【経済・ビジネス短信@フクリパ】 

博多コネクティッドの第1号ビル、交流と賑わいの新ビジネス拠点『博多イーストテラス』

博多コネクティッドの規制緩和第1号となる『博多イーストテラス』が、博多スターレーン跡地にオープンしています。最新のオフィスビルであり、ハイブリット型スモールオフィスや九州初のノルウェー発カフェも入居する同建物を紹介します。

『博多スターレーン』跡地に最新オフィスビル『博多イーストテラス』が誕生

福岡市都心部の再開発事業である『博多コネクティッド』で規制緩和第1号となる『博多イーストテラス』は2022年8月に完成し、オープンしている。
JR博多駅筑紫口から東側へと徒歩2分という好立地に登場した博多イーストテラスは、NTT都市開発と大成建設が開発した地上10階建て・地上高約50メートルの複合オフィスビルだ。
かつての大型ボウリング場であり、かつプロレス界で〝西の聖地〟とも呼ばれた『博多スターレーン』の跡地に建つ。

ビル正面には、博多駅エリアで最大級となる約900平方メートルのオープンスペース『サウスガーデン』を設けている。
建物北側にある『ノースガーデン』と結ぶ南北通路は、エントランスホールと一体的に各種イベントの会場として活用していくことも可能だ。


『博多イーストテラス』南側建物外観(川澄・小林研二写真事務所)

九州初の外資カフェやハイブリット型スモールオフィス『Mol.t(モル・ト)』が入居

博多イーストテラスの1階には、スモールオフィスと九州初のノルウェー発カフェが入居する。
仕事の目的やスタイルに基づく『WORKの充実』と個人のライフスタイルや生き方に合わせた『LIFEの充実』とのハイブリット型スモールオフィスを目指す『Mol.t(モル・ト)』では、ワーケーションやコミュニティづくり、アクティビティなどを取り入れた新しい働き方を提案している。

一方、2~10階は建物の中心部に制震構造を設けることで各フロアに柱の無い680坪(2200平方メートル)超の空間を提供する。
また、屋上に福岡空港も一望できる入居企業専用の多目的スペース(スカイデッキ)を設けている。

さらに入居企業向けにアプリを開発しており、屋上の多目的スペースをはじめオフィスの共用施設やトイレなどの混雑状況が確認できるようになっている。

NTT都市開発と大成建設は、博多イーストテラスについて、「新たな街の拠点として人々のライフスタイルに働きかけ、地域のつながりを生み出すことにより、博多駅前の活力と賑わいを博多駅筑紫口エリアにつなげていくとともに、地域の街づくりや活性化に貢献してまいります」としている。


【博多駅から徒歩4分】博多スターレーン跡地にハイブリット型スモールオフィス「Mol.t(モル・ト)」が8月開業!

「博多イーストテラス」物件概要

物件名称 博多イーストテラス
所在地 福岡市博多区博多駅東1-18-33
敷地面積 4,900㎡ 
延床面積 29,200㎡
規 模 地上10階、塔屋1階
構造形式 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
用 途 事務所・店舗・駐車場
着 工 2020年7月
竣 工 2022年8月
開 業 2022年8月
事業主 NTT都市開発株式会社、大成建設株式会社
設計施工 大成建設株式会社

【参照サイト】

HAKATA EAST TERRACE 博多イーストテラス  https://www.nttud.co.jp/hakata_east/outline/
 

合わせて読みたい!


5つの切り口で解説する「博多コネクティッド構想」まとめ

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#ビジネス
#博多コネクティッド
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP