九州初上陸!【ザ・リッツ・カールトン福岡】 2023年6月21日に開業することが決定!

ザ・リッツ・カールトン福岡は、2023年6月21日(水)にホテルを開業することが決定!ザ・リッツ・カールトンブランドホテルとして、大阪(1997年)、東京(2007年)、沖縄(2012年)、京都(2014年)、日光(2020年)に次ぐ国内6軒目となり、九州では初上陸となります。

「天神ビッグバン」の一環として誕生


枯山水の小庭をモダンに設える18階のホテルロビー(イメージ図)
 
福岡市で進められている「天神ビッグバン」の一環として建設された「福岡大名ガーデンシティ」内に誕生するザ・リッツ・カールトン福岡。
 
高さ111メートル、地上25階建ての建物1階にホテルエントランスとアライバルロビー、3階にウエディングチャペルおよび宴会場、18階にホテルのロビーを構え、
同じく18階には、会席、鮨、鉄板焼を提供する日本料理レストラン、オールデイダイニングの洋食レストラン、軽食やカクテルが楽しめるザ・ロビーラウンジ&バー、アフタヌーンティーやテイクアウトメニューも揃うカフェと、食の都「福岡」の魅力を凝縮させたダイニングエリアを展開しています。
 
19階から23階には、全室50平米以上の広さの147室のゲストルームと20室のスイートを備え、24階には、クラブラウンジ、スパ、ジム、プールに加え、博多湾の夜景を見渡せるバーがオープン。非日常的なひとときを楽しめる空間が迎え入れてくれます。
 

地元の伝統と文化を尊重した空間

施設内の客室、パブリックスペース、ザ・ロビーラウンジ&バー、カフェ、クラブラウンジ、スパのインテリアデザインは、オーストラリアのメルボルンに拠点を構えるLAYAN Architects + Designersが手がけました。
ホテルのデザインは、国の伝統的工芸品に指定され、日本三大織物の一つでもある「博多織」からインスピレーションを受けており、糸を紡ぎ “織る “という発想でホテル全体を繋ぐ共通したストーリーで形成されています。
 

ホテル1階のアライバルロビー(イメージ図)
 
1階のアライバルロビーには、無数の糸を立体的に垂らし、水墨画のような情景を表現したアートワークが施され、絨毯も博多織をイメージしたデザイン。
エレベーターホールや廊下には、博多織の紋紙(パンチカード)から着想を得た照明が客室までの通路を灯します
 

50平米の客室の一例(イメージ図)
 
スイートルームにはヘリンボーン模様のフローリングや博多織の引き戸が設えられており、「織」を表現するためのさまざまな工夫が凝らされています。
無垢の木を基調に、華美な装飾を極力おさえたミニマリズムのデザインの中に、物静かな装いと洗練された要素が丁寧に重ねられることで、活気ある都会の中の隠れ家的な空間と快適さを堪能することができます。
 
ホテルウェブサイト:https://www.ritzcarlton.com/
 ザ・リッツ・カールトン福岡:https://www.ritzcarlton.com/en/hotels/japan/fukuoka

 「ザ・リッツ・カールトン福岡」概要

〈名称〉ザ・リッツ・カールトン福岡
〈総支配人〉ラドゥ・チェルニア(Radu Cernia)
〈所在地〉 福岡県福岡市中央区大名2-6-50 福岡大名ガーデンシティ
〈客室数〉 167室 (20室のスイートルームを含む)
〈施設〉
1階:ホテルエントランス・アライバルロビー
3階:ウエディングチャペル・宴会場
18階:ホテルロビー、レストラン
19~23階:客室
24階:クラブラウンジ、スパ、ジム、プール、バー
 

ザ・リッツ・カールトン福岡について

ザ・リッツ・カールトン福岡は、マリオット・インターナショナルとして九州初となるラグジュアリーホテルです。
陸・海・空の玄関口でもある「博多駅」、「博多港」、「福岡空港」までは、いずれも車や交通公共機関で15分以内のアクセスを誇る福岡市天神地区に位置し、167の広々とした客室とスイート、6つのレストランやバー、フィットネスジム、スパ、クラブラウンジ、ボールルームや会議室も備え、ゲストの皆様に、快適な滞在と記憶に残る思い出をお届けいたします。
ザ・リッツ・カールトン福岡は、2023年6月21日に開業を予定しています。
 

福岡大名ガーデンシティについて

福岡大名ガーデンシティは、福岡市天神の旧大名小学校跡地に「天神ビッグバン」の一環として建設された複合施設です。
アジアのリーダー都市へと進化を遂げている福岡で、福岡大名ガーデンシティはその原動力となります。
シンボルとなる門を抜けると、広がるのは緑豊かなガーデン。オフィスやホテル、ショッピング、コミュニティ施設などがつながり、すべての人がボーダレスに出会える場を目指しています。
福岡大名ガーデンシティ 公式HP:https://fukuoka-dgc.jp/
 
 
地元の伝統と文化を尊重してデザインされたザ・リッツ・カールトン福岡。国際色豊かなこの地で「博多織」を象徴するように、人と街を紡いでいくことでしょう。

合わせて読みたい

「福岡大名ガーデンシティ」施設内広場が1月20日オープン!コンセプトを体現したシナジーが生まれるイベント『THE MEET SYNERGY DAYS』を1月21日(土)~22日(日)に開催
https://fukuoka-leapup.jp/city/202301.1071 

福岡の新たなランドマーク「福岡大名ガーデンシティ」。西日本初上陸5店舗を含む、商業フロア『福岡大名ガーデンシティ・ビオスクエア』が4月6日、6月8日に開業!
https://fukuoka-leapup.jp/tour/202302.1113

2-マンガ_202405作成 (2)

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#天神ビッグバン
#福岡観光
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP