「茅乃舎」ブランドで有名な『久原本家』。ららぽーと福岡内のキッザニア福岡に「だし屋」パビリオンを出展

7月31日にららぽーと福岡内にオープンしたキッザニア福岡に、久原本家がオフィシャルスポンサーとなる「だし屋」パビリオンを、2022 年 12月 20日(火)にオープン!一体どんな体験ができるのか、こちらの記事で詳しくご紹介します。

久原本家グループとは?

1893年(明治26年)創業の醤油蔵を起源にもつ、総合食品メーカーです。博多らしい味作りを大切にしたブランド『椒房庵』、化学調味料・保存料無添加の調味料・食品ブランド『茅乃舎』、麹のチカラで美味しさと健康を提案する『茅乃舎 麹蔵』、あご(トビウオ)のだしのうまみを生かしたあごだしシリーズやうまたれシリーズの『くばら』、北海道の食材、食文化を発信する『北海道アイ』などのブランドを展開しています。
http://www.kubarahonke.com/
 
 

キッザニアの「だし屋」パビリオンで体験できること


「だし屋」パビリオンでは、まず、こどもたちが「だし職人」の道を歩むかのように学びます
だしが日本の食文化に密接に関わりさまざまな種類があることや、地域によって素材に違いがあり特に九州ではあご(トビウオ)のだしを使っていることを学んだ後、実際に試飲して、だしの味や特徴を知ります。
さらに焼きあごや昆布、かつおぶしなど、複数あるだしの素材から組み合わせを選び混合し、パック詰めにしてオリジナルの「だしパック」を作ります
 

体験のポイント

・だしの知識や種類を学ぶ
・だしの味や特徴を知る
・だしの素材の組み合わせを選び、オリジナルの「だしパック」を作る
 

体験を通しての狙い

パビリオンでの体験を通し、こどもたちがだしの味を知り、素材についての理解を深め、手間暇かけて作るだしや日本の食文化を支える人々の存在に気づくとともに、日本食への興味関心を高めることを願っています。
 

パビリオン概要

・パビリオン名:だし屋
・職業名:だし職人
・定員:4名/1回
・所要時間: 約30分
・給料:5キッゾ
・成果物:だしパック
・体験内容:だしの知識や味を学び、素材の組み合わせを選び、だしパックを作る
・スポンサー:株式会社久原本家グループ
・オープン日:2022年12月20日(火)
 

店舗概要
キッザニア福岡

住所:福岡県福岡市博多区那珂6-23-1三井ショッピングパーク ららぽーと福岡内
駐車場:ららぽーと福岡の駐車場をご利用ください
HP:https://www.kidzania.jp/lp/fukuoka/
 

九州で知らない人はいないといっても過言ではない『久原本家』。こどもたちにとっても貴重な体験になるはずですよ。

合わせて読みたい

▼九州初の「ららぽーと福岡」2022年4月25日開業!開発経緯と展望
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202110.355

ショッピング以外も楽しめる、福岡の「商業施設」4選
https://fukuoka-leapup.jp/city/202208.739

▼福岡のショッピングモールあるある3選 ~ららぽーとのガンダム前で記念撮影しがち~
https://fukuoka-leapup.jp/common/202208.720

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡発ブランド
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP