観光スポットを聞かれるとちょっと戸惑ってしまう・・・福岡の「観光」あるある3選

観光スポットがたくさんありそうで意外と少ない?福岡の観光に関するあるあるや穴場観光スポットなどを紹介します。

県外の人から、福岡・博多の観光地を聞かれると少し困ってしまうという福岡在住の人は多いのではないかと思います。
 
Googleの検索フォームに「福岡 観光地」「博多 観光地」と入れると次のキーワード候補に「ない」と出てしまう悲しい事実・・・。
 
キャナルシティや天神は買い物スポットとしては楽しいですが、観光地かと言われると少し違う気もしてしまいます。
 
なので、博多とはちょっと違うけれど、近郊の太宰府や柳川や糸島、そして北九州の門司港レトロなどをおすすめするというのが福岡の観光あるあるです。
 
でも、博多近辺には大濠公園やマリゾン、市内に点在するおしゃれなカフェ、自然豊かな能古島など、いわゆる「映(ば)える」スポットはたくさんありますし、正確に「博多(博多区)」にこだわるとしても、東長寺・聖福寺などの寺町、川端商店街近辺、櫛田神社、住吉神社などの歴史風情を感じる場所もあります。
 
こうやってリストアップしてみると博多周辺にもけっこう魅力的な観光地があるのではないでしょうか。
 
★あわせて読みたい記事「福岡魅力的な観光地」
>>今こそ福岡を旅しよう!食だけでない福岡観光の魅力
>>市民も遊びに行く福岡新名所、福岡空港のおすすめ土産
>>新名所、野球+エンタメ!BOSS E・ZO FUKUOKAオープン

観光地を聞かれると困るけど、食べ物に関しては語り尽くせないほどレパートリーがあるというのが福岡・博多の魅力ですね。
 
本屋に行くと、たくさんの福岡・博多のグルメに関する本が並んでいます。
 
博多にはラーメンやめんたいこなど全国的に知られているグルメから、意外と多い焼き鳥や餃子の名店、そして海鮮系のグルメ、県外の人が知らないような意外な名物まで様々なものが揃っています。
 
県外から来た人はもつ鍋やラーメンなど、「博多といえば!」というわかりやすいメニューを食べたいと考えていますが、地元の人は福岡グルメの魅力をもっと深く知って欲しいという気持ちで、ついつい天ぷらの「ひらお」などをおすすめしてしまうのも福岡・博多のグルメあるあるではないかと思います。

★あわせて読みたい記事「博多といえば!グルメ」
>>野菜巻き・鳥皮・肝・つくね・豚バラ・新参モノ、福岡が誇る焼鳥
>>たかが一口、されど一口、食べて飲んで1,000円以内も?! 博多一口餃子

博多=屋台とイメージされるほど有名な中洲の屋台ですが、実はあまり行ったことがないという福岡在住の人は多いのではないかと思います。
 
行ったことはあるけれど、遊びに来た人を連れて行ったときの2〜3回だけ、という声もよく聞きます。
 
地元の人はどちらかというと天神エリアの屋台に行くといいますが、たしかに天神エリアの屋台もとても魅力的な店舗が多いです。
 
天神エリアの屋台には仕事帰りのスーツ姿の人もよく目にします。
 
ですので、観光=中洲、普段使い=天神という棲(す)み分けができている感じですね。

★あわせて読みたい記事「福岡屋台の今」
>>福岡市民の想いで1,000万円集まった「SAVE THE YATAI」


観光地があまり無いと思われがちな福岡・博多ですが、実はグルメ以外にも魅力的なスポットがたくさんあります。
 
現在はインバウンドも下火で少しさびしい感じもしますが、収束後にはまた盛り上がることを期待したいですね。

★山田全自動「福岡あるある」記事の更新を知りたい方はこちら

★山田全自動の記事を音声で聴こう【聴くリパ】♪

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#福岡あるある
#福岡グルメ
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
デザイナー
山田全自動
丁髷、着物姿の江戸時代の町人が現代にタイムスリップしたような俳画イラストとシュールなあるあるネタが特徴。数多くのメディアで取り上げられ、インスタのフォロワー数は100万人超え、著名人からのイラスト依頼も多い。書籍『山田全自動でござる』ほか。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP