福岡市地下鉄を屋台がジャック「屋台列車」運行!2023年8月1日~8月21日

全国初の屋台基本条例の制定10周年を記念し、福岡市地下鉄の車両を屋台装飾にした史上初の「屋台列車」を、8月1日から運行することが決定!駅から徒歩圏内の、天神・中洲・長浜の3大屋台街から計45軒の屋台が、車両内に“出店”します。

地下鉄を降りてリアル屋台に行きたくなる「屋台列車」

2023年8月1日(火)~8月21日(月)の期間、福岡市地下鉄 空港線・箱崎線の車内が“屋台装飾”になった屋台列車が運行します。

 

屋台ののれんをイメージした中吊りや、ドア横には実際に屋台に置いているメニュー表を使った「屋台のリアルメニュー展」、窓上には店主自身が料理の撮影をした「うちのこれはガチでうまい展」などが展示されます。

 

 

期間中は、地下鉄天神駅・中洲川端駅・赤坂駅から徒歩圏内の「天神」「中洲」「長浜」の3大屋台街から計45軒の屋台が、車両内に“出店”します。

 

屋台列車でお気に入りの屋台を見つけて、リアル屋台へGO!

福岡市地下鉄「屋台列車」運行概要

期間中「屋台列車」は、下記路線を1日平均8~10往復します。

 

■期間:8月1日(火)~8月21日(月)
■路線:空港線・箱崎線運行時間が毎日異なります。
■内容:車両1編成(全6両)の全ての車内広告を貸し切った「屋台列車」が運行します。
■1.屋台ののれんをイメージした中吊り
■2.実際に屋台に置いているメニュー表を使った「屋台のリアルメニュー展」(ドア横)
■3.店主自身が料理の撮影をした「うちのこれはガチでうまい展」(窓上)

 

 

屋台列車の楽しい仕掛け3つのポイント!

屋台列車には、思わず写真を撮りたくなる、思わず屋台に行きたくなる3つの楽しい仕掛けがあります。

 

1. 屋台の“のれん”をイメージした中吊り

実際の屋台列車内

 

車内で「あの屋台ののれん、可愛い!」「あの屋台ののれん、見たことある!」という声が続出しそうな、のれんをイメージした楽しい中吊り。各屋台のオリジナリティ溢れるのれんの展示は圧巻です!

 

・のれんをイメージした中づりが全44種

 

 

2.「屋台のリアルメニュー展」(ドア横) 

実際の屋台列車内のドア横

 

「大将!このメニューください!」と思わず言ってしまいそうな、屋台のリアルメニュー表がドア横にずらりと並びます!

 

・屋台のリアルメニューがドア横に全20種類

 

 

3.「うちのこれはガチでうまい展」(窓上)

実際の屋台列車内の窓上

 

地下鉄に揺られながら眺められる、店主自らが撮影したシズル感たっぷりの写真は、どれも美味しそう。各店ご自慢のメニューが一同に集結しています。今夜の屋台はどこにしよう…。

 

・「うちのこれはガチでうまい!」写真が窓上に全17種類

 

 

地下鉄降りたら屋台へGO!

 

ぜひこの機会に、福岡市地下鉄に乗ってみてくださいね!乗っているだけで、屋台に訪れたかのような気分が味わえますよ。そして、気になる屋台が見つかったら、地下鉄を降りてリアル屋台へGO!

 

 

合わせて読みたい「福岡屋台」記事

フクリパでは、屋台についても随時取材を行っています。

 

▼こちらは、新規オープンの最新長浜屋台7軒を取材した記事。屋台初の明太子専門店や、ガチ中華の屋台など、ユニークなラインナップばかりです。営業状況がリアルタイムでわかる「屋台公式LINE」の情報も!
https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202306.7336

 

そしてこちらの記事では、長浜エリアに加え、天神や中洲エリアのニューオープン屋台を取材。「博多一双」が手掛ける屋台も要注目ですよ。
https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202303.1216

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#福岡グルメ
#福岡ソウルフード
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP