美味しい事この上なし!

お店でクリームパンを購入し、イートインされる方限定でホットコーヒーの無料サービスといううれしい特典もあり。
クリームパンと温かいコーヒー、最高の組み合わせです。
※ただしカップ代30円が別途必要です。


こちらが人気ベスト1の「プレーン」(イートイン/税込164円)。
作りたてなのでほんのり温かく、触っただけでもふわふわ感がすごい!
そしてクリームのずっしりとした重みを感じます。


食べる前に半分に割ってみました。クリームはとってもやわらかく、甘さも控えめ。ふわふわの生地との相性もバツグン。美味しすぎてあっという間に完食しちゃいました。
ベスト3のピスタチオ(イートイン/税込234円)もいただきましたが、こちらも大変美味しかったです。
ペロリといけちゃうので、とても2個じゃ足りませんでした。。。

ひとたび食べれば、つい「もう一個!」と言いたくなるくらいやみつきになるクリームパン。
パンがなくなり次第クローズということなので、ぜひ1日2回の焼き上がりタイムを狙って行かれてみてくださいね!

治七のクリームパン

住所:福岡市西区今宿町229-1
営業時間:10:00~19:00(パンがなくなり次第CLOSED)
定休日:水曜日・年末年始(水曜日が祝日の場合は営業)
電話番号:092-806-4229
ホームページ:http://www.creampan.jp/

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#スイーツ
#福岡グルメ
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP