【画像】画像提供:福岡市

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

博多駅前の明治公園がザ・ゲートウェイパーク〝HAKATA MEIJI〟に大変身【福岡市博多区】

公園利用者の利便性向上を図り、公園の魅力を高めることを目的にして、民間のノウハウを活用していく公募設置管理制度(パークPFI)━━━。福岡市は8月14日、同市博多区内にある、明治公園、清流公園、東平尾公園(大谷広場)の3公園において、パークPFIの優先交渉権者を発表しました。今回、明治公園のリニューアルに向けた提案内容を紹介していきます。

太宰府天満宮仮殿の建築家・藤本壮介氏が総合デザイン監修

【画像】画像:福岡市発表資料より

画像:福岡市発表資料より

 

「九州の陸の玄関口である博多駅前に新たな顔の創出」「『Fitness Cityプロジェクト』の推進」「都心の森一万本プロジェクトの推進」━━━━。
福岡市の都心再開発である『博多コネクティッド』でビルの更新が進む博多駅前に位置するのが、明治公園だ。
今回、パークPFIによる明治公園整備・管理運営事業において、優先交渉権者として選ばれたのは、東京建物株式会社を代表とするグループだった。
同公園リニューアル事業では今後、周辺環境と調和しながら、新たな「体験」・「にぎわい」・「回遊」の〝Gateway〟(ゲートウェイ:玄関口)となる公園に整備していく。

 

 

今回、総合デザイン監修者として、大阪・関西万博2025のプロデューサーであり、太宰府天満宮仮殿でも知られる建築家・藤本壮介氏を起用した。
樹木と建築が一体となった新たなランドマークが誕生する明治公園では、福岡市のFitness Cityプロジェクトに連動して〝おもわず上りたくなる階段〟と〝歩きたくなる立体回廊〟を設ける。
さらに健康増進施設も設置していく計画であり、施設構成は次の通りだ。
◎屋上:屋上広場
4階:健康増進施設(ジム、ランニングステーション、サウナで構成)
◎3階:同上(同)
2階:飲食系店舗/テラス状通路
1階:飲食系店舗/トイレ/喫煙所

 

 

これら立体回廊や健康増進施設に加えて、花のゲートやシンボルツリーを設けることでエントランス機能を強化していくとする。
一方、落葉樹や常緑樹など多様な樹種の植栽により〝グリーンオアシス〟を創出していくことを通じて、福岡市の『都心の森1万本プロジェクト』も推進していく考えだ。
さらに公園の管理運営の充実の一環として、AI カメラの導入による安心・安全対策や人流解析などの新技術も導入していく。

 

 

明治公園は2024年度に着工、2025年春から順次供用開始予定

【画像】画像:福岡市発表資料より

画像:福岡市発表資料より

 

博多駅前に立地する明治公園は、博多駅地区土地区画整理事業で1965年に開園した都市公園だ。
2008年から博多駅周辺地区における浸水対策工事をはじめ、地下送電管路推進工事や博多駅前広場地下車路建設工事に際し、公園内の一部区域が工事により占用され、その後も占用が継続されながら、2011年に明治公園の再整備に着手し、2015年から順次共用を開始してきた。

 

 

今回、東京建物株式会社を代表とするグループの構成員は、株式会社梓設計九州支社、株式会社ランドスケープむら、株式会社旭工務店、木下緑化建設株式会社。
今後、明治公園のリニューアルに向けては、他の2公園と同様に2023年9月に事業基本協定を締結して、設計・協議に入っていく。そして、2024年度に着工して、2025年春から順次供用を開始していく予定だ。

 

 

施設概要

施設名称  明治公園
所在地     福岡市博多区博多駅前三丁目
公園種別  街区公園
面積        3,572 ㎡
開園年度  1967年度

 

 

参照サイト

福岡市住宅都市局公園部 Park-PFI 推進課『Park-PFI 制度を活用した魅力あふれる3公園が誕生!
https://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/107665/1/Park-PFI_miryokuafureru3kouenntannjou.pdf

 

 

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#都市開発
この記事をシェア
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP