SUGOCA、nimoca、はやかけん!交通系ICカードが全国相互利用10周年!3月21日(火・祝)より記念キャンペーンが開催されます!

2013年3月に全国相互利用を開始した交通系ICカードが、3月23日に10周年を迎えます。10周年を記念して、3月21日(火・祝)より「交通系ICカード全国相互利用10周年キャンペーン」が開催されます。

交通系ICカードについてのおさらい


出典:https://smart-ex.jp/reservation/other/ic_card/

交通系ICカードとは日本各地にある鉄道会社などの10社が発行する10種類のICカードの総称です。
10社は以下の通り。
Kitaca(北海道旅客鉄道株式会社)、Suica(東日本旅客鉄道株式会社)、PASMO(株式会社パスモ)、TOICA(東海旅客鉄道株式会社)、manaca/マナカ(株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー)、ICOCA(西日本旅客鉄道株式会社)、PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI)、SUGOCA(九州旅客鉄道株式会社)、nimoca(株式会社ニモカ)、はやかけん(福岡市交通局)

1枚で全国の電車やバスの利用およびお買い物に使うことができ、これまでの累計発行枚数はなんと約2億枚を誇ります。
2013年3月に全国相互利用がスタートし、今年3月23日に10周年を迎えることになりました。

出典:https://www.shinkeisei.co.jp/topics/2012/2702/

交通系ICカードは、上記マークのある電車・バス・お店等で利用できます。
※ただしお買い物についてはPiTaPaを除きます。

九州の交通系ICカードはこの3つ

九州の交通系ICカードはSUGOCA、nimoca、はやかけんの3つです。
それぞれをご紹介します。

SUGOCA

出典:https://news.mynavi.jp/creditcard/electronic-money/transportation-electronic-money/

SUGOCAは九州旅客鉄道株式会社が発行する交通系ICカードです。
JRのICカード乗車券としては全国で5番目に発行されました。
SUGOCAとは「Smart Urban GOing CArd」の略称を、「凄い」を意味する肥筑方言「凄か」にかけて名付けられています。
「すごか〜」という意味だけでなく、「Smart Urban GOing CArd」の意味があるのはあまり知られていないかもしれませんね。

JRの乗車はもちろん、電子マネーとしても利用できます。
JR九州のポイントサービス「JRキューポ」と連動しており、JRキューポ加盟店で買い物をする際、SUGOCAにチャージされた電子マネーで支払うと、金額に応じたポイントが貯まります。
博多駅やJR九州沿線の利用が多い方にはうれしい特典です。

nimoca

出典:https://news.mynavi.jp/creditcard/electronic-money/transportation-electronic-money/

nimocaは九州の大手私鉄「西日本鉄道」が発行する交通系ICカードです。
nimocaとは、「Nice Money Card」の略称と、「バスにも、電車にも、買物にも、いろいろ使えるオールラウンドなード」という意味が込められています。
西鉄のバスや電車の乗車はもちろん、バス路線を中心に九州の幅広い地域を対象エリアとしています。
フェレットのキャラクターが目印となっていて、nimocaのロゴとともに目にすることも多いですし、着ぐるみでも見かけることがあります。
でも実は、このキャラクターには名前はないとのこと。通称ニモカちゃんと呼ばれているみたいです。
nimocaは電子マネーとしても利用でき、エリア内の対象の電車・バスや加盟店での利用に応じて「nimocaポイント」が貯まります。
通勤通学で西鉄バスや電車を使う方、駅周辺の「にしてつストア」で日々の買い物をする方にはおすすめです。

そして実は、nimocaのシステムは北海道・函館のバスや路面電車でも使われています。
ちなみに、北海道では「ICAS nimoca(イカすニモカ)」だそうです。

はやかけん

出典:https://news.mynavi.jp/creditcard/electronic-money/transportation-electronic-money/

はやかけんは「福岡市交通局」が発行する交通系ICカードです。
はやかけんとは、「=速くて 優しくて(環境や人に) 快適な けん券(カード) 」であることを、「速いから」を意味する博多弁「速かけん」にかけて名付けられています。
福岡市地下鉄はもちろん、交通系ICカードとして全国で使えます。
電子マネーとしては、一般的な商業施設や飲食店などの店舗だけでなく、福岡市の公共施設で使えるのも特長です。

参考:https://news.mynavi.jp/creditcard/electronic-money/transportation-electronic-money/

交通系ICカード全国相互利用のあゆみ

2001年11月の「Suica」のサービスインからスタートし、順調に各エリアで展開が進み、福岡では2009年3月に「SUGOCA」「はやかけん」がサービスインしました。
そして2013年3月に全国10カードでの全国相互利用がスタート。
東京の方が福岡に来た際にも、Suicaがそのまま使えますし、福岡の方が出張の際も同様に使えます。
駅の改札での手間が減ったり、コンビニで当たり前に使えて、生活がますます便利になりました。

利用エリア拡大で、交通系ICカードはますます便利に!

交通系ICカードの利用エリアは順次拡大中。
2023年3月27日の福岡市地下鉄七隈線延伸開業でももちろん利用できます。
2024年度はJR九州の長崎本線(鍋島〜江北)、佐世保線(大町〜佐世保)、大村線(ハウステンボス)の計19駅も利用できるようになります。
九州内の移動がますます便利になるんです!

交通系ICカード全国相互利用10周年キャンペーン

2023年3月21日(火・祝)から5月7日(日)まで、利用者への日頃の感謝の意を込めた、「交通系ICカード全国相互利用10周年キャンペーン」が全国で開催されます。

電車・バスに乗って当たる! 

指定の利用方法で利用された方に、ホテルペア宿泊券や商品券、グルメギフトが抽選で当たります。
(事前にエントリーが必要なものもございますのでご注意ください)


対象の交通系ICカード:SUGOCA、はやかけん、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、PiTaPa、nimoca

セブン銀行ATMチャージで当たる!

セブン銀行ATMで3,000円以上チャージすると2,000円分のチャージが抽選で当たります。

対象の交通系ICカード:SUGOCA、はやかけんKitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、nimoca ※PiTaPaは対象外です。

エントリー方法など、詳しくは交通系ICカード全国相互利用10周年サイトにてご確認ください。
https://www.jreast.co.jp/suica/cp/sougoriyou10th/

さらに、さいたま市の鉄道博物館では交通系ICカード全国相互利用10周年記念イベントも開催!

2023年3月21日(火・祝)から5月7日(日)まで、利用者への日頃の感謝の気持ちを込めた「交通系ICカード全国相互利用10周年記念イベント」が鉄道博物館(さいたま市大宮区)にて開催されます。
初日のセレモニーでは、全国から交通系ICカードの10のキャラクターが10年ぶりに大集合。10年に1度の瞬間を現地で楽しめます。
開催場所は埼玉県ではありますが、様々なイベントが目白押しなので、気になる方はぜひ下記特設サイトをご覧ください。

交通系ICカード全国相互利用10周年サイト:https://www.jreast.co.jp/suica/cp/sougoriyou10th/

今や私たちの生活になくてはならないものになった交通系ICカード。ここ福岡でも七隈線延伸や、JR九州エリアでの利用エリア拡大など、今後ますます便利な存在になりそうですね!

※「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
※「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「manaca/マナカ」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
※「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「PiTaPa」は、株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。
※「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
※「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。

合わせて読みたい


【先取り!】福岡市地下鉄七隈線延伸、3/27開業!内覧会で最新情報入手
https://fukuoka-leapup.jp/city/202303.1205


福岡はなぜバス大国に?西鉄バスの凄いところから2023年注目の話題まで
https://fukuoka-leapup.jp/tour/202302.1158


JR九州グループのサブスクリプションサービス実証実験が12/1よりスタート!SUGOCA通勤定期券をお持ちの方は、博多駅構内や福岡都市圏等で利用できるサブスクサービスや割引も!
https://fukuoka-leapup.jp/city/202212.991

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP