【経済・ビジネス短信@フクリパ】 

博多コネクティッドの第1号ビル、交流と賑わいの新ビジネス拠点『博多イーストテラス』

博多コネクティッドの規制緩和第1号となる『博多イーストテラス』が、博多スターレーン跡地にオープンしています。最新のオフィスビルであり、ハイブリット型スモールオフィスや九州初のノルウェー発カフェも入居する同建物を紹介します。

この記事の目次

『博多スターレーン』跡地に最新オフィスビル『博多イーストテラス』が誕生


九州初の外資カフェやハイブリット型スモールオフィス『Mol.t(モル・ト)』が入居


「博多イーストテラス」物件概要


【参照サイト】


合わせて読みたい!


関連タグ:
#ビジネス
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

近藤 益弘
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

TOP