【決定版!】十日恵比須、初庚申…年末年始を神社で過ごす、「ご来福」のすすめ

1年の締めくくり、そして年のはじめに神様へお参りする方も多いと思います。今回は、編集部が福岡の年末年始を「神社」軸でご紹介します。皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

この記事の目次

この1年も、ありがとうございました!


文化をご紹介する前に。「ご来福」のすすめ


◆福岡・博多の正月は「十日恵比須」まで(1月8日~11日)


●十日恵比須の正月大祭とは


●日程は、毎年1月8日から11日


●福引(初穂料:3,000円/1回)


●年中祈願(初穂料:3,000円/1回)


●縁起物授与


●かち詣り


◆早朝から大行列が風物詩。猿田彦神社の「初庚申(はつこうしん)」(2023年は1月2日開催)


●猿田彦神社の「初庚申」とは、新年の初の庚申日のお祭り


●庚申祭の日程(令和5年の初庚申は、1月2日の7:00~18:00)


●主な授与品(猿面:1,000円、神面:3,000円、福笹500円)


地域の神社ごとのお祭りを大切に


サイト情報まとめ


この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

フクリパ編集部
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

TOP